えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

不倫・浮気

職場の飲み会の帰り、襲ってきたのは先輩でした。

投稿日:2023年4月20日 更新日:

僕が以前勤めていた会社の飲み会があり、今まであまり顔を出さなかったのですが、久々に出てみようと思い、参加することにしました。

そこには当時、少しだけ良い感じになりながらも、未遂というか身体の関係になりかけた一個上の先輩がいました。

見た目は小柄で可愛らしく、目鼻立ちのはっきりした女性で、誰が見ても「カワイイ」と思える顔立ち。

そして、未遂に終わった時にわかった事ですが、いわゆる「肉食系」と言われる感じで、その時は先輩が生理日だったこともあり、最後までは至らなかったのですが、「今日家に来ると思ってこんな下着買ってたんだよ」と、スケスケの黒い紐パンを見せてきたりする女性でした。

お互い20代で若かったこともあり、僕も性欲を抑えるのに必死でしたが、「生理の時はしないの」と言われ、生殺し状態のまま朝になったことを今でも覚えています。

(しないのになんでパンツ見せてきたんだ・・・?)そればっかりが頭の中に残っていました。

それからしばらくして、お互いに結婚して家庭を持ち、職場もお互いに転職して特に会う事もなく年月が過ぎていったのですが、飲み会で再会してしまいました。

飲み会の後、僕はお酒を飲まなかったので先輩を家の近くまで送ることになり、そのままドライブをすることに。

昔あの時こうだったとか、会ってなかった間こんなことがあったとか、楽しい話が尽きず、いつしか人気のない防波堤の近くに車を停めて話していると、先輩から「今でも私の事好き?」と聞いてきました。

一瞬妻の顔が頭の中をかすめましたが、目の前のカワイイ先輩を目にして理性が吹っ飛んでしまい、「うん。」と返事をしました。

すると先輩は僕の顔に両手を添えて自分の方へ向け軽くキス。

それに応えるように僕もキスをすると、先輩は激しくディープキスをしてきました。

(あの時もそうだった。この続きを知りたい)

先輩は切なく可愛い声を出していました。

そして僕の手を取って自分の胸へ。

興奮した僕はそのまま服の中へ手を入れて、激しく揉んだり乳首をいじめます。

先輩の声も益々色っぽくなってきました。

そして先輩は僕の股間へ手を伸ばし、ズボンの中へ手を入れてきて直に僕のモノをいじってきます。

「凄い硬くなってる。窮屈そうだよ?」と僕を見ながらパンツを下ろしてきました。

そして先輩が「やっぱり私から手を出さないと何もしないの?」と聞いてきたので、「したい」と僕が答えると、先輩は口で僕の物を優しくいやらしくフェラしてきました。

僕も先輩の胸を揉みしだき、いよいよ射精しそうになったので「入れたい」と先輩に言いましたが、先輩から「そのまま出して。〇〇君のが欲しいの」と言われ、その言葉で更に興奮した僕は先輩の頭を掴んで激しく腰を振りました。

そして先輩の口の中に射精してしまいました。

先輩は口の中の僕のモノを咥えたまま、僕の目を見つめてそのままゴクッと飲んでくれたのです。

妻にもこんなことしてもらったこともなく、自分が物凄く興奮しているのがわかりました。

「次は先輩に気持ち良くなってもらいたい。入れたい」と伝えると、先輩は「私たちっていつもこうなのよね。今日生理なの。」と・・・。

またもや生殺しの夜。

お互い既婚同士で会える時間が取りづらいですが、それをきっかけに僕と先輩は後日激しい初めて最後までの夜を迎えたのは言うまでもありません。

-不倫・浮気
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場の同僚兼友人のダブル不倫の結末は

【彼女との出会い】 転職して、同じ職場ですぐに親しくなれる友人ができた。 とても美人でスタイルも良く、それでいて気取っていない感じが好感を持てる人だった。 そして、同じく昼職だけでなく夜のアルバイトを …

愛とセックスを私に与えてくれる昔の友達

『愛のない生活』 私は今、不倫をしています。 結婚して10年、2人の子供達は小学生になりました。 主人は毎日帰りが遅く家庭を顧みない生活です。 家のこと、子供のことは全て私任せ。 そんな私は夫の愛情に …

彼女の双子の姉とセックスしちゃった体験談

・双子の彼女 付き合っていた彼女(真理)には瓜二つの双子の姉(美緒)がいました。 顔が似ているのはもちろんの事、身長や体型なんかもそっくりなので、全く見分けがつきません。 あと髪型も、よく似ていて、強 …

幼馴染とのW不倫!?きっかけはお隣さん宅での3P

1.『最近夫の様子がおかしいと一本の電話』 この話は私の友人の不倫体験談です。 その友人は小学校からの幼馴染で、数年前に私の親友と結婚した、優しくて容姿端麗な女性でした。 彼女が結婚するまではよく連絡 …

浮気か不倫か。人妻と温泉宿での一夜

・温泉宿の一室にて(前編) 「……んっ……ぁ……」薄暗い温泉宿の一室にて、女が小さく喘ぐ。 「静かにしないと隣に聞こえるよ」私はそう釘を刺す。 この宿はこの付近の相場では安い部類になり、さほど防音が効 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。