えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

ロリ・ショタ

団地に住んでいた人妻とおねショタエッチした中学生

投稿日:2022年5月18日 更新日:

『美人な人妻』

僕が小学生から中学生まで住んでいた団地があります。

5階建てで、老朽化していた古い団地です。

家族4人で5階に住んでいて、狭いながらも我が家といった感じでした。

僕が小学6年生の時、3階に美人な人妻が引っ越して来ます。

年齢は、30代ぐらいで子供と夫の3人家族です。

人妻の顔は、元乃木坂にいた白石麻衣さんと似ています。

学校が終わり、団地の家へ帰ると、3階を通る時人妻はよく掃除をしていました。

「お帰り。」

と、僕と会うと人妻は挨拶をしてくれます。

その時の服装は、ミニスカートに黒のパンスト姿です。

小学生ながら、黒のパンスト足を見ると色ぽく興奮したものです。

それから、僕は学校が終わり3階を通る時、人妻と会う事が楽しみになります。

確率として、2週間に1回ぐらいですが、黒のパンスト姿を見たい僕がいます。

小学校を卒業した僕は、中学生になり人妻と会う事がほとんどなくなったものです。

いつの間にか忘れていた人妻ですが、ある日3階を通る時、偶然会います。

「久しぶりだね。大きくなったね。」

人妻は、僕を覚えていたらしく声を掛けてくれました。

足がキレイな女性なので、スカートはミニを履いています。

パンストは、白になって清楚な感じに思えました。

僕は、人妻の姿を見てうれしくなり家に帰ると一人で自慰を行います。

「はあはあ、はあはあ、あの人妻の足触りたいな。アソコを見てみたいな。」

と、想像しながらアソコを擦りました。

中学1年生の冬、僕は20歳以上のおねショタエッチを期待したものです。

それから、僕が中学2年生になった時、まさかの出来事が起こります。

3階を通ろうとした時、人妻の家からケンカをする声が聞こえて来ます。

「この野郎。お前なんて出て行け。このボケ。」

など、夫の怒鳴り声でした。

その日、僕は家に帰ると人妻が気になります。

次の日、偶然掃除をしている人妻と出くわし顔を見ると頬が腫れているようです。

「大丈夫ですか?」

「うん。大丈夫。」

「昨日、ケンカしてたみたいで。」

「うん。ちょっとね。聞いてたの?」

「うん。心配したんです。」

「そうなの?ありがとう。じゃあ良かったら家へ入りなさい。」

「あっ、はい。」

僕は、人妻の家に入れてもらえる事になりました。

『人妻にリードされて初体験』

僕は、まさかの人妻の家にいます。

人妻は、ジュースを出してくれて飲んでみました。

話をしながら、人妻は僕を誘惑するように足をアピールします。

「足キレイですね。」

「うん。自信あるよ。触りたい?」

「触りたい。」

「いいわよ。」

人妻は、僕の手を取り太ももに置きました。

スリスリと足を触る僕は、感触を確かめています。

「あのー、女性のアソコってどうなっているのですか?」

と、僕は人妻に聞いてみました。

すると、人妻は、

「見てみたい?」

「見たいです。」

と、股を開いてパンツを脱ぎました。

そして、スカートを上げてアソコを露出します。

初めて見る女性のアソコは、グロく赤黒い貝といった感じです。

「すごい。」

僕がそう言うと、人妻はアソコを開いて説明しました。

「ここがクリトリスよ。ここを弄ると気持ちいいの。そして、この穴は男のアレを入れる場所よ。」

と、人妻は教えてくれます。

すると、人妻は僕にキスをして来ました。

舌を絡めるディープキスで、興奮しました。

「ねえ、OO君のアソコ見せてよ。」

人妻がそう言ったので、僕はズボンとパンツを脱ぎ性器を出しました。

「すごいじゃん。」

人妻は、そう言うと、僕の性器を擦り始めます。

「はあはあ、はあはあ、気持ちいいです。」

「舐めて上げようか?」

人妻は、僕の性器をタオルで拭くとフェラを始めます。

舌が動くと、気持ち良く経験した事がない快感です。

5分ぐらいフェラされると、人妻は言いました。

「エッチしようか?」

「うん。」

人妻は、コンドームを持って来て性器に装着をしました。

裸になった人妻のオッパイを揉み、吸う僕。

「美味しい。」

そして、アソコを舐めると顔がベチャベチャになりました。

「入れようか。」

僕は、人妻のアソコに性器を入れます。

意外と、スムーズに入りアソコはヌルッとした感触です。

「はあはあ、はあはあ」

正常位で激しく腰を振る僕。

挿入から、20分後、僕は快感がピークになり中で発射しました。

僕は、人妻とおねショタエッチが初体験になりました。

その後、僕は人妻と再びエッチがしたいと思っていましたが、

1か月後、何処かに引っ越して行きました。

-ロリ・ショタ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

13歳の思春期男子。かわいい反応に我慢できず

•初めての衝動 しばらく知人の息子さんを預かる事になったんです。 13歳のY君は、25歳の私から見たらちょっと年が離れた弟のような感じでした。 緊張した面持ちで返事をする様子は、男の子と男性の間という …

私のブラ紐に興奮した家庭教師の教え子とのエッチ

『ブラ紐に興奮した小学生』 私は20歳の大学生で、小学生の家庭教師のアルバイトをしていた。 私が教えていた子は小学校6年生で、少し反抗期なのかカッコつけだけど、根はすごく優しくてご両親に似た綺麗な顔立 …

中学生に見えるロリを連続イキさせて、連続中出しを決めた話

・ロリとは何か ロリと言うのは、所謂幼いという事です。 ランドセルが似合いそうとか、制服が似合いそうなどというのがロリです。 法的に違法ですが、たまに合法ロリと呼ばれる18歳以上なのに見た目が幼いとい …

ヤンママに悪戯されたおねショタの思い出

自分が小学生の3年生の時、友達の若いお母さんとHなことをしたことがあります。 彼女は何も知らない自分へ、とっても気持ちのイイことばかりしてくれました。   〇友達の家に遊びに行きました。 俺 …

近所の小学生の男の子と20歳の私のエッチな体験談

『小学生の男の子との出会い』 私が20歳の時に、近所に引っ越してきた家族が私の家に挨拶に来てくれた。 ちょうど家には誰もおらず、私が玄関をあけて出ると、お母さんに促されながらも小学5年生の男の子が、私 …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。