えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

あの春、僕が、この麗しの右手と親友になった夜

投稿日:2022年5月24日 更新日:

・『序章』

あの日、ぼくはまだ知らなかった。

毎晩、床に入ると、とたんに下半身にこみあげてくる、このむず痒くなるような衝動が何であるかを…。

きっかけは些細なことだったのだと思うが、今となってはよく覚えていないし、思い出す気にもなれない。

そんなことよりも、もっと夢中になれること、精神を没頭できることがあるじゃないか。

 

・『その夜』

そう、あれは中学校にあがって間もない、春の夜のこと。

思春期特有の成長痛に見舞われ、横になるだけでもイヤな痛みと違和感が付きまとう。

いや、違和感といえば、本当はもっと別の場所にあったのに、無自覚的にごまかそうとしていただけなのかもしれない。

それというのも、ここ最近、夜になると下半身のあたりに妙な感覚が走り、気になって寝つきが悪いのだ。

妙な感覚、否、むしろそれは「疼き」と表現した方が良いかもしれない。

夜ごとに襲い来る未知なる感覚に耐えがたいものを感じた僕は、ついに新たな扉を開ける決心をする。

決して誰が教えてくれたわけではないけれど、そうすべきなのだと本能が察知していたのだ。

 

・『こすりつけてみたら…』

布団の中で身体を横たえながら、僕はズボンとパンツを膝のあたりまで下す。

そうして、最近急に大きくなったように感じる右掌で、「それ」をなでてみる。

「それ」はすでに猛り狂ったようにパンパンに肥大していて、僕の掌がこすれた拍子に、狂おしいほど強く、そしてカタく反り返る。

僕は試みに、「それ」を掛布団でやさしく包み込んでみる。

右掌でこすれた時とは違い、ザラリとした繊維のこすれる感触が、さらなる刺激を増幅していく。

こうなると、もう本能の赴くままに任せるしかない。

僕は腰を前後に動かし、「それ」が布団の生地とこすれる感触を堪能する。

徐々に加速されていく、腰の動き…。

「それ」が激しくこすれるほどに、これまでに味わったことのない興奮が、連続的にこみあげてくる。

僕の動きはますます煽情的になり、息遣いも激しくなっていく…。

ヤバイっ、そう思いながら、僕は音が漏れないよう必死で息を押し殺そうと意識を集中させる。

 

・『こすってみたら…』

しばらくその行為に没頭していると、なぜかだんだんと刺激が弱くなっていることに気づく。

どうやら、激しく動いたことによって滲み出した僕の汗が、「それ」を包んでいる掛布団のカバーにしみこんで、滑りが悪くなってしまったらしい。

僕は仕方なく「それ」を掛布団から引き離し、しばらく仰向けに寝そべりながら、まだまだおさまりそうにない勃起状態を持て余すように、両手でしっかりと握り込む。

汗で蒸れた「それ」の先端から、今度は何やらヌメヌメした液体が出てきていることを発見したが、それが何であるのかは知らない。

そのヌメヌメした液体は、やがて亀頭を伝い、やさしく包んでいる僕の右手指の間へと徐々に浸透していく。

僕は握り込んだ状態を維持しながら、右手を少し動かしてみると、思いのほかヌルっとした感触とともにスムーズな動きを演じるではないか。

しかも、何という心地良さだろう。

はたと気づけば、僕の右手は、もはや理性とか自制とか、そういったものの及ばぬところで、狂ったように「それ」をシゴき続けている。

クチュクチュと、おそらく僕にしか聞き取れないようなごく小さな音を立てながら、何ともいやらしく「それ」を刺激していく。

生まれて初めての言い知れぬ快感に悶えるようにしながら、その単純な動きに没入する。

一瞬、僕は身体の奥から何かが一気にこみあげてくるような感覚に包まれる。

それを自覚するや否や、「それ」は勢いよく未知なる「何か」を放出し、これまで経験したことのない最強の快感が、僕の先進を駆け巡る。

実に、ほんの数秒の出来事だ。

その「何か」が何であるか、僕は後になって知ることになる。

だが、その夜、暗闇の中で事後の放心状態に浸っていた僕には、その正体を突き止めようとか、そういった考えはみじんも起こらず、ただひたすら、あまりの喜びと快感に惑溺するのみだった。

 

・『我が人生、この右手とともに‼』

あの夜以来、僕は自分の右手がいとおしくて仕方がなくなった。

もちろん、左手も時々試してはみたが、やはりあの夜のインパクトが強すぎて、どうしても右手にこだわってしまうのだ。

これからも永劫、よろしくやっていこうじゃないか、親愛なる我が「相棒」よ。

もちろん、我が麗しの「愛棒」とともに。

-初めてのオナニー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

塾の熟女先生のセクシーな胸元に掻き立てられて

・先生に性を感じ、どうにかなりそうです。 中学2年の時の話です。 僕は塾に通っていたのですが、そこは教科ごとに複数の先生がいましたが、その中に1人だけ、どの教科でも教えられる女性の先生がいました。 年 …

小学5年生、初めての性の目覚め、初めての射精

私の初めての自慰は小学5年生の時です。 それから毎日のように一人でしているくらい、最初の自慰が衝撃的でした。 もちろん、保健体育で学ぶ前の出来事で最初は何が起きているかがわかりませんでした。 ただ気持 …

込み上げてきたおしっこをしたいと思うような感覚

『わからないまま』 僕は同年代の従兄弟が多くみんなの家に泊まりに行ったりしていました。 合計男7人女3人の10人の子供がいました。 僕はよくSちゃんの家に泊まりに行っていました。 そしてよく一緒に寝て …

女子中学生の性の覚め。初めてのエクスタシーの開花 

初めての刺激 私はちょっぴり早熟な少女でした。 小さい頃から年上の異性に憧れをしめし、対象の異性が居たら常に見入るような女の子でした。 小学校高学年になった頃にはまたまた早熟な友人といわゆるエロ本をこ …

初めてのオナニー、ゲイの私は中学生の時まさかのタイミングで精通

1、オナニーとの出会い 私が初めて精通したのは、中学二年生の時でした。 実は私はゲイなんですけど、学生に時代は完全にそれを隠していました。 小学生の頃に性に関する授業があり、男子達はすぐにオナニーの話 …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。