えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

隣人のセックスの声を聞きながらオナニーは最高に興奮

投稿日:

私は自慰行為がとても好きです。

自慰行為は男性とする性行為とは別ものなので、日常的に自慰行為をしています。

私が普段どんな風に自慰行為をしているについてまとめたいと思います。

 

◎自慰行為をするようになったきっかけ◎

そもそも自慰行為をはじめるきっかけになったのは、まだ少女時代の頃でした。

10代の最初の頃で、自転車のサドルにあそこがぶつかると、ちょっと変な感じを覚えた事が最初に自慰行為をするようになったきっかけかな?と感じます。

あそこに何かあたるとぞわぞわすると言うイメージがついたので、当時はやたら滅多たらあそこに何かがぶつかるようにしていた気がします。

少女の頃の自慰行為はまるで遊びでしたが、10代の中で男性経験をして、あそこに指や性器を入れられてみて、はじめて本当の自慰行為に辿りついたように感じます。

しかし、まだ自慰行為でいくと言うことはできず、何となくアソコに指を当てて、クリトリスを刺激する事が自慰行為だと思っていました。

 

◎はじめての本格的な自慰行為◎

これが自慰行為だと言う行為をしたのは、男性とのセックスの最中です。

彼氏から自慰行為を見せて欲しいと言われて、初めて物を性器の中に入れる自慰行為をしました。

当時の彼がラブグッズを愛している人で、色々なラブグッズを買ってきては私の体で試していました。

私も嫌いではないので、毎回、どんなものが出てくるか、楽しみでもありました。

彼に自慰行為を見せてほしいといわれた時に使用したのは、ロータータイプのもので、リモコンがついているので、強弱がつけられるので、私を見ながら彼が調整していました。

彼の言葉に誘導されて、どんどん自慰行為を進めました。

頭の中は空っぽにして、とにかく彼の言葉通りに手を動かして、彼が指示をする通りにしていたら、何だか体の内側から熱くなり、初めて自慰行為がめちゃくちゃ気持ちが良いと感じた瞬間でした。

その時に使ったローターをもらったので、それを使って自宅で一人で自慰行為を本格的にするようになりました。

自宅で一人で自慰行為をする時は、誰も指示をしてくれないので、ひたすら想像をしました。

私の場合は男性にレイプされている場面や強要されている場面を想像します。

レイプされていると感じると、凄く体がぞくぞくしました。

実際にレイプされた事はないので、あくまで想像ですが、男性に無理矢理性器の私の中に挿入されている場面を思いながら、少し乱暴に自分を扱います。

すると、マックスで子宮がうずきだすので、彼からもらったローターのスイッチを入れて、挿入を開始します。

中に入っている事をしっかり感じながら、あとはひたすら、乱暴に扱われて、屈辱的なことをされている場面を描くと、あっと言う間にいってしまいます。

そんな風に決して誰にもばれたくないような、えぐい場面を想像して、夜な夜な自慰行為をするのが気持ちが良くて好きです。

 

◎隣人のセックスの声を聞きながら◎

当時、私は住んでいたマンションはマンションといえども、ワンルームで、お隣の人の、おならや、いびきまでリアルに聞こえてきていました。

右となりは男性で、左となりは女性の住民でしたが、ある日、女性の住民が、男性をひっぱりこむようになっていたのです。

楽しい会話が聞こえだすと私は自分の家のテレビや音楽を消して、耳を隣に傾けていました。

夜も段々と深くなると、明らかにセックスがはじまる感じが分ります。

それと同時に私は一人で自慰行為をする用意をします。

お隣でセックスをしている様子を感じながら、まるで私も参加しているかのようにする自慰行為は最高に興奮しました。

あまりに興奮すると、思わず声が出そうになるので、堪えながらするのが、また良いのです。

週末は2回決まってセックスをするようなので、私もお隣に合わせて、自慰行為をして遊んでいました。

私は自分の部屋でセックスをすると、丸聞こえだと分ったので、自分の家に彼氏は泊めませんでした。

 

◎テレビで好きなタレントさんを見ながら◎

この話を誰にしたら、きっと変態を言われてしまうかと思いますが、私はエッチなシーンだけでなくても自慰行為が出来ます。

単純に好きなタレントさんがテレビに出ている姿を見ながら、自慰行為をするのです。

時にエッチなシーンでなく、普通のドラマに出ているタレントさんの顔を見ながら、自慰行為をします。

だいたい録画のドラマや映画を見るので、自分がいきそうになると、一時停止をして、タレントさんの顔を見ながら最後までいきます。

ちょっと男性的なのかな?思う事もありましたが、そんな自慰行為もかなり気持ちが良くなります。

こんな風に私は日常的に自慰行為をしています。

彼氏とセックスをして来た日でも、自慰行為は自慰行為として、別物として、したりもします。

想像しだいでは、相当気持ち良くなれるので、今後は自分の想像力をよりリアルにして、自慰行為を楽しんでいきたいと思います。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

50代の私が最高に気持ちいいオナニーを追求してみた。

自慰行為とは、男性の本能である。 いや女性もするので人間の本能であると言い換えることもできる。 男性にとって自慰行為とはSEXの代わりになるものと言える。 本来ならばSEXしたほうがいいに決まっている …

no image

男性必見!禁欲したうえで電マ、ローションオナニーは最高に気持ちいい

自慰行為(オナニー)の方法にはいろいろありますが、ほとんどの人がアダルトビデオやエロ本を見ながら、アソコをシコシコして発射というのが一般的なスタイルだと思います。 しかし、この方法だとだんだん飽きてき …

no image

最高に気持ちいいオナニーの秘密は精液量にあり!!

・いくつものやり方 自慰自体はやり方はいくつかあります。 例えば手でするのもよいでしょうし、オナホを使うこともありでしょう。 しかし、これは最終的に出すことが目的であることには違いなく、そしてしごいて …

no image

TENGAの使い方を工夫したら桃源郷に突入!

通販で手に入れたTENGAを使ってみた。 TENGAは話ではよく聞くのですが、使った事が無く興味を持っていました。 たまたま通販で安売りしていたのを見て、購入してみたのです。 いろいろ種類のある中でス …

no image

処女でも気持ち良くなれる乳首と性器の取扱説明書

SEXにはSEXでしか得られない快楽が、自慰行為には自慰行為でしか得られない快楽があります。 私は中学1年生の時、まだ男性とは経験がなく処女でしたが、自慰行為の気持ち良さを知ってしまい、それからは毎日 …