えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

特殊なプレイ

卵を産む女の子は好きですか?産卵プレイのススメ

投稿日:

『真面目な会社員には裏がある』

「おい、もうそろそろ結婚とか考えてないのか?」

会社でいつものように仕事をしていると、上司が難しそうな顔をしながら話しかけてきた。

俺は30代前半の、至って真面目な会社員。

大学を卒業してから10年ほどずっと、この会社でシャカリキと働いている。

幸いなことにその仕事ぶりは周囲にも認められていたし、人間関係は全体的に良好だった。

今の上司や部下ともよくやれている。

とはいえ、上司の「もうそろそろ結婚しろ」という暗黙の要求にはちょっと困っていた。

会社としては結婚して家庭を持たせたいというのは分かる。

だが相手は自分には合わないとすぐに分かる人ばかり。

なぜなら……

 

『産卵プレイの魅力は……』

なぜなら、俺にはちょっと変わった性癖があるからだ。

間違っても女に多くを要求するだとか、女嫌いだとかそういう話ではない。

しかしセックスは1人でやるものではないから、互いのためにも性癖が合致した、あるいは性癖の相性が良い者同士でやる方が良いと考えている。

これはもちろん、普通の性癖を持つ人は面白くないとか、異常性癖を持つ人はダメだとかそういう話ではない。

むしろ何をもって普通とするか、どんな性癖を異常とするかなんて議論するだけ無駄なことだし、性にはもっと多様な形があって良いと思っている。

と少し脱線してしまったが、俺の性癖は「産卵プレイ」だ。

これは読んで字のごとく、まるで卵を産んでいるかのような行為をして興奮すること。

昔は認知度が低く、ゴルフボールやピンポン玉などで遊ぶことが多かったようだが幸いにも今は違う。

専用のグッズも売られるようになったし、ネットでもしばしば取り上げられるようになってきた。

産卵プレイの魅力は……

これは人によって様々だろうが、俺の場合は出産の疑似体験というのが一番近いだろうか。

また人間は本来は産卵することはないため、ファンタジックなエロさもある。

とはいえまだまだ開拓途上のプレイであるうえ、注意点も多い。

それに人口もまだまだ少ないだろう。

俺の場合はネット掲示板で出会った、その手のことが好きな女性と一緒にやっている。

だが一般的な女性を誘った場合、引かれることもあるかもしれないな。

それからおもちゃ選びやプレイのやり方にも注意だ。

産卵プレイのグッズというとアナルパールのようなものが人気のようだが、個人的にはアナルでやるのはあまりおすすめしない。

なぜなら不潔になりやすく、女性の方はそれで膀胱炎になったりすることもあるからだ。

また無茶な大きさをしていたり、突起があったりするものは危険。

おもちゃはペニスと同じくらいかペニスより少し小さいサイズで、すべりが良い、また引っ張るための持ち手があるものが良い。

持ち手があれば取れなくなって病院のお世話になるってこともないからな。

ちなみに俺は若い頃アナルに入ったピンポン玉が取れなくなって病院にマジで行ったことがある……

ありゃあ気まずかった。

自分でも驚くくらいに言葉が出て来なくて、まともに説明できなかったっけ。

ははは……

 

『準備するのも産むのもエロい!』

ともあれ。

俺はその夜、彼女と共に産卵プレイを楽しんだ。

場所はホテル。

時間は22時を回っていたかな。

平日なら明日の仕事に支障の出る時間帯だが、その時は金曜日だったので無問題。

それに宿泊プランだったから休憩と違い時間的な制約もなくのびのびと遊ぶことができた。

チェックインして、シャワーを浴びて、前戯をしてと……

この辺は普通のセックスと何も変わるところはないかな。

変わっているのはその後。

彼女のおまんこに、おちんちんではなく卵を挿入する。

彼女は慣れているので大きめなものを使っても大丈夫だが、ローションをたっぷりと使うことは大前提だ。

それからゆっくりと挿入すること。

産みの苦しみ(痛み)がエロくていいという人も中にはいるが、だいたいは気持ち良くなりたくてやってるわけだからな。

そして、これがえちいのなんの。

通常の挿入だと性器をまじまじと見ることなんて不可能だが、これだと卵がぬぷり、ぬぷりとおまんこの中に入っていく様子をじっくり観察することができる。

しかし本番はここから。

彼女がいきみ、卵が少しずつ彼女の中から顔を出し……

まさに生命の神秘である。

うごめくおまんこ。

その時の彼女の表情。

何もかもがたまらない。

そして……。

ポンッと生まれた卵に俺は射精した。

精液と愛液とにまみれた卵もまたエロくて仕方がない。

おまけに、彼女はそれをまるで母鳥のように暖めたんだ……

これはまさに愛そのものってもんかな。

そしてこの暖かさもまた産卵プレイの良さなのだ。

-特殊なプレイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スナックのママと野外で特殊なプレイ

出張先のスナックのママとアブない関係を結べました。 ママはとても妖艶な方で、次第に俺から受けるプレイに酔いはじめ、ド変態でドスケベな熟女へと変貌していきます。   〇地方のスナックでママと出 …

no image

イラマチオで抜けるようになるまでの軌跡

特殊なプレイにおける最大のハードルは何だと思いますか? それは、自分の性癖に対する『開き直り』ができるかどうかだと断言します。 そもそも特殊なプレイってなんでしょう? 一般的性癖で行くと、おっぱい好き …

no image

野外でえっちをする高校生はたくさんいた

『なかなかカオスな高校生活』 私のいた高校は北海道、札幌の僻地にあります。 某マンガの元ネタになったらしいですが、有名校かといえばそんなことはありません。 偏差値は普通程度、部活はちょっと活発といった …

no image

エスカレートする彼氏のSMプレイ。相談した結果…

『はじめに』 私が大学生の頃の話になります。 その頃私は、バイト先で知り合った先輩から好意を寄せられ、何度も告白をされていました。 はじめは断っていた私でしたが、そのうちに一生懸命に私に好意を寄せてく …

no image

同級生の裸に興奮し先輩女子生徒たちが見守る中でHする

性に興味を持つ 私は現在30歳の男性で悠太と言います。 私は、中学校を卒業すると地元の高校に入学しました。 私が通っていた学校は正直いってバカ高で、元々女子高だったこともあり女子の人数が男子の三倍いま …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。