えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

近親相姦・家族・親戚

お姉ちゃんのオナニーの現場を目撃したぼくは‥‥

投稿日:2022年4月16日 更新日:

●ついに見ちゃった! お姉ちゃんの淫らな行為

「あーん、あーん」。

ある夜のこと、お姉ちゃんの部屋から女の淫らなあえぎ声が聞こえてきました。

中間試験を目前に控えたぼくは、けっこう夜遅くまで勉強をしていて、ちょっとトイレへ行こうと思い、お姉ちゃんの部屋の前を通りかかったときのできごとでした。

「あん、あ~ん‥‥」。

あまりにも淫らで、乱れきった声だったため、いけないことだと思いながらも、ぼくはお姉ちゃんの部屋の扉をそーっと開けて、部屋の中をのぞいてみました。

ぼくは思わず目を疑いました。

薄暗い部屋のベッドの上で、なんとお姉ちゃんは産まれたままの姿で、自分のあそこに何か棒のようなものを押しつけていたのです。

「あ、あーん」という甘ったるい女の声。

ふだんギャーギャー騒いでいるときのお姉ちゃんとは、まったく違う声色でした。

「これって、きっとオナニー」と思ったぼくは、急に興奮をおぼえ、おちんちんが硬直してしまいました。

自分のお姉ちゃんながら、なんともエロい。

エロすぎる。

「やばい」と思ったぼくは、何食わぬ顔でトイレを済ませ、そそくさと自分の部屋へ戻ると、勉強を再開しようと思いましたが、体と心がほてって、まったく勉強になりませんでした。

 

●えっ、まさか! 今度はぼくのマスターベーションを見られた

お姉ちゃんのオナニーを目撃してしまったという衝撃が忘れられなくて、それからしばらくの間、ぼくは悶々として過ごしました。

お姉ちゃんの部屋には、いとこの子が買ってきてくれたこけしがあったはず。

もしかするとお姉ちゃんは、あのこけしを自分の大切な部分に挿入していたのかもしれないと思ったら、いても立ってもいられない気持ちにかられました。

その夜、ぼくはお姉ちゃんの裸を思い浮かべながら、自分の部屋でマスターベーションをしていました。

パンツを脱いで、おちんちんをしごきながら、ぼくは夢中で女体をイマジネーションしました。

お姉ちゃんだけでなく、クラスの女の子や女教諭の裸を想像しながら、自慰行為にふけっていると――

なんとその場面を今度はお姉ちゃんがのぞいていました。

ガタッという音がして、「えっ、何!?」と思いながら、部屋の入口の方を見やると、扉のすき間からお姉ちゃんの顔が見えたのです。

「あ、お姉ちゃん」。

ぼくは声にならない声をあげて、お姉ちゃんを見つめました。

お姉ちゃんはスカスカの下着姿で、ぼくの部屋へ入ってくると、「あんたも寂しかったのね」といいながら、ぼくに抱きついてきました。

姉弟なのにまずい――

とぼくは思いましたが、お姉ちゃんはぼくの唇にキスをすると、そのままぼくの体をベッドに押し倒しました。

「あたしも寂しかったんだ」といい、お姉ちゃんは下着を脱ぎ捨てると、ぼくのおちんちんをまさぐり始めました。

ぼくは「お姉ちゃん、やめて」と抵抗しましたが、お姉ちゃんは手を休めることなく、えっちな行為を強要してきました。

ぼくの体は、お姉ちゃんのマシュマロのような女体に包まれ、あっという間に射精をしてしまいました。

まさか初めての女性が、お姉ちゃんになるなんて。

それ以来、ぼくとお姉ちゃんは、セックスの練習と称して、夜な夜なえっちな時間を共有しています。

自分のお姉ちゃんながら、女としては、なかなかの美人かもと自負できるようになってきました。

-近親相姦・家族・親戚
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

兄と兄の友達と家で3Pセックスしてしまいました!

この前兄と兄の男友達となんと3Pをしてしまったんです。 まさかこんなことになるとはおもってもみませんでした。 その日は両親が二人だけで旅行に行っていたんです。 兄も親がいないということで羽目を外したか …

初体験は発情した姉との中出しセックス

「ひとつ上の姉」 私の初体験は、中学一年生のときでひとつ上の姉でした。 姉とは普段から仲がよくて部屋も一緒でした。 中学一年生の頃から性に目覚めて、夜中は姉に気づかれないように二段ベッドの下で、姉が寝 …

義妹看護師との病室での秘密の変態性交

・病室で我慢の限界自慰行為 俺は我慢の限界だった。 足の骨折で病院に入院して1か月。 ずっと自分を慰めていなかった。 もう我慢が限界…。 1人で消灯後静かにオナニーすることを決意した。 部屋は4人部屋 …

おとなしく地味な兄がやっぱり男だと知った瞬間

「兄は比較的無口でおとなしい」 私には6つ上の兄がいます。 兄は比較的無口で、家庭内ではあまり話すこともなくおとなしい印象でした。 外ではどんな人柄だったのかは分かりませんが、私から見たら無口でおとな …

ヤンキーな姉貴と愛し合った家族旅行での思い出

母親の誕生日のとき、家族で温泉旅行に行くことになりました。 自分の家族は4人家族で一つ年上の姉貴がいます。 姉貴はどちらかと言うとヤンキー系で、当時の高校では有名でズルズルな女子高生。 始めは『面倒臭 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。