えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

ノーパンデートは緊張感が半端じゃない

投稿日:2022年8月10日 更新日:

・マンネリ化

長く付き合っていると、やっぱりちょっとマンネリ化してくるじゃないですか。

最初のころは、ちょっとしたことで興奮できるのに・・。

新発見っていうんですかね、例えば、オヘソの横にホクロがあるのを見つけたり、意外と腹筋がたくましかったり、なで肩のラインが女性っぽくてキュンときたり、うなじがやたらとセクシーだったり、セックスの最中に耳が赤くなるのが可愛かったり、アソコの毛が思っていた以上に剛毛だったり、乳輪が思っていた以上に大きかったり・・。

付き合い始めのころは、毎日のように小さな新発見があって、その新発見が不思議と興奮につながるんですよね。

でも付き合いが長くなっていくと、新発見がなくなって、新鮮さを伴った興奮が得られなくなってきます。

 

・新しいことに挑戦

何か新しい興奮を得るためには、新しいことに挑戦する必要があるわけです。

そこで、ちょっとマニアックなプレイを試みるようになります。

例えば、卑猥なコスチュームを購入したり、大人のおもちゃを購入したり、アダルトDVDのプレイをまねてみたり・・。

そんななか、かなり興奮度の高かったプレイがあります。

それは、ノーパンデートです。

これがなかなか新鮮で、非常に複雑な心境の中デートが進行していきます。

ノーパンデートの肝は、見られるかもしれないという、デンジャラスな環境です。

なので、ノーパンでジーンズなんかはいても何の意味もありません。

これでは絶対に周りに見られる心配がありませんからね。

やっぱり、スカート、それも結構危うい長さのスカートをはく必要があります。

具体的には、膝上20センチで、この長さは、普通に歩いている分には見えませんが、ふとした拍子に見えてしまう、危うさを内包しています。

 

・初心に帰って

実際、駅の階段を上がっているときに、ふと後ろにいる男性の視線が気になってみてみると・・。

思いっきり覗かれていました。

男性もびっくりしたでしょうね。

まさか目の前にむっちむちの女性がノーパンで階段を上がっているわけですから。

彼氏の私としては、いつまで見てんだよ!というイライラの気持ちと、何とも言えない満足感とが渦巻いています。

で、階段を登り切った後、サービスとばかりに、彼女のバランスを崩させて、前かがみにさせると・・。

ノーパンのアソコが丸見えになり、男性は目が点状態に。

秩序のない異世界なら、おそらくその場で、犯されてたでしょうね。

ムッチムチのふとももと、お尻と、その間から見えるスッと線の入った、生々しいアソコ(彼女は色白で、アソコはドピンク)。

屋外でこんな光景を見ることはまずありません。

現実世界でも、そんなシーンに出くわしたら、襲われる可能性は大です。

というか、そんな恰好で歩いている方に問題ありなのです。

襲われてしまったら、こちら側に原因があるのは明白で、その時は、男性の意思を素直に尊重しましょう。

とまあ、そんなこんなで、ノーパンデートが続くわけですが、この時の私のアソコはギンギンに勃起しています。

理由は、彼女が、周りの目を気にしながら、恥ずかしそうにしている姿がすごく可愛いからです。

これは、付き合い始めた当初に感じていた新鮮さであり、帰宅後には初心に帰って、心から彼女を愛することができるのでした。

マンネリ化して喧嘩も多くなっていたけど、ノーパンデートのおかげで、また一段高い関係性にステップアップできた気がします。

 

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

SNSでパンツを売ってしまった女子大生の私

告白します。 私は、使用済みの下着を、見ず知らずの他人に売ったことがあります。   『そういうことに興味があって……』 高校を卒業して、大学生になったばかりの頃のことです。 引っ込み思案な私 …

セフレに隠れてパンツでシコシコしちゃいました。

『とにかくセフレのパンツがエロ過ぎ』 私はいつものようにセフレとあってはセックスを楽しんでいたのですが、実はセックスもいいけどその彼女が付けているパンツに興味があったのです。 毎回、色んな下着で現れる …

セフレとパンツを履いたままHをした体験談

私は過去にセフレがいた体験があります。 では、その体験談を紹介したいと思います。 当時私は25歳、セフレの彼は30歳でした。 行きつけのバーで知り合った男性でした。 そのセフレの彼はパンツがすごく興奮 …

ボインなお姉さんと水色のパンツと下着ドロ

『DO』 どの地域にも、一人か二人くらいはヤバいおっさん(おばさん)がいるものです。 そして私が中学時代を過ごした地域には「DO」と呼ばれるヤバいおっさんがいました。 DOとは泥棒おじさんの略。 それ …

パンツ売りの少女を出会い系サイトで発見!

【出会い系サイト】 俺は彼女がいない時、よく性欲発散のために出会い系サイトで割り切りエッチをしていました。 「割り切りとは」素人女性と性交する対価としてお金を支払う事、つまり「売春行為」のことです。 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。