えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

近親相姦・家族・親戚

十歳年上の処女姉を童貞の中学生が寝取った夜の話

投稿日:

『自己紹介とはじまり』

僕は中学二年生、童貞。

これまで彼女ができたこともない。

好きな人はいるけれど、それは叶わないことだと知っていたし、だから彼女のことは今夜諦めるつもりだったんだ。

彼女、というのは、僕より十歳年上の姉のこと。

姉さんとは年が離れていたこともあり、幼い頃から僕の事をとても大事にしてくれたように思う。

両親が共働きだったということもあり、僕が高熱を出して学校を休んだ日には、一緒に学校を休んで看病してくれたこともあった。

そんな姉さんは大学卒業後、そのまま実家を出て、結婚することが決まっていた。

最後の挨拶、そして最後に過ごす実家での一夜。

今日がその最後の一夜だった。

 

『最後の晩餐』

仕事最優先。

そんな両親が珍しく揃った今晩の食卓は、姉さんの好物ばかりで彩られていた。

父さんは普段飲まない日本酒に手をつけ、真っ赤な顔をしながら、時折涙ぐんだりしていた。

母さんはそんな父さんを見ながら、とうとうこんな日がきたのね、と呟いたりもした。

そんな二人を見つめながら、少し寂しそうに、ゆっくりと手元のビールを飲む姉さんに、僕はドキッとした。

父さんほどではないけれど、僕も顔が熱くなってきたかも、そう感じて、冷たい麦茶を飲み干し、目の前のご馳走を片っ端から平らげることにした。

ちらっと僕を見た姉さんは、ふふふ、と笑う。

僕はそんな姉さんが、本当に可愛い、と思った。

 

『覗いたりはしない』

野球好きの父さんが酔いつぶれ、テレビの野球中継が終わる頃、そろそろお風呂でも入る?と母さんが言った。

僕がまだいい、と言うと、姉さんが、私少し汗かいちゃったかも、と言って先にお風呂へ。

お風呂か……すっと立ち上がる僕の様子に気付いたのか、お母さんがいいと言うまでお風呂場に近づかないこと、いいわね、と母さんに念押しされた。

分かってるよ、姉さんの嫌がることは絶対にしない。

僕だけお酒は飲んでいないのに、ずっと顔が熱くて、それを振り払いたくて、思わず外に飛び出した。

どこへ行くの、という母さんの問いかけに、素振りしてくる、とだけ伝えて。

 

『同じ月が見れたね』

父の影響で僕は野球を始めた。

お世辞にも上手いとは言えないし、特別野球が好きなわけでもない。

でも、気持ちがどんよりしたり、悲しかったり、やるせない時、僕は素振りをする癖があった。

ただただ、バットを振ることに集中。

するとどんどん頭の中が空っぽになってきて、夜風が火照った顔を包み込んでくれて、僕はいつもの僕に戻れた。

今夜は月が出ていた。

きっとあと数日すれば、あれは満月に変わるのだろうな、と思った。

星も出ていたけれど、薄く雲が張り付いていたせいで、月ほどはっきりと見渡すことができなかった。

そんな時、ふいに、やっぱりここの月は綺麗ね、という声が聞こえた、姉さんだ。

きっとここに僕がいることに気付いていないんだろう、風呂場の窓を少し開け、ひっそり月を見ている。

ここからだと、はっきりとは見えない。

でも、蒸気が一瞬晴れた時に垣間見えた、今の姉さんは、月よりも本当に綺麗だと思った。

 

『深夜二時』

お風呂空いたから入りなさい、母さんが汗だくの僕を見て、驚いた表情で告げる。

こんな日にまでそんなに熱心に練習することないのに、と言いつつ、僕の肩を優しくポンと叩いてくれた。

うん、お風呂に入って、寝る。

少し泣きそうになりながら、なんとか持ちこたえて、僕は足早に風呂場に駆け込んだ。

そして、いつもの三倍ぐらい重く感じる体で布団に潜り込むと、死んだように眠りこけた。

朝まで熟睡間違いなしだろうな、と思っていた。

そう、姉さんが、僕の夢の中に現れる、深夜二時を迎えるまでは……。

 

『夢?』

僕は一人でぐっすり眠っているはずだった。

あれ、と感じた時、僕の肩に、何か枕以外の温かくて柔らかいものが当たっている感触があった。

なんだ、もしかして……誰かいる?いや寝ぼけているんだろうと思った。

でもその期待は裏切られた……もちろん、いい意味で。

隣には姉のような女性がいて、僕の左腕は彼女の両腕に抱きしめられるように巻き取られていく。

まるで恋人同士のように手を繋ぎ合う。

あのね、ずっとこうしたかったの、初めては……って決めてたの、だからね。

彼女はそう言って、僕の右手をそっと握ると、そのまま彼女の下腹部へと誘った。

わかる?少し……濡れてるの、優しく触ってくれる?

彼女の吐息、ざらっとした下着の中の湿り気、豊満な胸の感触、僕は一瞬頭が真っ白になった。

 

『お互いの告白』

そして、僕はそれが夢でないことに気付いた。

ね、姉さん?そこに……いるの?

