えっちな体験談

お店の中でお客さんがいるなかバイトの女の子とセックス

投稿日:2018年2月14日 更新日:

これは僕が飲食店の店長として働いていたときの話です。

なかなかスリルのあるえっちな体験でした。

 

・バイトに可愛い子が入ってきた

その飲食店で一般社員は店長としての僕と、調理担当の人が二人ほどで、あとのホールスタッフはバイトでまかなうというスタイルでした。

あるとき長く続けてくれたバイトが辞めなくてはならなくなり、新しいバイトの子を募集していたところに入ってきた女の子がおりまして。

その子が後にえっちな体験をする相手の女性です。

その彼女は見た目からしても本当に可愛くて胸も大きいことが服の上からでもわかりました。

料理の男性社員もその子の胸ばかり見ているくらいで、やはり男の僕としても性欲をかきたてられます。

まあしかし入ってきたばかりの子にイキナリ手を出すのは良くないので、とりあえずしっかりと仕事の教育をしていたのです。

最初は彼女も緊張していましたが、だんだんと慣れてきてくれて仲も良くなってきました。

 

・彼女との心も体も距離が近くなる

その彼女は週に三回ほどの出勤でした。

最初は11時くらいで退勤させていたのですが、慣れてきて仕事もできるようになってくると結局は最後まで残すことも増えてきまして。

その状態になったことがエッチ体験に繋がるのです。

 

仕事もラストまで残すようになると、たまにはご飯でも食べに行ってから帰るなんてことも増えてきました。

彼女は頑張ってくれていたので、正直他のバイトに比べてひいきしていたということもありますが。

そうやってプライベートも一緒にいる時間が増えてくると、お店で働いているときも特別な感情が出てくるものです。

誰も見ていないようなところでは僕が頭をなでなでしてあげたり肩を揉んでもらったりと、スキンシップも増えてきたのです。

正直に言いますと、僕は彼女を抱きたいと思っていましたし、彼女も僕に好意を持っているのが解っていました。

それもあって、僕らの行為はエスカレートしていき、ついに行動に移したのです。

・お客さんがいるなかでのえっち

とある営業の時でした。

僕らの店は料理のラストオーダーが終わると調理場の方達は後片付けをして先に帰ってしまいます。

その日もいつものように帰っていったのですが、フロアにはまだお客様もいましたので、僕と彼女でお客様が帰るのを待っていました。

しかし話に花が咲いていてなかなか帰らずです。

そこて僕らは疲れたから個室で休んでようと提案して、二人用の個室に座っていました。

二人きりでくつろいでいながらも僕は彼女の頭をなでなでしていて、彼女もそれに甘えてきます。

 

僕は我慢していたものを少しずつ出していくことになったのです。

彼女が僕に好意を持っていることを知っていることが強みで、彼女にキスをしました。

突然のことで彼女は驚いていましたが、それでも強引に僕は彼女を抱き締めてキスをして舌も入れたのです。

「店長、ダメですよ。お客さんいるし」

そうです、隣の部屋にはまだお客さんがいるのです。

だからこそ僕の気持ちは彼女をここで抱きたかったのです。

なんとか僕の動きを制しようと彼女も頑張りましたが、僕はそれでも強引にもう一度キスをして、同時に彼女のふくよかな胸も揉んでいました。

「あ、店長…だめぇ」

彼女から悩ましい声がこぼれてきて僕は興奮が止まりません。

そんななかで僕は彼女の耳元で「そんな声出したら聞こえちゃうよ」と囁きながら耳を舐めていました。

 

言葉攻めでますますお互いの興奮度が高まって、彼女のシャツをまくりあげてブラを外し、乳首をなめます。

さらにはパンツの中にも手を入れて、手マンもしました。

彼女は声を我慢しながらも、でもこらえきれずにもれてしまいます。

「こんなにヌルヌルになっちゃって。興奮しすぎじゃないの。エロすぎだね」

僕はそれでも容赦せずに言葉攻めも止めませんでした。

そして彼女のクリを刺激し続けていたら、彼女はついにイッてしまいました。

「店長、ごめんなさい。イッちゃった」

その言葉がまた可愛くて、僕は抱き締めてあげたのです。

 

そこでタイミングよくお客様も帰ることになり、本当に二人きりとなった僕らはお座敷の席に移動して思う存分えっちしました。

僕の大きくなっているモノを挿入して、気持ちよさも絶頂に達した僕らはもう思う存分に声を出しまくりました。

個室でプレイしているときに我慢していたものを解放して、もう完全にオスとメスです。

「店長…、またイッちゃいます!」

もうその声と反応で僕もマックスまで興奮して最後は同時にイきました。

 

まさかの自分の職場を愛の巣にしてしまいましたが、それはとても気持ちよいしスリルがあって良かったです。

ただ後で思ったのが、個室でプレイしているときに本当にお客様に聞こえてなかったのかということが心配になりました。

しかしそれでも懲りてない僕らは、たまにお店の中でのえっちを楽しむようになってしまいまして。

そうしているうちに彼女もえっちにも慣れてきたのか、ここぞというときに勝負下着を着けてくるようになりました。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

若気の至りでバイト先の店長と中出しセックス。不倫関係に…

【バイト先の店長に憧れて…】 私が大学1回生、19歳の時の話です。 学費の足しにするため、授業のない時間はファミレスのアルバイトに力を入れていました。 特に深夜は時給が良いので、閉店作業のシフトにも率 …

no image

7歳下の同僚(処女)と肉体関係になった不倫の話

15年前の話になりますが、私は妻子がいながら、一度だけ不倫をしたことがあります。 その時の話をここで書いてみたいと思います。   私は大学を卒業してからずっと学習塾講師として国語を教えている …

no image

20代の若い男性に寄ってたかって犯されて悦ぶ私

結婚して16年、43歳の専業主婦です。 家族は夫と中学3年の息子の3人ですが、夫は3年前から中東に赴任し、帰国するのはお正月だけです。 国立の某女子大を卒業した後、いわゆる大企業に入社し、そこで知り合 …

no image

実録、変態彼女との忘れられない変態行為の数々

ドMな要求の数々 これは、出会い系サイトで知り合った彼女との変態すぎる体験談である。 彼女の名前はちひろ、カフェで働いている24歳のどこにでもいる女の子だ、彼女との出会いは出会い系サイトで、会ったその …

no image

セックスレスの人妻に声をかけ週に1回中だしセックス

私は28歳の男性会社員です。 近所にあるよく行くスーパーで、そこで働いていた女性に思い切って声を掛けたことから始まった体験談をご紹介します。   ・出会いと接触 私が仕事帰りに、夕食のお惣菜 …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao