えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

小4女子が突如下半身裸にされたので、俺は……

投稿日:2023年5月18日 更新日:

『同じクラスのひいちゃん』

初めての自慰は人より少し早めだったんじゃないかと思う。

あれは確か小学4年生の時のことだ。

その時のオカズはよく覚えている……

それは同じクラスのひいちゃん。

ひいちゃんはいつも女の子らしい服を着て、良い香りを漂わせていた。

そしてかわいらしい仕草をして、クラスの男子たちだけでなく教師たちをも魅了していた。

早い話がひいちゃんはクラスのマドンナであり、高嶺の花。

そんなひいちゃんと俺は想像の中で、何度も何度も致していた。

言い換えるならセックスについてはもう小1か小2の時に知っていたし、右手で息子をシコシコすることも小1の頃からやっていた。

なぜそんなことになっていたのかというと、それは家にあった分厚い百科事典の一部に、性や性行為、性病について説明しているところがあったからだ。

だがまだ幼かった俺のムスコからは、百科事典で見た「精液」は出ることはなかった。

……あの事件が起こるまでは。

 

『突然の裸』

客観的に見れば、それは大したことではないという人もいるかもしれない。

だが幼い俺にとっては、それはとんでもないことだった。

ある日、とんでもなくヤンチャな悪ガキが、手下に命じてひいちゃんのズボンをずり下ろしたのだ。

その結果ズボンどころかパンツまでつかんでしまったらしく、俺を含むクラスのみんなの目の前で、ひいちゃんはなんと下半身を裸にされてしまった。

漫画やゲームなどではこういったことが起こると女子はすぐに絶叫し、こんなことをした男にビンタの1つでも食らわせるものだが、現実は真逆だった。

時間が凍ったのだ。

それはもう、下手な時間停止モノのAVとは比べられないものだった。

裸にされたひいちゃんも、ズボンをずり下した実行犯も、それを命じた悪ガキも、周りのクラスメイトも、誰もかもが止まった。

もちろん、俺もだ。

そして凍った時間の中、俺はひいちゃんのお股の様子を自然と目に焼き付けていた。

またひいちゃんのはいていたパンツには黄色いシミがあったが、不思議とその時は何も思わなかった。

ひいちゃんのことをエロい目で見ているというよりは、ただただ感情もなく記録に徹しているというか、事件の資料を見ているような気分というか、動物の局部を見ている気分というか、なんかそんな感じだ。

だが凍った時間が徐々に動き出し、視界に少しずつ色が戻り、周りの女子たちがうめき声や泣き声に近い、あまり大きくない声をあげるにつれ、俺の感情が戻ってきた。

そして勃起が始まった。

いけないと分かっていても、勃起は止まらなかった。

俺は持っていた下敷きでなんとかそれをごまかしていたが、もしかするとクラスメイトの何人かにはバレていたかもしれない。

 

『突然の成熟』

その夜俺は激しくシコりながら、当たり前のように想像上のひいちゃんと致した。

泣いているひいちゃんを慰めながら、互いの身体を重ねるのだ。

……今思えば欲望に正直すぎる妄想である。

だけれども男の子なのだから仕方がない。

男の子は女の子のお股があったら思わず目がそちらに向いてしまうものだし、女の子が裸になったらそれを見ないようにするのは一種の修行だ。

ましてや女の子のおまんこにおちんちんを入れられるチャンスがあるのなら、それを無駄にしたくはないのが男の子というものである。

なんならひいちゃんのおまんこに小さくなって入って、ひいちゃんのあたたかいお腹の中で丸くなって眠りたいと思うくらいであった。

今でいう胎内回帰というやつである。

えっ、病気だって?

男のそういう想像力ってのはなあ、社会を維持する源になるんだよいろんな意味で!

とまあそれはさておき。

そんな妄想をしながらシコっていると、息子の先から何やら今までに出たことがない、サラサラしたものが出た。

大人の精液よりはサラサラしているが、おしっこよりはヌルヌルなのでおしっこではないと分かるあの感触。

突然本の中でしか見たことのないものでふとんを濡らしてしまい、かなり戸惑ってしまった時のあの感覚。

今思えば懐かしいものだ……

初々しいというのは、実に良いものである。

そして暗い中慌てて静かに毛布やふとんを洗おうと頑張ったのも良い思い出だ。

ちなみに、ひいちゃんの下半身を裸にした奴とひいちゃんはその後色々あって転校した。

実行犯はともかく、ひいちゃんまで転校したことや黒幕が俺関係ないですよといった顔をしつつ卒業まで学校に我が物顔で居座っていたのは気に喰わなかったが、現実とは往々にしてこういうものである。

……だなんて大人には飲み込むことはできても、子供にはそれは無理だったので、当時の俺は一時期不安定になって何かとキレ散らかしていた。

勇気を持って告白しておけば、いや連絡先だけでも聞いておけば……

しかし、過去は変えられるものではない。

とはいえ、こういう経験も時が経てば懐かしいものになってしまうので、時薬というものは魔法だなと俺は思う。

-初めてのオナニー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

異常な性癖への道。小学生の頃に出会った悪魔っ娘

『遊びに満ちていた、懐かしきあの頃』 遊戯王カードは私が小学生だった頃から人気でした。 もちろん勉強には関係の無いゲームのカードを学校に持ち込んで教師に見つかれば、すぐさま没収となり返してはもらえませ …

中学時代、先輩と一緒にオナニーの見せ合いをした話

中学時代、まだオナニーを言葉程度にしか知らなかった頃。 毎日のように部活に励む毎日。 正直、部活はきつかったが、可愛くて時々応援してくれる先輩の女子がいるおかげで頑張ることが出来た。 僕はその先輩に魅 …

中学生の姉の裸と使用済みパンツに興奮。初めてのオナニー

初めてのオナニーネタは姉貴がセックスをしている姿を見ながらやりました。 下半身に込み上げてくるものを感じてくる、なんとも言えない複雑な気分のなか、それを放出した時の快感は未だ忘れることが出来ません。 …

初めてのオナニーは間違ったやり方。友達に正しいやり方を教わる

初めてオナニーした記憶は覚えていますか? 私はしっかり今でも鮮明に覚えています。 というのも今まで一番気持ちよかったオナニーが一番初めてやるときだったので一瞬のうちに脳裏に焼きつきました。 &nbsp …

処女の私が初めておっぱいに触れた中学生の自慰行為

私が初めて性に目覚めたというか、性行為に関心を抱いたのは小学校4年生くらいの時でした。 私は男性の体よりも女性の体に大変興味を持ち、女性の裸の写真を見ただけで、小さいながら興奮していたのを覚えています …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。