えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

女友達にオナニーを教えてもらった小学生時代

投稿日:2021年2月7日 更新日:

それは小学校時代のこと、僕はとある山間の村で生活しておりました。

人口も少なく、小学校の全校生徒を合わせても街の学校の一クラス分ほどしかいないくらい。

それでも村には小学校のほか中学校もあるのですが。

過去には林業などが盛んで街も栄えてたらしく、その名残といったところでしょうか。

生徒が少ない学校というのは、基本的には男子も女子も関係なく一緒に遊ぶというのがお決まりのパターン。

僕も小学校の頃から女友達の家に遊びに行ったり、その逆もありました。

そしてそういった男子女子の付き合いの中では、大人の世界の入り口となるさまざまな体験が起こってしまうものなんです。

例えば初オナニーのきっかけとなるとか。

 

「女友達」

当時よく遊んでいた女友達は6年生のユキコです。

僕より一学年上のお姉さん的友達、同級生の男子もいましたが、やっぱりユキコが一番仲良かったかな、家も近かったし。

そんなユキコはスラッと背が高くてスタイルが良いんです。

顔立ちもどこか都会的で、僕としてはちょっとした憧れも抱いていたりしてました。

ユキコと遊べるってことが特別な時間だったのでしょう。

遊びの内容は、当時はファミコンでピコピコしたり、学校のグランドや山の中の探検、河原でチャプチャプするといった感じの平和的なものです。

そうそうたまにママゴト的な遊びもあって、僕とユキコが夫婦という設定。

ときどき見よう見まねで夜の夫婦像を演じるんですが、変な空気になって少し意識し合ってみたりして。

また姉妹の設定ってのが面白くて、姉役のユキコに僕は女の子にさせられるんです。

髪の毛を弄られたり、ユキコの洋服を着せられたり、今思うとちょっとエッチな遊びにも思えてきて興奮しちゃいますね。

 

「ユキコの兄登場」

ユキコには3歳年上のお兄さんが居りました。

名前はトオルで当時は中学3年生、小学5年生の僕としては十分な大人的存在でした。

少しイケてる風なところもあって、カッコいいお兄ちゃんだったのかな。

たまに話しかけてもらったり、ゲームを教えてもらって遊んでもらうことも。

ユキコと遊んでるのとは違った楽しさがありました。そんなトオルさんのある光景をユキコと一緒に目撃したのです。

それはユキコの家のベランダで遊んでいた時のこと、ベランダ伝いにトオルさんの部屋と繋がっていて目線をやると中が確認できてしまう。

チラッと見ると、トオルさんの雰囲気がいつもと違って、背中を丸めて何かに夢中になっているのです。

ユキコが「どうしたん」とひょっこり部屋を覗き込むと「ああアレね、クスクスクス」と笑いながら「○○はまだ知らないの」。

僕は何も知らずに「何あれ」とユキコは「ひとりエッチだよ」。

僕はひとりエッチのフレーズにピンと来ずチンプンカンプン、ユキコ「オナニーのことだよ」と、さらに聞きなれないフレーズに僕は固まるのみでした。

ただどこか淫靡な響きであり色っぽいことであることは、何気に気づきましたが。

「ユキコから教わることに」

ユキコは「○○、本当に知らないんだねひとりエッチのこと」。

僕は小学生特有の知ったか振りをかましますが、ユキコの「じゃあ何か言ってみてよ」というスルドイツッコミに言葉をなくします。

するとユキコから「ちょっとキテ」とユキコの部屋へ連れて行かれると耳元で「教えてあげよっか」。

ユキコ「ひとりエッチってね、男の子のココ、オチンチンを自分で触ることなの」「ココをこうやって触ると、気持ちいいみたい」「○○も勃っちゃうことあるでしょ」と手の平で僕のチンポを触ってきます。

僕はすご~くドキドキ、快感と喜びそしてスリルという要素で独特の満たされ方をしています。

僕はユキコに「どうしてこんなこと知ってるの」と興奮の中で必死に問いかけると、ユキコ「たまにね、アニキのアレを覗いてるの」「だって面白いでしょフフ」。

 

「そしていざ初オナニーへ」

僕のチンポが程よくカチカチになったのを確認すると、ユキコから「じゃあ脱いでみて」という指令が。

僕は普通の精神状態ではありませんから、素直に従うのみ、ズボンを脱ぎチンポ丸出しです。

ユキコ「アハハ、カワイイ」と一笑、「じゃあ今度は自分で触ってみて」と。

僕は「どうすれば良いの」と聞き返すと、ユキコ「こうよ、こうするの」とグーの手で上下にジェスチャー。

見よう見まねで僕はチンポを握り上下に動かすと、とてもしっくりくる快感が押し寄せてきます。

勃起に溢れはじめるチンポ、止まらないシコシコを興味深そうに見つめるユキコ。

最高のシチュエーションです。

ユキコ「このまま続けると、どうなるか知ってる」と再び問いかけ。

僕「ハアハア、知らないよそんなことッ」と夢中でシコシコ。

僕は「ああっ、なんか変な感じどうしたらいいの」ユキコ「ウン、そのままでいいんじゃない」。

チンポの奥が締め付けられるような感覚の後、ギュギュンと達してしまうのでした。

しかしユキコは不思議そうに「アレ、何も出てこないよ」とチンポの先を覗き込む。

時間差で先っぽからはトロ~リな精液が垂れるのでした。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

小2で初オナニー。19歳でドライオーガズムを習得する究極オナニー!

早熟な私・・・小2 早熟だった私は小さい頃から何かしらエロに良く反応していた。 ドラマで大人がキスをしていたり抱き合うシーンを見てドッキリしたものでした。 そんなシーンが何かの拍子に頭の中にフラッシュ …

小学生に多い登り棒オナニー。初めて襲ってくる快感

登れない登り棒、猛練習したら・・・ 登り棒がハンパなく気持ち良いってご存知ですか? 僕は小学生の頃、登り棒のあまりの気持ち良さにハマってしまい、それこそ毎日のように登り棒に登っていました。 けれども、 …

小4女子が突如下半身裸にされたので、俺は……

『同じクラスのひいちゃん』 初めての自慰は人より少し早めだったんじゃないかと思う。 あれは確か小学4年生の時のことだ。 その時のオカズはよく覚えている…… それは同じクラスのひいちゃん。 ひいちゃんは …

まだ自慰を知らなかった私たちにやり方を教えたのは

【私の性について】 私は、性に対しての目覚めが早い方だと思う。 父親が性欲の強い人で、夫婦の営みをわざと見せるようにしていたり、アダルトビデオを堂々と茶の間で見ていたり、アダルト系の雑誌は廊下に山積み …

両親のセックス声をおかずに毎晩オナニーしていた中学生時代

オナニーを始めたきっかけ 私が初めてオナニーをしたのは小学4年生の時です。 まだ、オナニーと呼べるほどではありませんが、夜な夜な膨らみ始めたおっぱいを触るようになりました。 小5の時にはおっぱいを触る …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。