えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

調教・SM

Sっ気のある彼にあんなことやこんなことをされて…

投稿日:2022年8月2日 更新日:

・職場の先輩と

私が途中入社した会社には、私より2歳年下の社長の息子が働いていました。

しばらくの間は仕事に慣れるのに必死で恋愛どころではありませんでしたが、数ヶ月がたちだんだん社長の息子を意識するようになりました。

ぶっちゃけ容姿が私のタイプだったこともありますが、ユーモアのセンスもあり笑いのツボも共通していると感じていました。

私よりも若いとはいえ社長の息子であり取締役の役職もついていたため、私にとっては先輩でもあり上司でもありました。

でも偉ぶらないところに好感がもてました。

 

・初めて飲みに行った日

彼、J君は私を何度か飲みに誘ってくれていました。

しかしこれ以上距離を縮めることに抵抗があり、いつも理由をつけて断っていました。

そしてついに私は根負けをして誘いに応じることにしました。

もしかするとこの段階でJ君は私の好意に感づいていたのかもしれません。

初めてJ君と飲みに行った日、私は酔いも手伝って「まだ帰りたくない」と駄々をこねていました。

でもJ君もそんな私を見て満更でもなさそうでした。

駄々をこねる私にJ君は、そっと手を引いて暗がりに連れていきました。

辺りは真っ暗で人の気配もありません。

するとJ君は突然私を抱き締めるとキスをしてきました。

突然のことに私は驚きながらも嬉しくなって必死に彼に応えていました。

徐々にキスが激しくなっていき、J君の舌が私の口内で暴れまわりました。

そして彼は私を塀に押しつけるとスカートを捲りあげ、ショーツの中に手を突っ込んできました。

まさかこんな展開は想像していなかったので、私は慌ててしまいました。

「こんな外で恥ずかしい…」でもその羞恥心が私の中心を濡らすのです。

「すごい…こんなになってる」と意地悪そうに私の目を覗き込みながら囁くJ君はとても楽しそうでした。

この日はここまでで終わりましたが、そう遠くないうちにまた進展があるだろうな、という漠然とした予感がありました。

 

・カラオケボックスで

私の予想通り、それ以後も私たちは頻繁に飲みに行くようになりました。

飲んだ後にはカラオケボックスに向かうのがいつものパターンでした。

私は密室でJ君と二人きりになれることに満足していました。

最初の30分程度はカラオケボックスの本来の使い方をするのですが、私の目的はその後でした。

J君の膝にまたがり、アソコを責められながらディープキスをするとどんどんと愛液が溢れだしました。

J君は私をクンニでイカせるのも大好きで、私が限界を迎えてヒィヒィ悲鳴をあげているのを嬉しそうに眺めていました。

またちょっと変わった嗜好をもっていて、私の上に馬乗りになると口をこじ開けて自分の唾液を飲ませるのが習慣でした。

しかし不思議なことにカラオケボックスで挿入に至ることはありませんでした。

 

・初めてのホテル

程なくして私たちは初めてラブホに行きました。

「今日はカラオケボックスじゃないんだ…」と内心期待している私がいました。

実はなんとなく予想はしていましたが、J君にはかなりのSっ気がありました。

彼は私に目隠しをして両手を拘束した上で、ガンガンと突き上げるやり方が好きでした。

そして私もそれが嫌ではなく、普通の挿入よりも濡れるようになりました。

そう、私の体はJ君によって開発されてしまったのです。

-調教・SM
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

女上司に射精管理されて専用の肉バイブになった話

女上司のスペック さつきさん(28歳) キツめの顔の美人という感じ。 顔に似合わず性格もキツいが仕事は出来てエリートコースを進んでいる。 直属の上司て良く叱られたりしている。 スーツの上からでもはっき …

調教され、女子大生の時にスカトロプレイを初体験

私にはとても人には言えない過去があります。 その時はそれが自分にとってベストなことで、その事が正しいと思っていたので、全てを心の底から受けれて生活をしていました。 その後、段々と体も心の精神も成長して …

ダンディーなおじさまとの調教生活

□彼との出会い□ 私には現在、24歳も年上の彼がいます。 彼は既婚者で妻子ありの男性です。 彼との出会いは、とあるカフェの常連同士という関係で知り合いました。 私は福岡県で生活をしているのですが、当時 …

夜の街の痴女姉妹に調教された僕の運命は‥‥

『痴女姉妹との出会い』 僕が痴女姉妹と出会ったのは、今から一年ほど前。 たまたま会社の先輩社員に連れられて足を運んだスナックが、やたらドスケベなお店で、見た目的には「超」がつくほどの美人姉妹が経営して …

婚姻届けは奴隷契約書だった 調教されて性奴隷になった妻

「じゃあ、会社に行ってくるよ。今日もいい子にしてるんだよ」 毎朝、玄関を出て行く時に夫が優しい声をかけてきます。 声だけ聞けば、新婚家庭の優しい夫。 家の中には幸せな妻がいると思うでしょう。 でも実際 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。