えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

筆おろし

えっちでおませで優しかった近所のお姉さん

投稿日:2022年11月25日 更新日:

『優しいお姉さんの記憶』

「それじゃあ、そこにごろんしてね」

「うん。で、えっちなことって……」

「セックスっていうのよ」

遠い、遠いあの日の記憶。

小学3年生の頃、好きだった近所のお姉さんにえっちなことを教えてもらった時の情景。

あれから何十年も経っているはずなのに、未だにその時のことを鮮明に思い出すことができる。

場所は彼女の家。

立派な一軒家の中の、彼女の一人部屋。

そこはわりとシンプルな内装で、一般的な学習机とベッドが置かれていた。

それから女の子らしくいくつかの人形と、一冊の少女雑誌。

当時流行していた香り玉もあった気がする。

フルーツやお花の香りがする小さなグミ状のおもちゃで、女子はそれを友達同士で交換してはコレクションしていたっけな。

それはさておき、当時の俺はお姉さんのベッドにごろんと横になるだけでもなんだか興奮したのに、お姉さんにパンツを脱がされてとても妙な気分になった。

身体が浮き上がっているような、内側から火照っているような……。

それに精通もしていなかった指ほどの大きさのチンポはビンビンに勃ち、心臓はドクンドクンと早く、強く鼓動していた。

 

『未熟な抱擁』

お姉さんは俺のチンポをこねくり回し、皮をむき、亀頭をつまんでもみもみしたり、鈴口をじっと観察したりしていた。

一方、俺はその後お姉さんのおまんこを見せてもらい、開いてみたり中に指を入れたりしてみた。

それは黒いびらびらがいくつかあるもので、今までに嗅いだことがないようなにおいがした。

お姉さんによればここにおちんちんが入るのだというけれど、それを聞いてなんだか不思議な気分になった。

こんなところから赤ちゃんが出てくるとか、みんなが生まれてきたとかそういうようには思えなかったというか何というか。

ともあれ。

当時は小さかったしインターネットのような手軽な情報源もなかったからか、俺たちは前戯もなしにいきなり挿入に入った。

当然ながらしっかり濡れてないのでスムーズに入っていかない。

それにサイズがサイズだからか、挿入しているというよりはとりあえず先っちょだけといった塩梅だ。

しかもピストン運動をするという知識もなかった。

では何をしたのかというと抱っこである。

しばらく抱き合いながら、そのままじっと待ったのである。

お姉さんの中でピクンピクンと動くおちんちん、パクパクとした動きを感じられるおまんこ……

しかし、それでも当時では十分だったのかもしれない。

何度かとても気持ち良くなり、その反動でお姉さんの胸の中で何度か眠ってしまいそうになった。

 

『初めての射精も……』

……バタン。

突然、玄関からドアの音がした。

俺たちは急いで服を着てマンガを読んでいるフリをした。

彼女の親が帰ってきたのだ。

そしてその時はさすがにこれ以上の性交渉はできなかった。

しかしお姉さんとのセックスがこれで終わりになるはずもなかった。

そしてなんと、俺は記念すべき初めての射精すらも彼女の中で経験することになるのである。

もちろんとてつもなく気持ち良かったことは言うまでもない。

それにそんな時期になると互いに身体も出来上がってくるのでお姉さんの中はぬるぬるのびしょびしょ。

さらに開発も進み一緒にイクことも難しくなくなっていた。

まあ、結局彼女とは進路の問題で離れ離れになってしまったのだが……。

しかし、ああいう不慣れで優しくてピュアな性交渉ってのは懐かしいものだな。

-筆おろし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

筆おろしされた相手は隣に住む熟女なスナックママ

古ぼけたアパートに住む思春期時代。 俺の隣に住んでいるスナックのママから筆おろしされました。 始めはこんな婆さんとセックスするのは嫌でしたが、いざママからフェラチオをされるとそれはまさに楽園…。 俺は …

彼氏と不仲の時に彼の弟の筆おろしをしました

・彼の弟 私が、25歳の時に同い年の彼がいました。 でも、交際1年後には転勤になってしまい、あっという間に遠距離恋愛になったんです。 彼は、マメな人で電話やメールも毎日くれたので寂しくはありませんでし …

ヌードデッサンの男性の筆おろしを友人とした話

・ヌードデッサンのモデル 私と友人は、共作で絵画コンテストに応募する事になりました。 純粋さを表すためには、裸の男性が必要だという話になったんです。 でも、ヌードモデルを雇うのは難しいと思いました。 …

花火大会と憧れの先輩で筆おろし確定。

筆おろし体験は高校時代にまでさかのぼるか。 あの頃は良かったな。 大変だったけどすべてが眩しかったぜ。 今はさえないオヤジでさ・・・トホホ。   『相手は二つ上の先輩』 相手は二つ上の先輩M …

Tシャツの下の白い大きな乳房は揺れていた

<白い大きな乳房がまた上書きされる> 当時私は中学3年生だった。 夜の勉強、机向かって座り、悶々としていた。 このところ、朝学校に行くとき、近所の友達の家で起きる出来事を思い出して、勉強どころではなく …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。