えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

えっちな体験談

ゆるふわ巨乳ギャルに生中出し体験談

投稿日:

大学でとあるサークルに入った僕は、新入生歓迎コンパの時に、1つ上の女性の先輩から出会い系アプリを紹介された。

「友達が作ったんだけど、登録者が伸びないんだって。協力してよ」

押し切られる形で、渋々インストールと利用者登録をしたのだった。

数日して、講義間の手待ち時間に、ふとあのアプリを起動してみた。

するとメールが1通だけ届いていた。

これでは確かに利用者も伸びないだろう。

そう思いつつ初回無料分だけ、からかい半分の返信をしたところ、彼女からの返信は「まず相性を確認したいので、一度会いませんか」だった。

後から考えればあり得ない事だったが、女の子と付き合った事もない僕にとっては、最初から現実味がなく、こんなものかと思いつつ会う約束をしていた。

「あ、もしかして……」

待ち合わせのコーヒーショップに現れたのは、同じぐらいの年齢の女の子だった。

「初めまして、アキだよ」

ギャル系だった事が伺えるラメ多めのメイクと、目尻の下がった優しげな目つきがアンバランスだった。

少しぽっちゃりしていて、ふわふわ笑う可愛らしい子という印象だった。

「行こっか」

アキは僕の腕を取り、ぐいぐい進んで行く。

「――とうちゃーく」

緊張で思考停止していた僕が我に返ったのは、ラブホテルの部屋に入った時だった。

「えっと……まずは相性って?」

「そだよー」

アキは脱ぎ始める。

「カラダ合わないと、続かないっしょ?」

「なんか、順番ちがくない?」

「違くないよ」

脱ぎかけのブラウスをひっかけたまま、彼女は突っ立つ僕のズボンのファスナーを開けた。

怒張した僕のものの先走りで、トランクスにシミが出来ている。

「だって、アキに会った時からギンギンだったじゃん?」

彼女の手がベルトを外し、ズボンをおろしていく。

「こんなになってたら話も落ち着いて出来ないでしょ」

少し冷たい柔らかな手が包み込む。

「んふっ」

初めての他人の手の感触に、変な声を上げて、僕は座り込む。

「ふふっ、可愛いなぁ……優しくしたげるから、任せて?」

彼女は舌先で僕のものを舐め始めた。

「石鹸の匂いする」

「それは家で」

言い終わる前に、彼女は音を立ててしゃぶり始める。

瞬時に射精感が訪れる。

「んっ……出る、離れて!」

だが彼女は腰にしがみつき、激しく吸いたてる。

全く我慢出来ず、僕は彼女の口の中に一気に射精していた。

「む……」

ごくり、と、アキの喉が動く。

「えへへー、瞬殺ぅ」

Vサインした指に、カウパーの糸がかかっていた。

「気持ち良かった?」

「……凄く」

「ほうほう、私で超コーフンしてたんだ?」

彼女は精液で汚れるのも気にせず、手でゆっくりと僕のものを弄ぶ。

間もなく、再び勃起が始まった。

アキは服を完全に脱ぎ、ブラジャーを外す。

ぶるん、とでも擬音が付きそうな重量感で胸がこぼれる。

ぽっちゃり体型に見えたのは、この巨乳のせいで、ウエストはしっかりくびれていた。

「凄くエロい……」

「可愛いって言って欲しいかな」

僕は感情が高まり、彼女を抱きしめキスをし、ベッドに押し倒す。

リードしたつもりだったが、その後はまた一方的に舌をまさぐられ、圧倒される。

それから復活した僕の股間を掴み、自分の中に導いていく。

熱い肉に全体をしごかれていく感触に、射精感がまたこみ上げてくる。

キスをしながら全身の肌と粘膜がぴったり触れ合っている感触に、興奮が増していく。

「アキの、身体、気持ち良い?」

「うん……それにとっても……可愛い」

入れたまま、キスを何度も繰り返すうち、やがて2回目の射精が訪れた。

「アキ、良かったでしょー」

数日後、サークルに出席した僕に、先輩が嬉しそうに声をかけて来た。

「えっと……」

プライベートな事を話すのは気が引ける。

「あのアプリ作ったのがアキだよ」

「んぇ?」

「『気に入った子を見かけたから紹介して』って言われてね」

――先輩が言う事を総合すると、僕は最初からアキに一本釣りされていたらしい。

アプリは実際に稼働しているし、アキが管理者なのは確かだけど、僕が登録したサイトはそのコピー。

つまり、アキと僕しか会員登録がない状態だったそうだ。

騙されたような感じもするが、まあ、そこらについては正直もう良いか、とも思う。

相性が良さそうな事は、この数日で身に染みてはいるのだし。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

隣の家の娘さんの彼氏とのセックスを目撃。人生で1度きりの浮気

●単身赴任の事情 まず、たいくつでしょうが、事情を説明します。 私は現在、地方の大きな都市にある製造会社で、検査の仕事をしています。40歳の男性です。 今から5年ほど前のことです。 わが社の製品のひと …

no image

彼女に浮気され回春マッサージでニューハーフの可能性を知る

私はかつて女の子にしか興味がないごくごく一般男性、それが変わったのは30を前にした頃に体験したあることがきっかけでした。 当時私には彼女がいて、性格もルックスももちろんながら性的な嗜好も相性がいい相手 …

no image

Fカップおっぱいの彼女と入るお風呂は最高にエッチである

・私の彼女紹介 私には付き合って3ヶ月になる彼女がいるのですが、見た目は大人しそうな顔をしているますが、付き合ってみたら実はエロくてエッチは向こうの方からおねだりすることの方が多いくらいです。 彼女の …

no image

エッチの時スッピンの彼女が可愛くて一気に射精

・隙のない彼女 以前付き合っていた彼女は、セックスをする際、必ずばっちりメイクでした。 お風呂に入った後、わざわざメイクをして、それでセックスに臨むのです。 それはそれで別に構わないですし、「嫌われた …

no image

やっぱりマン汁とマンカスは興奮する

・夕方にパンツ履き替え 俺は20代後半の男です。 少し細め体型の彼女がいるのですが、ある程度長く付き合っきて、セックスがマンネリ化しちゃいました。 これはどうしようかなと考えていたのですが、通販サイト …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。