えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

高校生(JK)初体験・初えっち

高2で体験した初Hは最高のHだった。

投稿日:

高校2年生になったとき、中学生の時仲が良かった女子、Aちゃん、Bちゃんそして私の3人組でお茶をして近況報告をすることになった。

しかし、Bちゃんは三人の男の子と一緒にやってきた。

Bちゃんのクラスの男の子で、今日3人で会うことを聞いて一緒に参加したいと言い出し、急遽合コンすることになった。

3人は同じ高校2年生とは思えないほど大人びていてカッコ良かった。

Aちゃんはカラオケに入ると早速狙いを定めるかのようにある男の子の隣に座ってアピールをし始めた。

私の隣には、C君という背の高い大人しめの男の子が座った。

男子とカラオケは初めてだったのでドキドキしっぱなしで、歌ってごまかしていた。

カラオケが終わるとAちゃんは狙っていた男子と2人で帰って行った。

私は流れでC君と帰ることになった。

カラオケ中は話しがあまりできなかったが、帰り道たくさん話をして、意外に話があう人で緊張せずに話せた。

しかも駅に着くまでの間ずっと手をつないでいたのだ。

そして駅に着いて、改札に入るとき、つないでいた手を引き寄せてき気づいたら私たちの唇が重なり合っていた。

つまりキスをしていた。

初キスだった。

同じ高校生なのになんて積極的なんだろう、ドキドキしながら電車に乗って考えていた。

その日から毎日メールのやり取りをし、夜は電話、そして週末はデートと、かなりのリア充だった。

そんなある日、Aちゃんからメールが来た。

「今週末初Hしちゃうかも!」という内容だった。

あの日の合コンでAちゃんも彼氏をゲットしたのだが、ついにホテルにいこう、と誘われたらしい。

Aちゃんの彼氏は大胆だ。

私たちは帰り際のキスがだんだんディープにそして長くなっていっているぐらいだ。

私にとって初彼なのでもちろん処女なのだが、いつもディープなキスにいつの間にか下の方はびちゃびちゃに濡れている。

Aちゃんのメールには「頑張って」と返事をしておいたが、人ごとではなかった。

その週末のデートにカラオケに行ったのだが、彼は歌わずにキスをしてイチャイチャしてくるのだ。

キスだけでは止まらず、ついには服の上からだが胸をもんできた。

そしてスカートの中にも手を入れてきて太ももをなでてきたのだ。

私の心臓はバクバクだったが、冷静を装って、「甘えすぎ」「カメラで誰か見ているよ。」と言った。

彼は私の言葉を無視して、太ももにあった手がそのままパンツにまで伸びてきた。

「やめて」と思わず彼の手をつかんだ。

びちょびちょに濡れていることをばれたくなかったのだ。

しかしそれももう手遅れだった。

彼は私の手をつかみ直し、自分の股間に持っていって、彼のアレをつかませた。

彼のアレはジーパンの中から今にも飛び出てきそうなほど大きくなっていて、カチカチになっていた。

「俺のもこうなってるから、お前だけじゃないから」と言った。

興奮しているのは私だけじゃない、と言いたかったのだろう。

私はクスッと笑って「馬鹿」と言いながら彼のアレをズボンの上からにぎゅっと握ってやった。

彼は「おぉうっ」と切ない声でうれしそうに「ここでよう。」といって手をつないでカラオケを後にして、繁華街にあるホテルに入ろうとした。

私は初めてで、というと、「俺も初めてだから」というのだが、まるでそんなことはないみたいにエレベーターでは今までで一番エロい濃厚なキスをして私のお尻をなで回してきた。

部屋に行ってもそれはとまらず、ドアを閉まる音と同時ぐらいに私たちはベッドになだれ込んだ。

お互い初めてで興奮がマックスだったのだろう。

服を脱がしあい、汗なのかお互いの唾液なのかわからないくらいお互いの体にキスをしまくった。

そして彼の唇が私の下にまでたどり着いた。

それまでお互いのはあ、はあ、はあ、という吐息しか聞こえていなかった部屋に私の「きゃあ」という小さなあえぎ声が聞こえた。

私はされるがままだった。

彼が私のあそこに舌を入れようが、指を入れようが、「あああーーー」「やばいよおおーー」と喘ぐしかなかった。

気持ちがいいのか何なのかもわからなかった。

そしてついに彼は私のアソコにアレをあてがって入れようとした。

私の顔を見ながら、「入れるよ」というのでギュッと目をつぶり覚悟を決め、うなずいた。

興味本位もあったし、彼のことを本当に好きになってきたので、一つになりたい、という思いもあった。

ついにーーー、彼のものはズブズブとゆっくり入ってきた。

痛かったが叫ぶほどでもなかった。

彼は私に覆いかぶさりながら、ゆっくり動いてきた。

そして何度も何度も「大丈夫?」と聞いてくるのです。

私は痛かったからなのかその彼のやさしさが嬉しかったからなのか、いつの間にか泣いていた。

私の中がねっとり濡れてきたのか彼のものの動きがスムーズになってきた。

彼は汗だくになりながら、「きもちいい」と可愛く言うのです。

愛おしすぎて私は下から彼にキスをした。

彼も答えるかのように何度もキスをしながら動いてきた。

それが気持ちよくて、その日はイクことが出来なかったが、人生で最高の日になった。

そして最高のHだと思った。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

女子大生の部屋で誘惑され童貞を卒業した高2の夏

『初めて女友達ができたのは高2』 僕はクラスで目立たない存在で、女子との会話もずっと苦手でした。 仲良く会話している男女を見てはうらやましく思っていたのですが、そんなある日、同じクラスの美香ちゃんが話 …

no image

高校1年の夏、彼女の家で、口で、初体験。

『なれそめ』 高校1年の時の夏の話です。 帰宅部だった僕には同じく帰宅部の彼女がいました。 ショートカットの黒髪で身長は160cm弱ぐらいだったとおもいます。 彼女とは入学して同じクラスで隣の席になり …

no image

高校の同じ部活の彼との初体験は誰もいない部室で…

私が高校生の時、初めて彼が出来ました。 そして私が告白して付き合うことになりました。 そんな彼とは、同じ部活でした。 彼が活躍する姿を見て「かっこいい」と一目ぼれしたのが最初。 それから私は彼から目を …

no image

巨乳同級生とセックス。ムッチリでお尻が大きい高校生

私は高校生の時に剣道部に所属していたのですが、同じく剣道部に所属していた同級生の女の子と2年生の時に初エッチをしました。   ・高校入学の時から仲が良かった彼女 私は高校に入学してすぐに剣道 …

no image

【高校生】女体の神秘!?性欲満点のビッチな彼女

・派手な彼女 学生の頃に、人生で初めて彼女ができました。 相手は、同い年の女の子で、校内でも有名な、派手な性格の人でした。 家が近所で、小さいころによく遊んでいたこともあり、ここへきてまさかの付き合う …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。