えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

オナニーバレ

思春期真っ盛りに全裸オナニーを父に見られた。

投稿日:2017年11月29日 更新日:

ばれたのは中2の夏

オナニーがばれたのは私が中学2年生のときです。

夏休みで、部活も無かったので、居間にあったノートパソコンを自分の部屋に持っていって、いろいろとそういうサイトを検索していました。

両親とも働いていて、日中は家にいませんし、兄は当時、大学生で、夏休みでもアルバイトやサークルで家にあまりいませんでした。

夏休み中はずっとそんな状況で、すっかり安心しきっていた私は、特に警戒することもなくインターネットでアダルトサイトを調べまくり、必死にオナニーをしていました。

 

ばれるのは一瞬

オナニーは父にばれました。

その日、父は仕事が休みだったらしく、ずっと寝室で寝ていたのです。

夏休み中はいつも、朝起きたら、もうすでに父は会社に行っていて、朝会うことはなかったので、もう家にはいないだろうと勘違いしていました。

 

イヤホンをつけてパソコンに食らいついていた私は、父が起きても音に気付かず、部屋のドアをノックされてはじめて誰かがいるということに気付きました。

ノックする音が聞こえて、「えっ?誰かいるの?」と思ったときには、もうすでに手遅れでした。

すぐにドアが開き、そこには父が立っていました。

父は全裸の私を見ると、何も言わずにドアを素早く閉め、部屋から離れていきました。

 

部屋から出られない

ばれた後、「オナニーなんかしている場合じゃない!」とは思いましたが、部屋を出て、父のいる居間に行くのは不可能に近かったです。

絶対に見られてはいけないものを見られてしまったわけですから、どうすればいいのかわからず、ただただ時間だけが過ぎていきました。

 

幸い朝食は食べていたので、昼を過ぎても空腹にはなりませんでしたが、尿意は我慢の限界でした。

尿意を我慢するために、ずっと勃起させておくという、なんとも馬鹿げた対策も行っていました。

自分の部屋からトイレまでは、途中、居間を抜けないと行けない構造だったので、とにかくオナニーがばれたことへの混乱よりも、尿意を我慢することへの不安の方が強くなっていました。

ただ、おそらく父も気まずかったのか、珍しく一人で外出してくれたので、その隙にトイレに行き、置いてあった昼食を食べて、あとはずっと部屋にこもって寝ていました。

 

気まずい夕食の時間

ばれた後、最初に父と顔を合わせたのが、夕食でした。

母は地域のバレーチームに参加していて、いませんでした。

兄もバイトがあって、帰ってくるのが遅い日でした。

昔かたぎな父だったことをとにかく恨みました。

「食事は家族と食べるもの」という、なんとも古めかしいルールを優先して、とても気まずい、二人だけの食事になりました。

とにかく気まずかった一週間

オナニーがばれてからの一週間はとにかく気まずかったです。

何より最悪だったのが、父が兄に、このことを相談していたということです。

兄からは、「もう少しばれないように気を付けろ」と笑われました。

兄は普段、絶対に家ではオナニーをしないそうで、公園やコンビニのトイレでしている、と対策法も教えてくれましたが、それはそれでどうなんだ、と結構呆れた記憶があります。

父も男なので、オナニーくらいしたことあるだろうとは思いますが、どちらかと言えば厳格な父で、少し時代に合っていない、昔の家制度のような、亭主関白な父だったので、パソコンの画面に食らいつき、一生懸命、オナニーをする私の姿をみたことがかなりショックだったようで、兄にはとても真剣に相談していたそうです。

幸い、母には相談していなかったようなので、それだけが救いでした。

 

ばれてからの一週間は、とにかく気まずくて、二人きりにならないように、なるべく自分の部屋から出ないようにしていました。

一週間くらいは、「オナニーはしてないよ!」というサインで、部屋のドアを開けっ放しにしていました。

 

兄との絆は深まった

この一件があってから、どんなことでも兄に話せるようになりました。

パソコンを使った後は、ちゃんと履歴を消すことや、ティッシュの捨て方など、野外オナニーよりももっと現実的な対策も教えてくれました。

結構、兄のことは尊敬していたのですが、兄がかなり下ネタ好きだということがわかって、印象が180度変わってしました。

こっそりドアを開けられることも多くなりました。

 

なかったことに

ばれてから一週間が過ぎたころ、父と二人で買い物にいかなければならないという、最悪の事態に陥りました。

車での移動中、特に話すこともなく、ただラジオを聞いていて、沈黙の30分でしたが、お店につく少し前に、父から「あれは見なかったことにするから」と言われました。

「見なかったことに」と言われても、見られたという事実は変わらないのに、何を言っているんだろうか、と思いましたが、父なりの解決方法だったのだと思います。

そこからは、いつものように父の結構つまらない話を聞かされて、「元通りになってよかった」と安心した記憶があります。

 

アダルトサイトが見れなくなった

これで万事解決かと思ったら、これで終わりではありませんでした。

インターネットでアダルトサイトが見れないように設定されてしまって、父への怒りが込み上げていました。

ただ、どうすればフィルタリングにかからずにアダルトサイトが見れるか、など余計な知識が身に付くきっかけにもなりました。

-オナニーバレ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

熟女好きの僕が「添い寝オナニー」に行きつくまでの経緯

僕が熟女の魅力に目覚めたのは、高校生の時でした。 友だちのお母さんで素敵な人が、その人に憧れてからは、ネットの動画とかエロ本とかも熟女モノばかりをあさるようになったのです。   僕は、小学生 …

no image

多感な年ごろ。オナニー中にドアをいきなり開ける母親

・初めて与えられた自分の部屋 中学生になるまでは、自分の部屋という物がありませんでした。 一軒家ではなく、マンションでしたからね。 部屋数はそこまで多くなかったですし、そもそも私としても自分の部屋が欲 …

no image

AVをヘッドホンで。男優気分でオナニー中に母親登場

【オナニーは日ごろの習慣でした】 40代男性会社員です。 今からもう数十年前の出来事ですが、まずはオナニーにハマるようになったいきさつから。   東北地方の比較的田舎に住んでいましたが、中学 …

no image

え、最悪!自慰行為がバレる意外な理由とは!?

・絶対にバレたくない自慰行為 自慰行為がバレるケースは、自宅で家族に見られるパターンが最も多いです。 私は男性なのですが、思春期の頃に2度、実際に直接家族に自慰行為を見られてしまいました。 あのときの …

no image

電動マッサージ機を使ったオナニー中に母親が登場した話

・私とマッサージ機の出会い 私と電動マッサージ機の出会いは、実に健全なものでした。 日頃からスポーツを楽しむ私は、ハードな練習の弊害で体のあちこちに痛みがくることが頻繁にあったのですが、そんな私を母が …