えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

修学旅行

ヲタに優しいギャル、だいしゅきホールドで処女喪失

投稿日:2022年9月24日 更新日:

1.気配り上手の檜垣さん

修学旅行3日目の夜、僕達の部屋に女子が何人か遊びに来ていた。

僕は眠いという口実で布団に入ってスマホをいじっていた。

「――やかましくてゴメンねー」

クラスの中でもあまり接点のないギャルの檜垣さんが、僕の顔をのぞき込んで来た。

「構わないよ」

「ありがと」

檜垣さんはスマホの画面を見せる。

『マジうるさいって思ったら、メッセージ送って。それとなく引き上げっから』

僕はアドレス帳に登録されていた筈の、檜垣さんの番号を確認した。

 

2.見回りから隠れて

スマホに集中出来ないまま、僕は檜垣さんたちの会話にぼんやり耳を傾けていた。

声が大きくなりそうになると、それとなく誘導してくれてるのが分かった。

檜垣さんはいつも、そういう風に周りに気を使ってくれる。

普段は、時々ゲームの話をするぐらいだけど、そういう時も凄く話してて落ち着く。

ボリュームの落ち着いたざわつきに、僕は本当に眠くなってきた。

妙な違和感に目を覚ました時、部屋の中は真っ暗だった。

自分が修学旅行で旅館にいることを思い出した辺りで、光がさしこむ。

「寝てるかー」

先生が小声で部屋の入り口から声をかける。

「誰か来てたら、自分の部屋戻れよ」

言いながら、1人づつを懐中電灯で照らしていく。

違和感の正体に気付いた。

僕の布団の中に、誰かがもぐり込んで隠れていた。

先生の足音が遠ざかる。

僕はようやく布団の中を見た。

「!?」

檜垣さんだった。

「マジ助かった。感謝!」

囁いて、檜垣さんは出ようとする。

「戻って、来るんじゃ、ない? まだ、いて、いいよ」

思わず引き留めていた。

 

3.処女注意!

布団の中で、僕と檜垣さんは向かい合う。

『くっついてないと、バレるから』

メッセージを送る。

身体が押しつけられ、柔らかさと体温が伝わってくる。

『わたしの事、好きなん?』

返信の間もなく次のメッセージ。

『わざと引き留めたしょ?』

見透かされてた。

「うん……好き」

周りに漏れないぐらいの声で言った。

間が出来る。

着信。

『好きって言ったのに、何にもしてくれないん?』

僕は檜垣さんを抱きしめる。

パジャマ越しの胸の感触が伝わってくる。

それから、唇を重ねる。

ぷにぷにした柔らかい唇の感触から、ぬるぬるした舌が出て来て、こちらの口の中がまさぐられる。

唇を離さないまま、パジャマの裾から胸を揉みしだき、腰のラインを通ってズボンの下、お尻の割れ目からパンツの下まで指先を這わせる。

抱きついていた檜垣さんの手が、僕の勃起したものを引きずり出して太ももに挟む。

それだけで出てしまいそうになるのを、僕は掴み直してパンツの隙間から檜垣さんのにあてがう。

檜垣さんの指先に誘導され、温かいぬるぬるの部分に亀頭が包まれる。

と、スマホを目の前に突き出される。

『処女注意!超やさしくすること!無理矢理駄目、絶対!』

顔文字もついている。

それがなんだか妙に可愛く思えて、またキスをして身体をまさぐる。

それから無理をしないように亀頭でぬめりをこねるように動かしていると、射精感がこみ上げてきた。

出そう、と、思った時、ぐっと腰が締め付けられる。

檜垣さんの脚が、僕の腰を締め上げていた。

全面をしごかれる感触と共に、僕は檜垣さんの中に思い切り射精していた。

後から聞いてみたら、話すのが落ち着くって感覚は、お互い様だった。

僕の視線にはバッチリ気付いて、告白待ちだったとか。

先生の見回りは偶然だったけど、僕の布団は狙って入ったし、あのメッセージは念のため作成済みだったとか。

可愛いと思う反面、手のひらの上という怖さもなくはない。

まあ、互いを良く知っていけば、怖さもなくなるんじゃないかな、とは思う。

これから一緒の時間も増える事だし。

-修学旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

高2の秋、修学旅行で彼女の裸を見れた話

高2の秋に修学旅行でオーストラリアに行きました。 現地でカンガルーを見たり、訪問した牧場でカウボーイが馬上で鞭を振るう様に憧れたり、楽しい修学旅行でした。 そんな修学旅行でしたが、彼女との仲がより深ま …

修学旅行の夜、好きな子と愛し合うようにSEXした

・好きな子とトランプ! 修学旅行の宿泊先は旅館だった。 僕としては、どこかのホテルのベッドで寝たかったので、普段通り布団で寝ることには、どこか納得がいかなかったが旅行自体は楽しかったので、まぁいいかと …

部活の顧問(29歳・女教師)と修学旅行中にsex

・部活の顧問 高校2年生の時に、同じ学校に勤める女教師(29歳)と付き合っていました。 付き合っていたといっても、恋人というわけではなく、まあ、いわゆるセフレ的な関係性。 相手には恋人がいましたし、こ …

修学旅行で彼女とセックスしたのが先生にバレた話

『北海道で修学旅行』 僕は、高校時代、学校では2年生になると修学旅行に行きます。 4泊5日の旅行は、「北海道」で初めての場所です。 この修学旅行で、気持ちがいいえっちをした僕。 旅行3日目の出来事で、 …

高校3年修学旅行の夜。巨乳ビッチへ中出し体験談

高校3年生の修学旅行での話。 友人の少なかった自分は、余り者のような形で特に仲がいいわけでもなかったグループに組み込まれ、憂鬱な気分で旅行に参加する事に。 早くも帰りたくなった初日の夜のこと。 同じグ …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。