えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

幼なじみの女の子の初めてのオナニー体験談

投稿日:2022年12月24日 更新日:

・まあまあかわいい幼なじみの女子高生

俺には、幼なじみの女の子がいるのですが、彼女から初めてのオナニーをした時の話を聞いたことがあります。

聞いたのは、俺が大学生で彼女が高校生の時です。

幼なじみの彼女は、ショートでまあまあかわいいです。

しかし、下ネタも遠慮なく喋るため、品がない感じで、恋愛対象にはなっていませんでした。

でも、オナニーの話を聞いたら、恋愛対象を超えて、一気に俺のオナニーのおかずへ昇格となりました。

 

・自転車のサドル

彼女は、小学生ぐらいで自転車に乗るようになったのですが、ある日、股間に違和感を感じました。

サドルが股間に当たるのですが、そこで妙な感覚がするようになったのです。

ですが、小学生の時はあまり気にせずそのまま放っておいて、中学生になりました。

幼なじみの彼女は、胸が巨乳レベルと言えるのですが、胸が出てきたり、体型が大人になるにつれて、股間にも違和感が出てきたそうです。

それで、自転車のサドルがまた気になり出しました。

その時の彼女は、自分の股間がおかしいんじゃないかと心配になりました。

彼女の同級生の中に、女性器に赤いデキモノができて病院に行った女性がいたそうで、自分でもそれを心配したそうです。

その同級生はただの皮膚炎だったそうですが。

そこで家に帰ってから、幼なじみは自分の股間を調べ出しました。

すると、自分の股間からおしっこのような変な匂いがしてきたので、汚いと感じてそこでやめました。

それから、彼女はお風呂に入りました。

体を洗って股間もしっかり洗いました。

そして、お風呂場の鏡で自分の股間を見ようとしました。

しかし、うつっているのは薄い陰毛です。

陰毛の中身がなかなか見せません。

ちょっと困りましたが、お風呂場には、片手で持てる小さい鏡があったので、座って自分の股間をうつしました。

 

・初オナニー

小さい鏡にうつったのは、陰毛とピンク色のびらびらです。

アダルト動画ではおなじみの感じです。

下ネタに抵抗がない幼なじみは、それを見てもあまり変に感じなかったそうです。

下ネタに抵抗がないので、アダルト動画もよく見ていたのです。

それで、アダルト動画で見るようにあそこの突起物をさわりました。

何かピクピク感じてしまいます。

「あー、これが自転車のサドルにあたった時の変な感じか」と、すぐに理解しました。

その日はそのままお風呂場から出て、また次の日お風呂に入りました。

アダルト動画で見かけるように、突起物をイジイジします。

ピクピク感じるけど、特に気持ち良い感じがありません。

「あれはAV女優の演技?」と不思議に思い、しばらく突起物(クリトリス)をイジイジしていました。

そうしたら、あそこが濡れてきました。

膣の穴から妙な液体が出てきたのです。

「なんか汚い」と思って、シャワーをかけました。

すると、間違って大量のお湯が出てきて、クリトリスに思いっきりかかりました。

ダイレクトにかかり、彼女はビクビク!と感じたそうです。

「はあ、はあ」と呼吸が荒くなります。

なんか変な気分になっています。

シャワーからの大量のお湯が、クリトリスを刺激し続けます。

「こ、この刺激、何?」としばらく思っていたそうですが、しばらくして、ビクビクんといってしまいました。

「あん!」と思わず、声を出しそうになり、口を押さえました。

初めてのオナニーをその時、体験したのです。

 

・その後

それから毎日、シャワーでオナニーしていたそうです。

しかし、親から風呂が長いと言われて、それからは自分の部屋でオナニーするようになりました。

クリトリスの感じる感覚が分かってきて、自分の指でもいけるようになったのです。

その後、彼氏ができて、処女を卒業。

卒業してからは膣でもイケるようになりました。

そんな経験から、女子高生で下ネタが好きな幼なじみが誕生しました。

その話を聞いてから俺は、品がない感じの幼なじみが、すごくエロい女に見えるようになりました。

その後、幼なじみを俺の部屋に連れ込んで、セックスしちゃったのは秘密にしてください。

-初めてのオナニー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

友達からエロ同人誌を貰って初めてシちゃった話。

『純真な僕が性的快感を覚えてしまった瞬間』 僕が中学1年生だった頃の話。 普段一緒に遊んでいる友達が漫画の回し読みをしていました。 「めっちゃ良かった!また貸して!」 など、すごく高評価だったので僕も …

幼稚園児の時にはまっていたえっちな遊び

「ごく普通のおとなしめな幼稚園児だったけど」 私が幼稚園児の時はごく普通の目立たない子でした。 友達も少ないほうで、どちらかというと一人で遊ぶことのほうが多かったような子でした。 ある日いつものように …

アニメキャラで初めての自慰。親の目を盗んで……

『厳格な環境の中のオアシス』 私は幼少期を仙台市で過ごしました。 仙台市といえば東北地方で一、二を争う都市で、ここには人もお金も仕事もたくさん集まってきます。 私の祖父はここでチャンスをつかみ、なかな …

ああ、快感! 初めての自慰を姉貴に見られた僕は

『姉貴の裸を想像していたら、つい掌がおちんちんに』 中学に入ってすぐの頃。 年頃ということもあり、僕は家庭内でも異性を意識するようになった。 特に3歳年上の姉貴は、弟の僕がいうのも変だが、それなりに美 …

電マで始めたオナニー生活、何度も昇天

『電マを使ってみた』 小学生高学年の頃、腰痛持ちの親の寝室に電気マッサージ機がありました。 小学生の私には必要なかったけど、好奇心で親のいない間に腰や足をブルブル振るわせて遊んでました。 寝ころびなが …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。