えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

中学生(JC)初体験・初えっち

中学生でまさかの初体験。そのお相手は同級生

投稿日:2017年10月27日 更新日:

「プロローグ」

私事ですが、なんと初めてえっちしたのはなんと14歳の中学2年生の時になります。

その相手は同じクラスの女子、真面目なグループに属する感じですが、それなりに顔は可愛くスポーツ部だけあって胸はまだ未発達ですが下半身がしっかりしていたお尻の大きい女の子です。

中1の時は隣のクラスで小学校も違ったのですが、何かと私のことを気に留め話しかけてきてくれ仲が良いと言えば良い方かなという関係です。

世話女房気質の女子と気の弱い男子という関係性といえばわかりやすいかもしれません。

しかし当時は小学生のころから思いを寄せていた絶対的存在の女子が私にはいたので、恋愛どうこうといった意識する感じではなかったように思います。

 

「もしかしてこれはある意味アピールだったの」

今思い返すと、中1の時に多少のアプローチがあったのではと考えられます。

それは文化祭の日、午前中は全校生徒が集まり体育館で映画の試写会が開催されたのです。

そしてクラスごとに並び試写するのですが、たまたま彼女と隣同士になったのです。

何となくちょっかいかけてきたりいじってくる感じ、少し面倒でしたが、気の弱い私は付き合わざるを得ない感じで対応です。

 

そしていよいよ映画が始まり体育館の照明が落ち辺りは真っ暗に、これでおさまるのかなと思いきや再び始まりました。

ここで少しアプローチが変わってきます。

彼女はなぜかわかりませんが、自分の手を掴まえて10秒間掴んだままにするゲームを考案、仕方なく応じることになったのです。

それは暗闇で行われる手と手のスキンシップ、掴まえると彼女の手が何となく優しくなるのを感じました。

それが結構繰り返され突然「もう終わりと」告げられ、その後は静かになりました。

チラッと暗闇の中で彼女の方に目をやると、彼女はギュッと握りこぶしで自分の股間に押し当てているような姿にみえたのです。

今思うと結構な状況ではないでしょうか。

 

「そして進級」

文化祭からはいたって普通の女子と男子という間柄、特別な接点もなく中学2年へと上がります。

義務教育なので至って自然な流れといえます。

 

そしてクラスメイトになることに、しかし特別進展はありません。

数か月の後席替えが行われ、私の席と彼女の席は彼女が前で私が後ろという関係になります。

一番後ろの席で何とも秘密の遊びができそうな雰囲気です。

そこで彼女からどういう意図があるのかわかりませんが、積極的に私に絡んでくるようになりました。

きっかけは私の手がとても好みであるということ、周りの目を気にすることなく、私の手を握り続けます。

さすがに女子からそこまでされると初心な私は顔が赤くなりそうになりますが、必死に気を逸らせ平然を装うことに集中するのです。

 

その行為は結構頻繁に行われ、ある時私は少しえっちな気持ちになってしまい勃起してしまいます。

その表情を読み取ったのか隣の席の別の女子が私の顔をみて「嬉しそう、顔赤い」など突っ込んできて、とても気まずかったのを覚えています。

でもそれからは味を占め彼女からのアプローチが楽しみになり、しっかり勃起させる日々、そのころからでしょうか彼女を思い描いてオナニーをするようになったのは、幸せな寝る前の一時です。

「ついに新展開へ」

そこから2学期へと入り、一気に日が短くなり帰宅するころには辺りは真っ暗になります。

しかし部活にみの入る時期、私も運動部に所属していたのでかなり汗を流し遅くまで頑張っていました。

ある日の部活終わり、彼女が一人私も一人、当然世話女房の彼女が主導権を握って「一緒に帰ろうよ」と誘ってきます。

初めて女子と二人っきりで帰る状況にドキドキ、断る理由はありませんが「しょうがないな」といった態度をみせるのは男子のプライドです。

 

帰宅途中、小さな商店でちょっと買い物、そして彼女の誘いで帰り道の公園で少しまったりした時間を過ごします。

その公園には小さな小屋がありそこで二人妙に距離が近い中でお菓子をポリポリ、すると彼女が突然私の膝の上に座ってきます。

何とも言えない柔らかい感触に硬直気味の私、そう彼女のお尻は立派なのです。

お構いなしにさらに深く座り込んでくるため彼女のお尻が私の股間にジャストフィット、当然のことながらピンコ立ち、それでも彼女は緩めることなくグイグイ押し当ててくるではありませんか。

今思うと私のアソコの感触を楽しんでいたのだと思います。

 

「ついにゴールへと」

そこからの進展はなく、やけにあっさり帰路につくのですが、彼女から今度の日曜日遊びに来ないとお誘いが、どうやら家族が出かける模様です。

ココでも「しょうがなく」という感じで応じます。

内心は公園であった続きができるのではと心が揺れ動いています。

 

当日彼女の家に向かいます。

意外とそっけない感じ緊張しているのでしょうか。

ただ二人っきりになれたころ、さりげなくベッドへお誘いが、初めは抱き合ったり密着したりを繰り返すだけですが、だんだんと着ているものを一枚一枚脱ぎ裸の状態です。

この遊びの5回目くらいに、初えっちの運びとなりました。

-中学生(JC)初体験・初えっち
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めて見る生の中学生の裸は刺激的で妖艶だった

・彼女からのアプローチ 中学生の時に、初体験をしました。 相手は、一つ年上の中学3年生で、当時付き合っていた彼女になります。 彼女と付き合い始めたきっかけは、彼女からのアプローチで、それまでは全く(彼 …

修学旅行の代休日の彼氏の家で初めてのエッチ

『初めての彼氏』 私が初めて男の子と付き合ったのは14歳の時でした。 小学生の時から恋はしていたもののいつも片思いで終わっていたのですが、中学2年生の時に同じ部活に入っていた同級生の子に私から告白した …

幼馴染の大学生のお姉ちゃんとえっちした

『受験勉強を見てもらうようになった』 隣に住む5歳年上の絵美里お姉ちゃんは僕の幼なじみで、母が言うには僕が赤ちゃんの頃から絵美里お姉ちゃんは僕を弟のように面倒を見てくれていたようです。 小学生の頃はお …

中学女子に手コキとフェラをしてもらい更衣室でSEX

エッチなことばかり考えていた中学時代 中学生の頃、私は人よりも性欲が強くて大変でした。 中学生にもなれば、二次成長が始まり、男ならだれでも女子のおっぱいやマンコに興味を持ち始め、女子の裸を想像してオナ …

パイパンのえろい袴姿の巫女と中学生の僕がセックスをした

祭り好きな私 私は、現在22歳の大学生です。 名前は茂といいます。 私は昔から神社のお祭りを巡るのが好きでした。 特に、実家の近所には大きな神社があって、私は幼少期から夏の時期に行われるそこの神社のお …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。