えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

私はおしりフェチ?それともパンツマニア?

投稿日:

最高のお尻

私は今年30歳になった会社員男性だ。

30になるまで色んな女の子付き合って、色んなセックスを楽しんできた。

そこでわかったことは自分がおしりフェチだということだ。

もちろん顔が可愛いことにこしたことはない。

でもついつい目が行くのは女の子のお尻だ。

満員電車でスリムなズボンにお尻の形がくっきりして見えると触りたくなる。

自分でいうのもへんだがなかなかの変態だ。

そんな私に最高の彼女がいる。

お尻の形がドンピシャ私好みなのだ。

もともとお尻目当てで付き合ったわけではない。

もしかすると彼女が私をお尻フェチにさせたのかもしれない。

体はそんなに太くないが、細くもない。

でもお尻だけが丸くぽっちゃりしている。

彼女がお尻の形がよくわかるズボンをはいているのを見るとそれだけで興奮してくる。

今日もデートをしていると彼女が本屋に寄った。

そこで白いストレートスリムデニムからはっきりくっきり分かるお尻の形を眺めていると、私の息子が反応してしまった。

そして無意識にお尻を撫でまわしていた。

自分の体で他からは見えないように触っているが公共の場であることがますます興奮させて、ジーンズの中に手を入れてしまった。

それまで許していた彼女もさっと身をかわして反応した。

それでも私は彼女の腰をつかみ私の方に寄せ、私の息子の状態を分からせるために下半身ぴったり体を密着させてた。

そして彼女の耳元で「パンツを早く見たい」とささやいた。

それだけで彼女も濡れてくることを知っている。

私は本棚の奥の方に彼女を導いて後ろからジーンズに手を入れてお尻を生で撫でまわした。

彼女も興奮して、「はあ、はあ、」と息が上がっている。

私は彼女のお尻を撫でまわしお尻に息子を密着させているだけでイキそうになる。

私たち二人は我慢できず、車に戻って急いでホテルに向かった。

やはりゆっくり彼女のお尻が見たい。

 

『パンツに目覚める』

ホテルに着くとお互いの唇を貪りあい、私はお尻を撫でまわしながら服を脱がしあう。

いつものパターンだ。

しかしふと彼女のパンツに目が入った。

すごくシンプルなフリルやら何もない無地でピンク色のパンツだ。

秘部は濡れていたので少し染みになっている。

それを見ながら、「パンツを脱がないで後ろを見て」と頼んだ。

そしてパンツの両端をぐっとつかみ食い込ませてみた。

まるでティーバックのようにしてみたのだ。

それをみて今更ながらまたさらに興奮してきたので何も言わずパンツの端から突っ込んだ。

彼女は初めてのことでびっくりしていたがパンツがクリトリスに擦れて喜んでいた。

パンツはますますビチョビチョになっていく。

私はお尻とパンツを撫でては腰をつかんでマックスで腰を振った。

二人が果てたときにはパンツはグッチョグッチョだった。

彼女は怒っていた。

でも私は新しい発見をした。

パンツマニアのように彼女に色んなタイプのパンツをプレゼントをしてパンツをつけたままのプレイを楽しんだのだ。

セクシーな紐パンツ、ティーバックは、はいてきた。

と言われただけで興奮したし、ブルマのような子供がはくようなふんわり大きめのパンツも可愛くてつけたままのプレイは楽しかった。

彼女も私がプレゼントしたパンツ以外に、超セクシーなスケスケで大切な場所だけをが見えないようになっているパンツや、ふわふわの鳥の羽が付いたパンツをはいてきたりして私を驚かせ喜ばせてくれた。

私は今日はどんなパンツをはいているのだろうと想像し興奮してよりセックスを楽しむことができている。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初めて彼氏にOバックパンツを履かされた時

・Oバックパンツ? 交際している彼氏が、クリスマスプレゼントに下着をくれました。 どんな下着だろうとワクワクしながら開けると、見た事もないパンツが入っていました。 「これって、何かの冗談?」 「冗談な …

no image

恋心を抱く少女のパンツに興奮しました。

俺に恋心を抱く小学生の女の子がいる。 初めは適当にあしらっていたが、その子のパンツを見た日から、俺の気持ちが高ぶりだした。   〇俺に恋心を抱く少女との出会い 俺は大学2年生の20歳。 地方 …

no image

思春期のえっちな「パンチラご褒美」の思い出

『遅刻魔な俺と優等生な彼女』 地元の中学では、俺は遅刻魔として知られていた。 もうあまり学生のいなくなったケヤキ並木を駆け抜け、時間ギリギリに校門に滑り込むのが日常茶飯事。 一方彼女は遅刻をしたことが …

no image

クラスの真面目娘のパンチラは丸出しドエロパンツ

・台風の日 その日、台風が近付いているとかで、朝から風が強かった。 「おはよう」 振り向くと、挨拶の主は同じクラスの広瀬さんだった。 広瀬さんは、ギャルっぽい女子の真逆という感じで、ちょっと野暮ったく …

no image

パンツラインをストーカーした男の末路

オレは街ゆく女性のパンチラが大好きである。 たまにソレ目的にのみ外出するなんてこともよくある話だ。 なんとも言えないロマンを感じてしまうのだ。 それに女性の方もそういう視線を楽しもうって腹積もりの人も …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。