えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

修学旅行

実は性欲旺盛、清楚彼女の処女SEXは青姦中出し

投稿日:2022年9月24日 更新日:

1.自由行動ではぐれたら

「あー、なんだか、みんな乗ってないね」

三摩さんが、路線バスの車内を見渡す。

その動きに、ポニテにした髪がやや勢いよく振り回される。

「乗り遅れたかな」

僕はスマホでメッセージを送ろうとする。

修学旅行の自由行動班用のグループだ。

「連絡付いたよ」

それより先に、三摩さんがショートメールを見せた。

みんな別の路線に乗ったようだ。

「ごめん、私が間違えたみたい」

「僕も任せきりだったから」

次のメッセージには、『合流の時間ももったいないし、宿で集合で良い?』とあった。

「無責任な班長だな」

言いながらも、僕は三摩さんと二人きりでまわれる事を、密かに喜んでいた。

 

2.お地蔵様がみてる

僕達はそのままバスに乗り、山の近くにある平安時代発祥のお寺を見に行った。

観光コースから外れているのか、境内には誰もいない。

その代わり、何体ものお地蔵様が並んでいた。

「お地蔵様って、とっても優しいんだよ」

三摩さんは、地蔵堂に祀られたひときわ古い1体の前で立ち止まる。

「そうなの?」

「そもそもが、菩薩っていうのは解脱の前段階なんだけど、地蔵菩薩は解脱できるのに人間達を救いたいという一心で――」

長くなるヤツだ。

説明を終えてから、三摩さんはお地蔵様に手を合わせる。

肩越しに見えるやや俯いた横顔、いつもはやらないポニテで露わになった首筋、それから手を合わせてお祈りする姿。

いつにも増して綺麗に見えて。

気が付けば、後ろから抱きしめていた。

「ね」

「あ、ごめ……」

「お地蔵様の前は、ちょっと」

 

3.大きな樹の下で

僕達は境内から出て、大きな樹の陰にまわる。

樹を背にした三摩さんを抱きしめる。

「わたしの事、好き?」

「大好き」

キスをする。

三摩さんの身体は強ばっていたけれど、キスが長く続くにつれ、少しづつ力が抜けてきた。

そして、少し弛んだ唇の隙間から入れた舌を、舐め回し始める頃には、樹にだらりと寄りかかり、ずるずると座り込んでいた。

キスが途切れそうになると、三摩さんの方から押しつけてくる。

僕は制服の裾から手を入れる。

思いの外硬いブラジャーの隙間に指先をねじこむようにして、乳首に触れた。

「わたしも」

ようやく唇を離した三摩さんは、僕のズボンのベルトを外す。勃起したものがぶるん、と、そそり立つ。

「魔羅様、ふふ、かわいい」

両手で撫でさする。

力を入れないさわさわとした触れ方に、背筋がゾクゾクと震える。

僕は快感に動けなくなり、胸をまさぐる手が離れる。

三摩さんは僕のものに1つキスをして舌先で少し舐めてから、口にふくんだ。

涎がじゅるじゅると鳴る。

生温かく激しいバキューム感に、耐える間もなく射精した。

「ん、む……ん」

口に溜めたものを持て余しつつ、最後には三摩さんの喉は、少し動いた。

「わたしも、好き」

笑う三摩さんの口の端から、精液が一筋糸を引いて垂れた。

思わず僕はまたキスをする。

口内射精の後は嫌なんて、枯れたジジイの妄言だ。

僕は何度も何度もキスをしながら、復活したものを握って三摩さんの股間に近づける。

三摩さんはスカートをたくし上げて、奥まで見えるぐらい広げてくれる。

愛液でぬるぬるになった場所に、僕のものは驚くほどすんなりと入っていった。

「んふぁっ……」

突くごとに声が漏れそうになる三摩さんは、制服のリボンを噛んでこらえる。

それがなんだか悪い事をしているようで、やたらと興奮して、一層激しく腰を動かした。

三摩さんが大きく震え、声とも息ともつかないものを洩らす。

直後、僕は三摩さんの中に射精をした。

引き抜くと、やや血の色が混じった精液が、どろりとあふれ出た。

その後、三摩さんの友達がニヤニヤしながら言った事を総合すると、二人きりになるためにはぐれて欲しいと三摩さんが頼んでいたようだ。

双方で同じ事をやっていたと思うと、まあ笑うしかない。

-修学旅行
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【高校生】修学旅行の女子風呂を覗いてオナニー

・修学旅行と言えば女子風呂覗くでしょ。 これは俺の高校の修学旅行の時の話。 俺の通っていた高校って、正直に言ってそれほどレベルは高い学校ではなかった。 だから男子は考える事と言えば、女の子とエッチをす …

修学旅行先のホテルでエッチな体験をした話

高校の修学旅行は三泊四日。 名所を廻る退屈なバス移動、私は連日の夜更かしで眠るためにバスに乗っている感じだった。 私が通っていた高校は風紀が乱れている校風では決してないのですが、私はどういうわけか異端 …

修学旅行でハメあった、複数プレイで興奮しまくり

高校生の時修学旅行で複数プレイを経験しました。 あの時の刺激は最高で、今となっても忘れることが出来ず、たまに渋谷にあるハプバーなんかにも行ってしまいます。 そんな学生時代に経験した複数プレイについてお …

優しいバスガイドさんの手コキで僕は射精する

修学旅行と言えば中学校二年の時に九州地方へ3泊4日で行ったことが一番の思い出かな。 なんとその修学旅行で僕はエッチな体験をすることになったのです。 お相手は僕のクラスを担当していたバスガイドのケイコさ …

高校の修学旅行で彼女の親友(爆乳)に中出ししまくった

1.高校の修学旅行と彼女との約束 今日は、高校の修学旅行。 みんな思い思いのおしゃれをして、バスに乗って目的地へ。 かくいう俺は、朝から妙にそわそわしていた。 その理由は、今日付き合って半年の彼女(ア …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。