えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

エッチな高校生の私。生中出しや外でノーパンになる

投稿日:

これは私が18歳の時のお話です。

あの頃、私は4歳年上の彼氏と付き合っていました。

その頃の私はというと、えっちなことに興味津々、どんな事でもやってみたいと思って生きていました。

その彼氏と付き合ってから、ゴム無しでの生セックスや中だし、通話オナニーなど様々な経験をしていました。

もちろんその時の彼氏が私にとっての初彼氏だったのでそういった行為は初めてすることでした。

もともとえっちな事に興味津々だった私はどんどんと過激な事を求めていってしまいました。

ある日、次会うのは〇〇日だねと彼と約束をし、その約束をした日に必ずパンツを履かずにノーパンで来てねと言われてしまいました。

それまでしてきたえっちなことと言えば彼と私の2人っきりの空間でのみのえっちな事だったので、初めて誰かのいる空間で自分だけノーパンというえっちな状況をしなければいけないということに躊躇いと期待が入り交じつた気持ちになりました。

約束の日が来るまで、本当にノーパンで行ってもいいのか?

からかわれているだけなのでは?

といった不安や、もし痴漢にあってノーパンで電車に乗るえっちな子だとバレちゃったらどうしよう…

などといった期待でどうしたらいいのか分からなくなっていました。

約束の日、彼からLINEが届きました。

「今日の約束ちゃんと覚えてる?」

私は連絡を見て彼は本気でノーパンで会いに来て欲しいと思っているんだなと確信しました。

私も彼の気持ちに答えなくては、と。

人生で初めてノーパンで外に出ました。

心做しか股の間がスースーする気がする。

そんな気持ちでした。

この空間で自分だけが自分がノーパンであると分かっている。

そう思うと自分のことがとてもえっちな人間なんだと分かり、なんだか興奮してきちゃいました。

バスに乗っている間、少しお股を椅子に擦り付けてみたりしていました。

彼に会いに行くためには、まずバスに乗り、その次に地下鉄に乗らなくては行けませんでした。

バスを降り、地下鉄に乗る前にトイレに寄りました。

トイレの個室の中で自分のお股を触ってみました。

いつも1人でする時より濡れていました。

彼に会う前に少しだけ、少しだけ触っちゃおうかななんて思って私はクリを弄り始めました。

実を言うと、公共のトイレでえっちな事をするのは初めてでした。

誰かに聞かれるかもしれないなんて思いながらすこし期待を胸に馳せて指先から伝わってくる快楽に身を任せました。

イク手前になって彼とのもう1つの約束を思い出しました。

次会う時までイクのは禁止。

前回会った時にそう言われていたのです。

そうだ、まだイっちゃいけないんだ。

そう思い出した私はイきたくてイきたくて堪らない状態で何とか我慢をし、愛液を拭き取りトイレを後にしました。

地下鉄に乗り、その時間帯は人が少ない時間帯だったので、座ることが出来ました。

周りには人が数人離れた所に座っていました。

さっきトイレでクリを弄ったせいで中途半端に勃起していて腰を少し動かすだけで座席に擦れもどかしい気持ちになっていました。

あと少し、あと少しの我慢でイかせてもらえると思い、少しだけ甘い快楽を感じながら目的地に着くのでした。

彼に会った時には私の秘部はどろどろでした。

彼に会うなりすぐにホテルに行こうと誘い、その後はお互い今まで我慢していた分を発散するように無我夢中で快楽を貪りました。

以上が私が18歳の時に体験したえっちなパンツのお話でした。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

私がパンツフェチな同僚とHをして最高だった体験談

私のパンツに関するエッチな体験談を紹介します。   ●Hな流れになった理由 私は職場の同僚とたまたまパンツの話になりました。 私自身つねにTバックのパンツを履いているということをカミングアウ …

no image

エロいパンツを履いた彼女をクリスマスに抱いた

・エロいパンツは興奮する 僕は女性にはエロいランジェリーを着てもらいたいと思っている。 やっぱりダサい下着よりもエロスを感じるパンツを履いた女性の方が魅力的だ。 彼女の服を脱がせた時にいやらしいパンツ …

no image

パンツを履いたままのセックスでイけるようになった

『パンツフェチ』 私は30代の主婦で、2つ年上の主人がいるのですが、主人は私のパンツ姿が大好きと言ってくれる。 私自身もランジェリーには拘る方で、主人の好みに合わせてセックスをするときは、ランジェリー …

no image

パンツは使用済みじゃないと意味(価値)がない

・パンツの香り 女性の下着には、何とも言えない、独特なオーラが漂っています。 下着といっても色々ありますが、個人的にはパンツが一番好きですね。 ブラとか、ストッキングとか、あとは靴下とか、ああいうのは …

no image

JKや20代のパンツに顔を突っ込んだ時の匂い

・顔を突っ込みパンツにすりすり 自慢じゃないが、俺は女性の股間に顔を突っ込んで、パンツにすりすりするのが大好きだ。 自慢というよりただの変態だな。 だが、変態ではあるが、顔を突っ込んだパンツはみんなそ …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。