えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

修学旅行

好きだったあの子はやりマン女子高生だった

投稿日:2022年3月1日 更新日:

高校生時代、好きな女の子がいました。

彼女は世間一般で言えば不良の部類。

そして自分の仲間からは、『加代子やりマンだから、直ぐにやれちゃうらしいぜ』なんて噂もたつほど。

そんな噂を聞くと腹が立つことが何度もありましたが、自分は純粋に加代子のことが好きでした。

 

〇高校生最後の修学旅行

修学旅行で京都へ行きました。

そして大好きな加代子も一緒です。

自分の部屋は4人部屋。

風呂に入り仲間とマッタリしていたら、『おい、加代子が一人で煙草吸ってるぜ…ナンパされて、やられるの待ってんじゃねぇ―のか』と良彦が言いました。

自分も窓に歩み寄り、加代子の姿を確認します。

すると良彦が、『ちょっと加代子のところ行ってくるわ』と言いました。

自分は慌てて『何しに行くんだよ』と確認すると、『決まってんだろ』と良彦はニヤッと笑い部屋を出て行きます。

その間自分は気になり、自分の部屋からずっと加代子を見ていると、良彦と何やら話をしており、そのまま二人は消えてしまいました。

どうも気になった自分は、加代子と良彦のもとへ向かうことにします。

 

〇彼女はセックスをしていました。

外へ出て、良彦と加代子を探します。

すると、少し奥にある林の中から声が聞こえてきました。

恐る恐る声の方へ近づくと、良彦のサオをフェラする加代子がいました。

ショックです。

しかも美味しそうに良彦のサオをシャブリながら玉袋まで舐めているのが判ります。

良彦のサオがデカくなった頃、彼女は自分から尻を突き出しバックから突っ込まれ喘いでいました。

自分はその光景をみながら、残念ながら勃起しています。

そして良彦の精子を口の中で受止める加代子を目の当たりにします。

やるせない気持ちが沸き上がりました。

良彦はそそくさとその場を離れ加代子一人になった時、自分は加代子のもとへ歩み寄り、『加代子…俺も』と言うと、あっさり『やるの』と言い、木に手を付いて尻をこちらへ向けました。

良彦の後でまだ濡れ濡れマンコに自分のマラを突っ込みます。

何度も腰を振るなか加代子に聞いてみます。

『良彦とどっちがいい?』。

『ハアハア、こっちがいいよ…アン、最高…』と言います。

気分が良くなった自分は、さらに激しく加代子の尻とぶつかり合います。

『パンパンパン』。

そろそろ限界です。

興奮と怒りが混じり合いながら『加代子、さっきみたいに口で受止めろ、いいか』と少し強い口調でいったあと、サオを抜き出し加代子の口へ放り込みます。

今までにない精子の量で、加代子の口からそれがこぼれていました。

友達の噂は本当でした。

悔しいですが、誰とでも寝るやりマン女なら諦めるしかありません。

-修学旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校3年修学旅行の夜。巨乳ビッチへ中出し体験談

高校3年生の修学旅行での話。 友人の少なかった自分は、余り者のような形で特に仲がいいわけでもなかったグループに組み込まれ、憂鬱な気分で旅行に参加する事に。 早くも帰りたくなった初日の夜のこと。 同じグ …

修学旅行にて、濡れっ濡れの女子高生のナカで

『かわいいミキちゃん』 俺は岐阜県のとある高校に通っていた。 そこは良くも悪くも平凡で、偏差値も荒れ具合も普通程度。 しかし俺はそこで、人並みくらいにはかわいい彼女と幸せな高校生活を送れていた。 彼女 …

美少女はフェラがとっても上手かったのです

・子宝神社 高校時代の修学旅行先は山陰地方でした。 縁結びで有名な神社も当然訪れましたが、クラスメイトに一番人気があったのは子宝神社です。 この神社は御神体が男性の逸物で、それに擬した飴が「子宝飴」と …

憧れのJKをハメた修学旅行の思い出。

・初体験は半数以上が済ませているヤンキー高校 俺が通っていた高校は、男も女もヤンチャな奴が多くて、校区でもヤンキー高校という事で有名だった。 ませた奴が多かったので、全体的に見ると高一の時点で半分くら …

女子高の女の子がとてつもなくエロかった件

・俺の仕事 修学旅行ってやつほど面倒なものはない。 修学旅行の引率をするたびに、教師になったことを後悔するんだ。 こっちは眠いのに、いつまでも寝ない生徒ども。 なんで生徒ごときに俺の睡眠時間が削られな …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。