えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

巨根・キツマン

小柄で巨乳の女の子の締め付けがすごい

投稿日:

・出会い

彼女とはホテルのラウンジバーで知り合いになりました。

彼女は小柄でしたが、胸がとても大きく見えたので気になって声をかけてみたところ、一緒に飲むことになりました。

雑談をしながらラウンジの閉店時間まで飲んだあと、ホテルの部屋に戻ろうとすると彼女も一緒について来ます。

その夜はそのまま彼女をお持ち帰りしました。

 

・巨根と巨乳

部屋に入ると彼女に、「先にシャワーを浴びて来て」と頼まれたので先にシャワーを浴び、身体を洗います。

浴室から出て来ると入れ替わりに彼女がシャワーを浴びます。

僕はベッドでぼんやりとテレビを見ながら、彼女が浴びるシャワーの音を聞いていました。

と、シャワーの音が止んだかと思うと、バスタオルを身体に巻いた彼女が浴室から出て来て、そのままベッドに入って来ます。

ようやく彼女の身体を拝めると思い、バスタオルの上から彼女を抱きしめました。

この時、僕の下半身は既に固く勃起していて、彼女の太腿にビンビンと当たります。

僕のモノを握りしめた彼女は、「すごく太い!」と驚きの声を上げました。

缶ビールのロング缶サイズの逸物をあちこち握りしめながら、「こんなに大きいの、入るかな?」とつぶやきます。

両手であちこちしごかれた逸物からはカウパーがかなり流れ出して来ました。

「わあ、すごく濡れて来た」とはしゃぎます。

こちらも負けじと、彼女のバスタオルを引き剥がすと、気になっていたおっぱいにむしゃぶりつきました。

仰向けになった状態でも、お椀型をしているところを見ると、どうやら豊胸をしているみたいです。

そんなことは特に気にしない僕は思い切り揉みしだき、乳首を摘み、吸い付きました。

彼女のあえぎ声を聞きながら、アソコに手をやるとお湯があふれたようにトロトロです。

「君も濡れているじゃない」

「こんな大きいの入れるのははじめてだから」

僕は仰向けになると、そそり立った逸物にまたがるように言いました。

巨根の上に濡れたアソコをあてがうと、彼女は少しずつ腰を沈めていきます。

なかなか入らないので、彼女の尻肉を鷲掴みにして拡げ、前後左右にゆさぶりながら引き付けます。

キツキツのアソコに、僕の逸物がズンズンズンと入っていくのが分かりました。

上を見上げれば、豊満なおっぱいがブルンブルンと揺れていてとても良い眺めです。

なんとか根元までおさめられました。

「ふわぁ、いっぱい!」彼女は身体を震わせて耐えている感じです。

しばらくすると彼女が動き始めました。

おっぱいの谷間から、結合部分が草むら越しに見えたのですが、愛液で白く濡れた巨根がゆっくりと見え隠れしています。

彼女が上下に動くたびにヒダヒダがねっとりと絡み付きます。

彼女が腰を落とした瞬間、グッと突き上げました。

「当たっている!」とよがります。

 

・蠢くアソコ

そのうち、アソコの中がザワザワと蠢き出しました。

僕の肉棒をあちこち締め付けるのです。

あまりの心地よさにお尻をつかんで深く突き立てました。

肉棒全体が締め付けられ、快感のあまり射精してしまいました。

「アソコ、すごく締まっていた。」

「気持ち良いとこうなるみたい。」

その夜はもう一度、バックで彼女を抱きました。

後ろからおっぱいを揉みしだきながら、蠢く肉壺を突き上げるのは例えようもない快感です。

彼女とはその夜以来、会っていませんが、あの蠢くアソコのことを思うと今でもすぐに勃起してしまいます。

-巨根・キツマン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

マッチングアプリで見つけた巨乳っ娘がキツマンな件

『初対面』 僕がその娘とは、いわゆるヤリ目的のマッチングアプリで知り合った。 僕はマッチングで会うのは初めてで、彼女が来るまでは本当にこんなことがあり得るのか半信半疑だったが、アプリで見覚えのある顔を …

巨根の悩み。デカチンのせいで離婚した

私は小学生の頃から巨根、つまり、ちんこがデカくて悩んでいました。 巨根なのは、私の父親も祖父も巨根なので多分遺伝です。 ちんこは小さくて悩む人も多いと思いますが、デカくても悩みます。 背が小さくても大 …

中でうごめく巨根に彼女は夢中になりました

・巨根好きの彼女 マッチングアプリで知り合った女性との話です。 「巨根を味わってみたい」という書き込みがあったの、興味を引かれて連絡をとってみました。 送って貰った画像を見ると、僕好みのふくよかなボデ …

巨根すぎる彼氏とキツマンの私

『巨根すぎる彼氏とキツマンの私』 巨根すぎる彼氏とキツマンの私は、付き合ってもう5年が経とうとしている。 回数はそれなりに会っているので、月に4.5回程。 そこまで倦怠期とか別れるとかもなく、平和で楽 …

思い出のデカすぎるイチモツ(Yくんのイチモツ)

・『Yくんのイチモツ』 高校時代の友人Yくん。 一度、Yくんと修学旅行でいっしょにお風呂に入ったときのこと。 Yくんのご立派な息子さん(男根)を見て、まわりのみんながざわついたことがありました。 勃起 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。