えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

エッチな高校生の私。生中出しや外でノーパンになる

投稿日:2022年8月3日 更新日:

これは私が18歳の時のお話です。

あの頃、私は4歳年上の彼氏と付き合っていました。

その頃の私はというと、えっちなことに興味津々、どんな事でもやってみたいと思って生きていました。

その彼氏と付き合ってから、ゴム無しでの生セックスや中だし、通話オナニーなど様々な経験をしていました。

もちろんその時の彼氏が私にとっての初彼氏だったのでそういった行為は初めてすることでした。

もともとえっちな事に興味津々だった私はどんどんと過激な事を求めていってしまいました。

ある日、次会うのは〇〇日だねと彼と約束をし、その約束をした日に必ずパンツを履かずにノーパンで来てねと言われてしまいました。

それまでしてきたえっちなことと言えば彼と私の2人っきりの空間でのみのえっちな事だったので、初めて誰かのいる空間で自分だけノーパンというえっちな状況をしなければいけないということに躊躇いと期待が入り交じつた気持ちになりました。

約束の日が来るまで、本当にノーパンで行ってもいいのか?

からかわれているだけなのでは?

といった不安や、もし痴漢にあってノーパンで電車に乗るえっちな子だとバレちゃったらどうしよう…

などといった期待でどうしたらいいのか分からなくなっていました。

約束の日、彼からLINEが届きました。

「今日の約束ちゃんと覚えてる?」

私は連絡を見て彼は本気でノーパンで会いに来て欲しいと思っているんだなと確信しました。

私も彼の気持ちに答えなくては、と。

人生で初めてノーパンで外に出ました。

心做しか股の間がスースーする気がする。

そんな気持ちでした。

この空間で自分だけが自分がノーパンであると分かっている。

そう思うと自分のことがとてもえっちな人間なんだと分かり、なんだか興奮してきちゃいました。

バスに乗っている間、少しお股を椅子に擦り付けてみたりしていました。

彼に会いに行くためには、まずバスに乗り、その次に地下鉄に乗らなくては行けませんでした。

バスを降り、地下鉄に乗る前にトイレに寄りました。

トイレの個室の中で自分のお股を触ってみました。

いつも1人でする時より濡れていました。

彼に会う前に少しだけ、少しだけ触っちゃおうかななんて思って私はクリを弄り始めました。

実を言うと、公共のトイレでえっちな事をするのは初めてでした。

誰かに聞かれるかもしれないなんて思いながらすこし期待を胸に馳せて指先から伝わってくる快楽に身を任せました。

イク手前になって彼とのもう1つの約束を思い出しました。

次会う時までイクのは禁止。

前回会った時にそう言われていたのです。

そうだ、まだイっちゃいけないんだ。

そう思い出した私はイきたくてイきたくて堪らない状態で何とか我慢をし、愛液を拭き取りトイレを後にしました。

地下鉄に乗り、その時間帯は人が少ない時間帯だったので、座ることが出来ました。

周りには人が数人離れた所に座っていました。

さっきトイレでクリを弄ったせいで中途半端に勃起していて腰を少し動かすだけで座席に擦れもどかしい気持ちになっていました。

あと少し、あと少しの我慢でイかせてもらえると思い、少しだけ甘い快楽を感じながら目的地に着くのでした。

彼に会った時には私の秘部はどろどろでした。

彼に会うなりすぐにホテルに行こうと誘い、その後はお互い今まで我慢していた分を発散するように無我夢中で快楽を貪りました。

以上が私が18歳の時に体験したえっちなパンツのお話でした。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

男はどうしてパンツに興奮するのだろうか?

パンツの興奮ポイントというのはどこでしょう? 性癖次第で色々な声があると思いますが、おそらく一番多いのは「見えた瞬間のラッキーな気分」なのです。 「は?」と思った女性の皆さん、ええ、男は馬鹿な生き物で …

クラスに響く女子高生の悲鳴!隠せパンツとブラ!

『昔、Amaz●nで、こっそり……』 もうだいぶ昔のことだ。 俺はAmaz●nで女物のパンツを買ったことがある。 その時俺は男子高校生だったから、普通に考えればおかしい話だ。 しかし俺は思い切ってそう …

女性の履く至高のパンツはTバックである!

「パンツとは?」 パンツは男女共に必要なものだと思います。 パンツを履かないで、ズボンを履いたら、落ち着かないし、女性はスカートの人が多いと思います。 当然、パンツを履かないと大変なことになります。 …

禁欲生活の後の彼女のパンツの匂いがたまらない

・傷つく一言 学生時代に付き合っていた彼女に、漫画やドラマのようなセリフを言われたことがあります。 それは、「私の体が目的だったの?」です。 いや、そりゃまあ、それもあるし、他にもあるし・・。 20代 …

甥っ子のパンツのシミの秘密に私は我慢できず…

・謎のシミ 「一体、何かしら?」 甥のパンツを洗濯しようとして私は首をひねりました。 先日離婚したばかりの私は実家に戻って来ています。 いわゆる「出戻り」です。 共働きの兄夫婦の代わりに家事は私がして …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。