えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

舐め犬飼い主は清楚系淫乱JC、膜があるから大丈夫

投稿日:2022年10月23日 更新日:

・告白成功

中学2年の頃、片想いしていたクラスメイトのマナに告白した。

彼女の返事は、意外なものだった。

「ありがとう……私も好き」

頬を染めて続けた。

「だけど、子供は結婚してからじゃないと作っちゃ駄目だと思うから、セックスは舐めるだけって約束して?」

正直唖然とした。

付き合うという事が、セックスに直結する事だとは、あまり思っていなかった。

 

・彼女のお家で

付き合い始めた週末、僕はマナの家に招かれた。

彼女の自宅は、高級そうなマンションだった。

「ようこそ」

彼女は僕の手を取って部屋に案内する。

告白して以来、スキンシップに遠慮がない。

「家の人は?」

「仕事だよ」

彼女の髪は少し濡れていて、強いシャンプーの匂いがした。

彼女の部屋は、綺麗に片付いていた。

ぬいぐるみが本棚に2つ置いてある他は、飾り気もない。

ベッドの上も、綺麗なシーツが敷かれ、よく整えられている。

椅子が見当たらずとりあえず、ベッドの端に腰掛けた。

「あ、良いの?」

彼女は言って、僕に抱きつきキスをしてから、スカートを下ろし始めた。

ベッド=行為の開始。

彼女はひょっとして淫乱というヤツなのでは?

 

・ナチュラルボーン舐められ子ちゃん

スカートを脱ぎ、パンツを下ろすと、マナはベッドの上に横たわる。

「舐めて?」

ややがに股気味に開いた足の付け根は、まだ毛はほとんど生えておらず、割れ目は一本のスジに近い。

僕は異様な興奮を覚えながら、そこに顔を寄せた。

僅かな毛から、先ほど嗅いだシャンプーと同じ香りがする。

肌にやや汗ばんだ湿り気があり、直前にシャワーを浴びた事が伺えた。

ネットのエロ記事で読むような悪臭は全くなく、むしろ僅かな彼女の肌の匂いと、シャンプー、同系列のボディーソープの香りが相まって、艶めかしい芳香とさえ思えた。

僕はスジを舌でなぞる。

「ふぁあああ!」

彼女が突然大きな声を上げる。

「痛かった?」

口をつけたまま、彼女に視線を向ける。

「……ううん」

彼女の手が僕の頭を撫でる。

「思ったよりも……何百倍も、気持ちよくて」

彼女が僕の方を向いて微笑む。

土手越しに、潤んだ瞳が見えた。

この表情を見られるなら、100万回でも舐めよう、むしろ舐めたい。

多分、僕が舐め犬の性癖に目覚めた瞬間だった。

 

・絶頂は舌だけで

僕は熱心に彼女のものを舐め始めた。

元々奥に溜まっていたように愛液が溢れ出す。

愛液を口に含みつつ、唾液と混ぜたもので彼女の肉を練り回す。

彼女のそれは、どこまでもふわふわと柔らかく、唇で食むとまた愛液が溢れた。

「もっとぉ……」

学校にいる時からは想像も出来ない甘い声を洩らしつつ、彼女の足が時折僕の頭を抱き込む。

僕は隅々までをドロドロになるまで舐め尽くす。

彼女の呼吸が高ぶるのに耳を澄ませ、クリトリスや中、際など、ポイントを探していく。

そして。

「んぁああ、ぁああ……」

くたり、と、彼女の身体から力が抜けた。

イカせることができた。

その嬉しさと共に口を離すと、ひくひく痙攣するそこから、じょろじょろとおしっこが溢れ出した。

 

・求道家はどのジャンルにも

その後、僕が舐め、彼女が乱れるという関係は続いている。

失禁するほどの絶頂は、それほど頻繁にはない。

当時よりはテクニックも上がっていると思うのだが、彼女としてもあの時が一番良かった、と言う。

芸術家の初期作が、最高傑作として残るようなものかな、と冗談にしてみたが、真顔で「上を目指してね」と言われた。

もちろん、そのつもりだ。

僕はまだ、この果てしなく続く舐め犬坂の道半ばに過ぎないのだから。

-舐め犬・クンニ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

顔面騎乗位でクンニを強要してくるサディスト美人熟女

【普段は清楚な人妻なのに】 職場にパートで勤務していた30代後半の清楚で美人な奥様。 忘年会の時に一度、男女の関係になって以来、何度か人目を盗んではラブホテルに行くような関係になっていました。 最初の …

潔癖症の友人と舐め犬について議論する

・カルチャーショック すごく仲の良い友達(男性)がいるのですが、とてもユニークな人で、ちょくちょくカルチャーショックみたいなものを感じさせられます。 まず、その友人はかなりの潔癖症です。 それにまつわ …

秘部への愛撫。クンニデビューに恍惚の女子高生

初彼氏 初デートデビュー あれは高校入学した年の夏のことでした。 私はコテコテの女子高に通っていました。 15歳,性に興味を持ち始めたティーンエイジャー、毎日エッチ本見ては興奮してオナニーをする毎日だ …

家庭教師の僕は教え子中学生とママの使用済みパンツを発見!

現在大学生で家庭教師をしています。 教え子は中学3年生の女の子。 この女の子も可愛いのですが、個人的には、そのママの方に興味を抱いていた自分。 そしてその願いは叶い、いつの間にか教え子ママの舐め犬にさ …

セックスは嫌いだけどクンニ大好きな舐め犬

・舐め犬としての自覚 僕はセックスは嫌いです。 疲れるから! だけど、クンニ、フェラ、オナは大好きです。 なので女性とのセックスにはあまり興味はないのです。 きっかけは、何度かセックスをしても僕はなか …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。