彼女は答える代わりに、ぎゅっと僕の左手を握った。

僕ね、姉さんのことが大好きで、でも……そう言いかけた瞬間、暗闇の中で、悲しそうに嬉しそうに微笑んだ気がした。

うん、私もよ……だからね、もっと触ってちょうだい。

彼女はそう言うと、僕の指先をその湿り気の中にそっと誘導した。

彼女の吐息、小さな喘ぎ声が聞こえる。

姉さん、感じているの?

ううん……とても、だからこのまま続けて……。

僕は姉さんの望むように、絡み合う蜜を優しく優しく、指先で集め続けた。

こんこん、と部屋をノックする時のように、あるいは、深く深くその蜜穴の最奥を目指すように。

それを何度も何度も、彼女の望む通り、続けた。

そして、彼女は、びくんと痙攣して、果てた。

僕は、それまで彼女のことを想って、一人でしてきたどんな時よりも、強く激しく勃起していた。

 

『最初で最後』

ちゃんと大きくなってくれて……嬉しい。

彼女は、まだ少し皮を被った僕のものを愛おしそうに指で確かめながら、ゆっくりとその口に含めた。

僕のそれは彼女の舌に絡まり、そのまま口内深くに吸い込まれていく。

き、気持ちいいよ、姉さん……。

ふっと、頬張った口元が少し緩み、そのあと、強く、でも優しく、ピストンしながら射精へと導いていった。

ご、ごめんね、口の中で出しちゃった……。

彼女は僕の言葉を気にせず、ニコッと笑い、そのまま、僕のものを飲み干してしまった。

これが最初で最後よ……ありがとう。

彼女はそう言って、少し悲し気に微笑み、僕の頬にキスをした。

 

『決心』

姉さん……。

僕はその表情を見て、もう我慢ができなかった。

僕も男だ、僕から彼女にしてあげたい、そう強く想った。

姉さん、いいよね……。

彼女は答えなかった。

でも僕は、それがイエスなんだと分かっていた。

さっきとは違う、僕が姉さんを……。

そう思いながら、その柔らかく大きな胸を優しく愛撫し始めた。

服の上からでも分かるほど、彼女の両乳首は僕のものと同じくらい、激しく勃起している。

もう一度、彼女の蜜穴、その前にある突起にも触れる。

彼女がビクンと仰け反るが、手を止めない。

きもちよくなってくれていいよ、姉さん。

耳元で囁くと、彼女の吐息だけが漏れた。

そして、僕のかたくなったものを、彼女の大事なものの中に、優しく、ゆっくりと沈めていった。

うううん……あっ。

彼女のものはとても狭い。

だから、少しずつ、少しずつ進んでいく。

痛くない?大丈夫?

こくっと頷く彼女。

僕は彼女をぎゅっと抱きしめて、そのまま彼女の中、深く深くまで入っていった。

そして、そのまま何度も何度も、唇を重ね合いながら……。

初めての彼女を、初めての僕が奪った、それが最初で最後の忘れられない想い出に……。

 

『別れと言う名の始まり』

どうしたの、こんな時間から?びっくりしたわ……。

母さんが驚くのも無理はない。

だってこれまで一度もやったことのない、朝のトレーニングを僕がやっていたのだから。

ううん、まだ気持ち悪い……。

そう言いながら起きてきた父さんも、嬉しそうに僕の練習姿を見ていた。

姉さんは……うん、僕とは違う人のところに行く。

だからこそ、あの夜のように、彼女が本当に求めてくれた時に、それに応えられる、そんな男になろう。

すっと、頬から零れ落ちるものを感じながら、僕は、ただただ強く強く、バットを振り続けた。

 

-近親相姦・家族・親戚
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

兄の性癖を知ってしまった日、自身の性癖に気づいた

・兄の性格 私の兄はとにかく真面目を絵に描いたような人だったんです。 部屋の中はいつも綺麗に整理整頓されていて、漫画や小説も読んではいませんでした。 ましてや、エロ本やAVの類は皆無でした。 そのため …

no image

僕の大好きな姉さんが先輩の肉便器になっていた話

この話は10年以上前の話なんだけど 僕にはずっと好きだった姉さんがいたんだ。 僕の姉さんはかなりの美人で学校でも一番可愛いんじゃないかって思ってた。 友達にもかなり羨ましがられた。 「あんな綺麗な姉ち …

no image

お姉ちゃんのオナニーの現場を目撃したぼくは‥‥

●ついに見ちゃった! お姉ちゃんの淫らな行為 「あーん、あーん」。 ある夜のこと、お姉ちゃんの部屋から女の淫らなあえぎ声が聞こえてきました。 中間試験を目前に控えたぼくは、けっこう夜遅くまで勉強をして …

no image

妹のオナニーを偶然見ちゃった兄

私には2個離れた妹がいます。 名前はゆず、小さいころから私に懐いていて、よく一緒に遊んだものです。 私が14歳でゆずが12歳のころに起こった事件がすべての始まりでした。   ・偶然、妹のオナ …

no image

なぜ人は近親相姦という関係を望むのか

血が繋がった異性や同性の兄弟や姉妹に欲情し、近親相姦に陥るという関係は、実は珍しいことではないのです。 かつては当たり前と捉えていた時代もあるのです。 なぜ、人は血が繋がる相手に激しく欲情してしまうの …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。