えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

えっちしたい!年頃のお姉ちゃんと弟

投稿日:2022年6月4日 更新日:

『お姉ちゃんのオナニーを見ちゃった』

ぼくがまだ中学生の頃。

すぐ隣の部屋で、3歳年上のお姉ちゃんがオナニーに耽っているのを見たことがある。

「あーんあん」なんて、いやらしい声をあげながら、ベッドの上でもだえているお姉ちゃん。

手には何かを持っていて、それを大事な部分に挿入しているように見えた。

えっ、だけど、それって、ぼくが修学旅行のお土産で買ってきたこけし(?)だったりして。

いや、まさかな。

いくらなんでも、こけしなんかで、あんなに気持ちよくなるとは思えないし。

でも、お姉ちゃんのあえぎ声は、なんとも色っぽい。

あれ、よく見ると、こけしの頭の部分が濡れているようにも見える。

お姉ちゃんの部屋の扉をあけて、そーっとのぞいているぼくのおちんちんが急激に勃起してくるのがわかった。

ああ、お姉ちゃんの部屋から感じる女の匂い。

女の体‥‥。

 

『お姉ちゃんの裸を思い浮かべながらのマスターベーション』

やがてぼく自身、自分の部屋でマスターベーションに耽るようになった。

えっちの対象は、もちろんお姉ちゃん。

じっと目を閉じて、お姉ちゃんの裸を想像しながら、自分で自分のあそこをしごくのだ。

しこしこしこしこ。

頭の中でエロいことを考えながら、手を動かしているうちに、白くべとべととした液体がてのひらの中に広がる。

あああ、いい気持ち。

できることなら、ぼくはいつかほんとにお姉ちゃんとセックスがしたいという衝動に駆られていた。

 

『お姉ちゃんとのセックスが叶った』

お姉ちゃんとのセックス。

いわゆる近親相姦というやつが叶ったのは、それから半年ほど経ってからだった。

いつものようにぼくがお姉ちゃんのオナニーをのぞき込んでいるとき、頭がくらっとして、思わずドアにぶつかってしまい、ぼくがお姉ちゃんの部屋をのぞいていることがばれたのだ。

お姉ちゃんは「なんなの!? 何見てんの」といい、ぼくに食ってかかってきたが、そのうちあきらめたような表情を浮かべて「いいわ。だったら、こっちへきて」といって、ぼくを部屋の中へ招き入れてくれた。

ぼくはベッドの上でお姉ちゃんに抱かれた。

お姉ちゃんは「あなたのことを男にしてあげる」といい、ぼくのおちんちんを穴の中へ導くと、「さぁ、いいよ」といって、ぼくに腰を振るように命じた。

えっ、うそ、お姉ちゃん。

ぼくは無我夢中で腰を振り、あっという間に頂点に達した。

あああ。ぼくはいい知れぬ達成感に駆られた。

ついにお姉ちゃんと、えっちを通じて結ばれたのだ。

 

『お姉ちゃんは、ぼくの心の恋人』

それからというもの、ぼくは毎日のようにお姉ちゃんの部屋へ忍び込み、お姉ちゃんとのセックスに燃えた。

弟のぼくがいうのも変だが、お姉ちゃんはかなり美人で、なんともエロいところがあった。

お姉ちゃんのおっぱいにしゃぶりつきながら、ぼくのあそこをお姉ちゃんの大事な穴の中へ入れているときが、ぼく史上最高の悦びだった。

今やお姉ちゃんは、ぼくのかけがえのない心の恋人だった。

お姉ちゃん、お姉ちゃん。

ぼくは今夜もお姉ちゃんのやわらかな裸体を求めて、お姉ちゃんの部屋へと忍び込む。

ぼくのことを「かわいい」といい、やさしく迎え入れてくれるお姉ちゃんは、まさにぼくの宝ものだった。

お姉ちゃん、ジュテーム。

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

オナニーの快感を覚えたのは中学生の時。イク感覚は分からずに

中学生時代 はじめてのオナニーは中学校のときです。 最初は抱き枕をただひたすらに擦り付けていました。 ただそれがいけないことなのか良いことなのか分からずやっているときは気持ちいいという感覚だけでハマっ …

小学6年生の不思議な感覚。射精をした初自慰行為

【1.自己紹介】 私は20代の男です。 初めて私が自慰行為をしたのは小学校6年生の時でした。 今思えばもしかしたら他の人よりも早い時期だったかもしれませんが、私はそれまで他の人と比べて性に対してませて …

初めてのオナニー。中学生の私を女にしたのはAVだった

・自慰という言葉を意識した時 私がまだ中学生の頃に、いわゆる性教育を受けました。 ですが、男女の性行為に関する知識は曖昧で、具体的なことは何もわかりませんでした。 クラスのあちこちでは、セックスに関す …

好きな子とお家デート。そして初めての自慰

・彼女へデートの誘い 中学二年の頃。 僕は、その後付き合うこととなる彼女とお家デートをしていた。 ある土曜日。 偶然、僕は留守番することになり、せっかくだからと彼女を呼んだ。 承諾してくれるか自信はな …

小学生ながら友達の姉のシミ付きパンティでパンコキ

1.友達の姉の巨乳おっぱいと剛毛マン毛 俺の家と友達の家は家族ぐるみの付き合いで、両親が仕事で遅い時はいつも友達の家に行き、友達の姉(ケイコ)が晩御飯を作ってくれていた。 時刻は夕方6時、その日も少し …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。