えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

外国人・ハーフ

カンボジアのバーで出会った女の子とセックス体験談

投稿日:

出会い―カンボジアの「バー・ストリート」にて

ボクは以前、国民の大半が20代で今まさに発展している最中というカンボジアに旅行に行ったことがあります。

もちろんアンコールワットも堪能したのですが、もう一つ、「発展途上国の女の子を抱きたい」という欲求もありました。

そこでボクは、「バー・ストリート」と呼ばれるガールズ・バーが立ち並ぶエリアに行きました。

「バー・ストリート」という名前に偽りはなく、さまざまな工夫を凝らしたバーが集まっています。

ボクはその中でも特に規模が大きなバーに入りました。

とは言っても、ボクが行ったのは昼の14時ごろだったのでお店もガラガラ。

半分開店休業状態でした。

ボクはカンボジアのこういうところは初めてだったので、どうすればいいのかわからず、ただ黙々と一人でビールを飲んでいました。

そうしていると、一人の女の子が隣に座ってきました。

その女の子は黒髪ロングで、スレンダーだけど胸が大きいというまさに正統派美女でした。

彼女は生粋のカンボジア人だったので、肌は浅黒かったのですが、それすらも「褐色美女」として魅力的に映りました。

 

アダルトな四目並べ

彼女は「スレイパナー」という名前でした。

スレイパナーは簡単な英語が話せたので、お酒を飲みながら他愛もない会話を楽しみました。

さらに自分から指を絡めてきたのです。

これだけでも楽しかったのですが、彼女はお店の奥からオセロのようなものを持ってきました。

それは四目並べでした。

ただ、日本で遊ぶ「五目並べ」とは違って、ボードは立てて使い、ボードには隙間ができていて、その中に上からオセロのような形をした石を落として縦・横・斜めに四つ並べた方が勝ちというものでした。

スレイパナーは強くて負けてしまいました。

するとスレイパナーはボクの耳を舐めてきたのです。

ボクはとっさのことで少し変な声を出してしまいました。

その反応が面白かったのかスレイパナーはケラケラと笑いました。

ボクはやり返そうと思い、今度はボクがスレイパナーの耳を舐めました。

スレイパナーも「キャッ」とかわいい反応を見せてくれました。

ボクがスレイパナーの腰に手を回し、彼女の身体を抱き寄せてもスレイパナーは離れようとはせず、それどころか腕を絡めて密着してきました。

二人の顔は吐息を感じるくらい近くなり、ついに唇同士が触れました。

最初は小鳥がついばむような一瞬のキスでしたが段々感覚が長くなっていきました。

キスしながらスレイパナーはボクの身体の上に乗っかってきました。

「これはイケるか…?」と思って軽くスレイパナーの胸を揉みました。

彼女は「やだ~」とは言っているものの顔は笑っているしほんとに嫌がっている感じではありません。

そこでボクは彼女に外に行けるかどうか聞くと「OK」と言ってくれたので外に連れ出すことにしました。

 

カンボジアのスレンダー美女と濃厚セックス

恋人のようにスレイパナーと腕を絡ませながら歩いて行った先はホテルでした。

彼女はホテルを見るとニヤニヤしていました。

ホテルの一室に入ると、ボクはスレイパナーを抱きしめ、激しいキスをしました。

バーでやったようなフレンチキスではなく、舌を絡ませ合うディープキスです。

スレイパナーも嫌がるどころか積極的に舌を絡ませてきます。

ボクたちはお互いに絡まり合うようにベッドにダイブしました。

スレイパナーの服を一気に脱がせると向こうもボクの服を脱がせてきて、あっという間にお互いに全裸になりました。

スレイパナーの胸は大きかったです。

Eくらいはあったのではないでしょうか。

 

ボクがスレイパナーの美貌に見とれていると、スレイパナーはニヤニヤしながらボクのあそこを舐めてきました。

しかもすすり取るような激しいフェラでした。

こんなにエッチに対してノリノリだとボクも燃えてきちゃいます。

ぼくもスレイパナーのあそこを舐めたかったので、69の体勢になりました。

スレイパナーのあそこはすでに雫がしたたるほど濡れていました。

ボクがなんでこんなに濡れているのか聞いたら、恥ずかしかったのか照れ隠しにボクのあそこを軽くたたきました。

そんな仕草もかわいく感じられて、ボクはスレイパナーのあそこを唾液まみれになるまで舐め回しました。

スレイパナーは感じてくれているようで何度も声をあげながら身体をそらせました。

 

しばらくその体勢で舐め続けていたら、スレイパナーは身体を起こし、足を広げながらこう言いました。

「もうガマンできないの…お願い、挿れて?」ボクはゴムを装着すると思いっきりスレイパナーを突きました。

スレイパナーは悶えながら甲高い声で喘いでいました。

そのうち騎乗位の体勢になり、スレイパナーは身体を何度も打ち付けました。

ボクたちはどっちからともなくお互いを求めるようにディープキスを繰り返しました。

そうしているとスレイパナーは身体を大きく震わせてイってしまいました。

スレイパナーはすぐにボクのあそこを舐め回し、ボクもすぐにイってしまいました。

お互いにイってからもしばらくの間、お互いに身を寄せて、まるで恋人のように時を過ごしていました。

-外国人・ハーフ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

留学先で出会ったドイツ人の女性とセックスを楽しむ

私は現在25歳の独身サラリーマンですが、大学生の時3ヶ月間留学していました。 留学先はアメリカのシカゴで、現地の大学で英語の授業を受けましたが、内容は1日6時間みっちり詰まっており、その後も予習や復習 …

no image

コリアン熟女パブにて秘密の裏メニューが最強すぎる件

ちょっとした昔に転勤していた地方都市の歓楽街にはコリアン系のパブがかなり溢れておりました。 夜になると店の前では呼び込み合戦が繰り広げられており、意志が弱いとついつい入店させられてしまうことも多々あり …

no image

留学中にイタリア人の可愛い系金髪少女とワンナイトラブ

ニューヨークへの語学留学 これは私がニューヨークへ語学留学へ行った時の事です。 私の語学学校では本当に世界中から留学生が来ていました。 南米の方からアジアの方まで。 ヨーロッパの方は比較的少ないように …

no image

外国人デリヘルのアナルセックスは、気持ちよく最高だった

外国人デリヘルは、日本人より面白そう 普段からエッチな妄想や想像している僕は、外国人に興味を持つ出来事がありました。 あるサイトを検索中、外国人デリヘルが目に入りサイトを見ます。 所属している女性は、 …

no image

年上の友達の婚約者とこっそりエッチ、結婚後も秘密のまま

若き留学時代に知り合った外国人男性は友達の婚約者だった もうすっかり落ち着いた大人の私ですが、今でもときどき思い出しては懐かしんでいるかなりイケナイエッチ経験が一つあります。 ちょうど20歳になって間 …