えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

風俗・水商売

高校卒業後、体験入店1万円のヘルスに応募した話

投稿日:2024年5月16日 更新日:

『早熟な10代』

私は、中学時代からアルバイトをしていました。

家庭が貧しかったこともあって欲しい物だけでなく学校で必要な物も買えないことも多かったからです。

もちろん、学校はアルバイト禁止なので内緒で働いていました。

はじめは、ファーストフード店やファミレス、喫茶店。

高校生になってからは夜のお店でホステスをはじめました。

特に高校生はお金がいくらあっても困らないし、あればあるほど嬉しいので高給なホステスは持ってこいで勤めて二年が経った頃「体験入店一万円」のチラシを持った知人からの声掛けに心が揺れました。

 

『体験入店一万円』

そのアルバイトのチラシは、時々見かけるもので地元に昔からあるお店なのに何の噂も聞かないという不思議な店なんです。

フロアレディ募集でもなく「スタッフ募集」と書かれているので飲み屋ではないのかもしれないという噂もありました。

しかし、18歳以上の女性限定なので普通の夜のお店なのではないか?というのが周りの見解。

よほどの美人が揃っていたり、高給なお店というのも考えられました。

周りに体験入店をした人もいないので、誰か代表で行ってみるという話にもなりましたが結局皆尻込みしてしまう。

当時のホステスの日給が7,000円なので、不安に勝つには一万円は安かったともいえます。

年齢を誤魔化して体験入店するにしても全員が高校生なので、まずは下見に行ってみることに。

繁華街からは少し外れた寂れた飲み屋街の一角にその店舗はありました。

二階建てで、一階には小さな看板に店名だけ。

スナックやパブの表記はなく、入口も簡素な造りでした。

思っていた店とは違うし、何となく妙な雰囲気で私たちの周りでは体験入店の話は出なくなりました。

 

『君なら月に100万円あげる』

高校を卒業してすぐに知り合った女の子の姉が、新しいパソコン欲しさに体験入店一万円のお店に面接に行った時の話を聞きました。

ミスコンでグランプリになるくらいの美貌の彼女に、店長は「働いてくれたら固定で100万円あげる」と言われたそう。

顔で給料が確約されるなら「自分はいくらか?」という話題で盛り上がり、久しぶりに行ってみようかな?という気持ちに。

 

『興味&話題つくり』

好奇心旺盛で、男性の愉しみについても知りたがりな私は体験入店の申し込みをしてみました。

お店からはいつでもいいと言われたので暇そうな水曜日に行ってみることに。

面接らしい面接もなく、洋服も着替える必要もなくすぐにお店に立つことに。

薄暗い店内は、ボックス席がたくさんあって所々カーテンが閉まっているもののスケスケだし足元も丸見え。

普通の飲み屋でないことはすぐに察しました。

お客さんが複数人で来てもマンツーマンで接客するタイプで、持たされるトレーには自分用の小さいグラスとおしぼり、コンドーム。

 

『処女のフリ』

手や口でサービスするのは理解できても、どうすれば楽にできるか考えた結果処女のフリをすることに。

案の定「処女なんです」というと自発的にオナニーしてくれる人もいたのでお詫びにおっぱい触れせてあげたり。

パンツの中に手を入れさせてあげたり、耳元で吐息をかけたりするだけで満足してもらえた。

3人接客したところで店長から呼ばれ「経験者?働かない?」と言われたけれど一万円もらってとんずらです。

いい勉強になりましたが、働こうとは思えませんでした。

-風俗・水商売
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

浮気オッケー⁉奔放な人妻セラピのセックスドラマ

リラクゼーションサロンとかメンズエステみたいなところによく行くんだけど。 彼女が居たり嫁が居たりすれば浮気と言うことになるんだろうか。 そうだな、線引きは人それぞれってことだろう。 ちなみに当方、彼女 …

貧乏学生がお金を貯めて念願のソープランドへ

【夢のソープランドへの道のりは険しかった】 ソープランドへ行きたい。 僕はどうしても学生時代のうちに初めての体験がしたくて、必死にお金を貯めていました。 しかしながら、当時の僕は「超」という文字がつく …

童貞男が高級ソープ嬢相手に最高の初体験

『童貞の俺に金運が舞い込んできた』 冴えない大学生生活を送っていた俺は当然彼女もおらず、童貞のまま日々を過ごしていた。 ところが俺の人生が良い方向へと好転する出来事があった。 それは競艇で大穴を当てた …

元風俗嬢の体験談。忘れられないお客さん

私は過去に風俗で働いていました。 風俗店で働いているとものすごくたくさんの人の相手をすることになります。 そして、私は、好きな人とでないとあまり感じないので、常にオーバーに喘いでいるのですが、特別に最 …

初めてのM性感で激イキ射精した体験談

『初M性感のきっかけ』 僕は入社4年目になります。 それなりに仕事をいただくようになり半人前のくせにストレスだけはしっかり溜まっていました。 先週もなんとか金曜日まで乗り切り家に到着。 私は仕事のスト …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。