えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

筆おろし

憧れのお姉ちゃんとの筆おろしは生中出し

投稿日:2022年11月25日 更新日:

・お姉ちゃんと、あったかおこた

「そこだっ!」

僕とハルナさんは、コタツでゲームをしていた。

ハルナさんは僕の友達のお姉さんだ。

高2と小6で学校は重ならないけど、本当のお姉ちゃんぐらいには付き合いが長い。

今は友達が買い物に出ているので、相手をして貰ってる最中だ。

「あっ、やられちゃう!」

普段は大人っぽくて優しいハルナさんだけど、はしゃぐと可愛い。

制服越しの胸の膨らみが、前よりも大きくなった気がするし、眉毛の形も前より綺麗に整っている。

最近ハルナさんを見ると、そんな事ばかり考えてしまう。

「トシ君? ひょっとして眠くなった?」

ハルナさんが少し心配そうに声をかける。

「そんな事……」

「少し寝てて良いよ。学校で疲れてるでしょ」

ハルナさんは、コタツから少し身体を離して、自分の腿をたたく。

もうそんな歳じゃない、と、言おうと思いながらも、僕は断る事が出来なかった。

 

・膝枕じゃあ眠れない

僕はハルナさんの腿に頭を乗せる。

スカート越しでも分かる柔らかな感触が頬に伝わり、ボディーソープと制汗剤の向こうにハルナさん自身の匂いがする。

「気持ち良いです」

「好きだよね、膝枕」

ハルナさんの手が僕の頭を軽く撫でる。

「ハルナさん、だからです」

思わずそう言っていた。

「……私も、トシ君大好きだよ」

自分がそういう意味で言ってた事に、今さら気付いた。

自覚した途端、股間が熱くなって、ズボンの中で押し潰される窮屈な感覚があった。

「女の子に興味、出て来たんだね」

何となく、自分の身体が何に反応しているのかは、分かっていた。

「良いよ、トシ君なら」

ハルナさんは、僕の頬にキスした。

「教えたげる」

 

・乾燥機付きの洗濯機

僕達はハルナさんの部屋に来た。

自分の服を脱ぎ終わるのを待てず、僕はハルナさんに抱きついてキスをする。

身長差の分、顔の高さを合わせてくれた。

唇と唇が触れると、股間が一層ギンギンに勃ってくる。

「もっとえっちで、いいよ」

唇が塞がれたと思うと、舌がねじ込まれてくる。

驚いて下がりかけたが、舌を舐め吸われ溶け合う感触に、瞬時に抵抗する気がなくなる。

ハルナさんは僕のズボンに手をかけ、ボタンを丁寧に外して引き下げる。

パンツが持ち上がり、ぬとぬとした滴が布越しに浮き上がっていた。

「カウパー、こんなに」

パンツ越しに僕のものにキスをする。

「あとでお洗濯したげるね」

ハルナさんは僕のパンツもおろす。

いつも以上に勃起したものが、反り返って下腹にくっつく。

「やっぱり可愛いっ」

ハルナさんはそれをすかさずくわえ、しゃぶり始める。

「あ、ああっ、なんか出ちゃ、離れ……」

言い終わる間もなく僕は初めての射精をしていた。

ハルナさんは、少し口を開いて、中になみなみと溜まった精子を見せ、ゆっくりと呑み込んだ。

ほんの少し涙目になりながら、ハルナさんは笑う。

僕はハルナさんがどんどん綺麗に見えて来て、たまらない気分になり、また抱きついて胸と言わず、首と言わず、唇と言わず、キスをしたり舐め回したりする。

それから、股間を舐め始める。

「ん、無理しないで、良いよ?」

ハルナさんの声が上ずる。

初めてハルナさんの気持ちが良い部分を見つけられた、そう確信して僕は舐め続ける。

割れ目の奥はぬとぬとして一ヶ所硬い。

それをしゃぶりながら、舌先が入りそうな部分にはねじ込む。

舐めるうちに、また射精感が押し寄せて来る。

 

・子供が出来ること

「また、準備出来たみたいね」

ハルナさんが僕を優しく引き離し、僕のものを掴み、自分の中に導いていく。

断片的な知識で、それが子供を作るためのものだと思い出した。

「ハルナさん……結婚しよう」

「うん」

そのやり取りは、とても当たり前にように思えた。

肉が僕に絡みながら吸い付く感触は、ここが精液を搾り取る為の器官だという事を思い知らされる。

「大きく動かさないで良いんだよ」

ハルナさんはまた僕のを入れて、小刻みに腰を振動させる。

それだけでうねうねと動く中は、僕をしごき上げていく。

「気持ちいいです、ハルナさん……」

「全部出しちゃっていいんだよ。お嫁さんなんだから」

キスしながら腰を練り合わせる感触。

ハルナさんの中に蕩けていくような、快感と安心感の中で、次の射精は訪れた。

 

・バレバレでした

その後、友達に聞いたところによると、あの日何かあった事はすぐ分かったんだそうだ。

座る距離や、スキンシップの量、話す時の声などなど、完全に恋人のそれだったとの事だ。

だったらずっと堂々とイチャイチャしてれば良かった。

でもまあ良いか、これからも先は長い。

-筆おろし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

えっちでおませで優しかった近所のお姉さん

『優しいお姉さんの記憶』 「それじゃあ、そこにごろんしてね」 「うん。で、えっちなことって……」 「セックスっていうのよ」 遠い、遠いあの日の記憶。 小学3年生の頃、好きだった近所のお姉さんにえっちな …

筆おろしが趣味(?)な年上のお姉さん

「筆おろしの噂」 男子が年頃になってくると、筆おろしの話題が出るようになってくる様子。 私の周りでは、小学六年生で筆おろしを経験した男子もいたんです。 しかも、相手は近所のお姉さんというから驚き。 中 …

友達の彼女に筆おろしされた甘い思い出

『家出をきっかけに友達の彼女と親密に』 俺は今30代なんだが、高校の頃、家出をしたことがあった。 学校に馴染めなくて行くのがいやでサボっていたら学校から連絡が入り親に怒られたことでムカついて出ていてし …

彼氏と不仲の時に彼の弟の筆おろしをしました

・彼の弟 私が、25歳の時に同い年の彼がいました。 でも、交際1年後には転勤になってしまい、あっという間に遠距離恋愛になったんです。 彼は、マメな人で電話やメールも毎日くれたので寂しくはありませんでし …

花火大会と憧れの先輩で筆おろし確定。

筆おろし体験は高校時代にまでさかのぼるか。 あの頃は良かったな。 大変だったけどすべてが眩しかったぜ。 今はさえないオヤジでさ・・・トホホ。   『相手は二つ上の先輩』 相手は二つ上の先輩M …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。