えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

初めてのオナニー体験、いつ頃?きっかけは?覚えていますか?

投稿日:2017年11月9日 更新日:

1.切っ掛け

30代の男子です。

初めての自慰がいつだったか?切っ掛けはなんだったか?覚えているでしょうか?

 

私は中学生にあがる少し前です。

まだ考えるよりも好奇心が優先して体が先に動いてしまう頃ですね。

今は田舎でもあるのか分かりませんが、20年も前だと公園・空地・橋の下etc…に結構大人向けの雑誌が捨ててあったんです。

もしかしたら昨今では不法投棄等で注意を受けてしまうかもしれません。

最初は「Hな本だ!」とか「バッチイ!」とか色々言っていますが、興味には勝てません。

雑誌を除くとそこにはスタンダードな手を使った方法から、道具や食材を使った方法まで種々雑多に書いてありました。

そこまで読んでしまえば、もう止まりません。実際に本を見ながら試してみたくなり、実行してしいました。

 

2.初めての自慰

初めはスタンダードに手でしました。

本に書いてあった道具や食材も大変興味があったのですが、やはり18才以下では金銭面も心もとなく、アダルトグッズを買いに行くなど思いもつかず、そして食品を使う為に買ってもらうのも後ろめたさがあり、結局は身一つで出来ることからのスタートでした。

 

3.初めての失敗

ちなみに男性だと手を上下に動かしてしごく方法が一般かと思いますが、何故か読んだ本には棒を手のひらで挟んで火をつける時のアレがスタンダードかのように記載されており、それを参考にしてしまいました。

もう初めての背徳的な行為ですから、今のように所謂オカズがなくても、行為をするという事だけで興奮状態です。

やってやるぞ!と意気込んで、自分のモノを両手のひらに挟んで、それこそ火をつけんばかりの勢いで摩ってみるも、まぁ力加減も分からず痛い痛い。

ただ若いだけあり興奮と集中力だけはあったもので「痛いけど大丈夫か?本当にこれで気持ちよくなるのか?」と疑問もありつつ、結局は1時間近くはやっていたと思います。

結局は痛さに負けて断念。

一回本を読みなおそうと意気消沈してしまいました。

 

4.初めての成功

本を読みなおして、持続してある程度の力で摩る事を覚えて再チャレンジです。

確か真夏のトイレで力を調整しながら1時間近く格闘していたと思います。

もう下半身は何も身に着けずにひたすら手のひらで挟んで摩る。

そして段々と腰の辺りから不思議な感覚に襲われ「これの事か!」と一旦手を止めそうのなるものの、一気に摩りあげました。

5.初めての精通

個人的な事ですが、夢精をした事がなかった為にオナニーが初めての精通でした。

初めての瞬間は今まで生きてきて味わった事の内容な感覚でした。

まさに腰砕けという状態で、もしかしたら変な声も出ていたかもしれません。

真夏のトイレで長時間だったので、もう暑くて頭はぼんやりするは、目の前はチカチカするは、腰砕けて立てないはで便座でしばらく放心状態でした。

ここから自慰と長いお付き合いになります。

 

6.初めての賢者タイム

所謂射精後に冷静になるあの時間です。

上記の状態ですっと冷静になると、汗だくで、下半身丸出しで、精液は飛び散って、と何をやっているんだとトンデモナイ虚脱感に襲われると同時に、何かやってはいけない事をやってしまったという恐怖感や後悔に襲われました。

そんな中でトイレを掃除しつつも、またあの感覚を味わいたいと思うようになってもいました。

 

7.数々の失敗

その後は色々な失敗をしてきました。

下半身丸出し対策として、履いているパンツに出すも洗濯でバレることが分かりティッシュに移行。

ごみ箱にそのままティッシュを捨てていた状態も「女性の方が匂いに敏感」と雑誌で知り、ビニール袋へ捨てて縛り、行為後は部屋を換気。

部屋でもトイレでも派手に擦ると音が出てしまいバレる為に、深夜に行為する。

と、今では一般的に描写されたりもする夜に部屋で行為に及ぶという状態に落ち着いていきました。

きっと、今の状態になるまでバレバレだったでしょうが、何も言わなかった周りに感謝です。

 

8.初めてのオカズ

失敗談はさておき、エロ本やAVなしの行為には限界がありました。

初めの数回こそ背徳的で気持ちいい行為をしているという興奮だけでどうにでもなりましたが、やはり暫くすると慣れてくるのか興奮もしなくなってきます。

そうするとやはり所謂オカズが必要になるものです。

人間エロスに関しては昔から色々と考えられてきただけあり、こういう時の頭の廻り方は尋常でなかったと我ながら思います。

橋の下に雑誌があったという事は、今後も捨てに来る可能性があるはず。

父親も同じ男であればどこかにAVやエロ本をしまっているはず。

と、普段使わない頭をフル回転させながらわんさか集めて、周りと交換したりしたものです。

隠し場所も、他の人間が勝手に持っていかずバレ難い場所を探すといった悪知恵が働いたものです。

不思議とあの頃は拾った本も、他人から借りた本も汚いという感覚はありませんでしたね。

 

9.最後に

自分の初めてのオナニー体験はこのような感じでしたが、みなさんはどうだったでしょうか?

きっと苦労がありつつも、忘れられない感覚に襲われた事と思います。

出来るなら今の記憶や感覚をリセットとして、初めてのころの状態でしてみたいものだと時おり思います。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小学生でオナニーを覚え、中学生でクリイキオナニーを覚える

友達のお父さんのエッチな本 小学校5年生の時のことです。 女の子の友達の家に遊びに行くと、お父さんの部屋にエッチな本があるから一緒に見ようと誘われたことがありました。 本当はすごく興味があったのに「え …

no image

人生初のエロ本を発見!初めてのオナニーは床オナで

自慰行為に目覚めるまでの悶々として過ごした幼少期 私は自他共に認めるほど性欲の強い人間で、それは物心を付いた時にすでに始まっていました。 幼稚園に入る頃にはすでに今の人格は形成されていて、友人と外で遊 …

no image

初めての自慰行為は見知らぬ男性に無理矢理犯される想像と共に。

私が人生で始めて自慰行為をしたのは中学1年の時でした。 その時はまだそれが自慰行為とははっきりと分っていなくて、なんとなくこんな風にしたら気持ちが良くなるかなと・・と思いながらしていた様に感じます。 …

no image

何も知らずにオナニーをしていた幼稚園児時代

初めての自慰の記憶 記憶にある限り、私が初めて自慰らしきものをしたのは、幼稚園の頃です。 その場所は、今思うと驚きなのですが、自宅のベランダでした。 今は壊れてしまったその場所は、当時は洗濯物干しに使 …

no image

自慰処女の私が50代のおじさまとラブホテルで卒業

私がはじめての自慰行為をした時の事についてのまとめです。   1.その人との出会いは出会い系サイト。 私は特定の彼氏がいても、1人の男性では満足ができない体質なので、常に二股や三股をかけてい …