えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

巨根・キツマン

巨根すぎる彼氏とキツマンの私

投稿日:

『巨根すぎる彼氏とキツマンの私』

巨根すぎる彼氏とキツマンの私は、付き合ってもう5年が経とうとしている。

回数はそれなりに会っているので、月に4.5回程。

そこまで倦怠期とか別れるとかもなく、平和で楽しい関係を築けていると感じている。

しかし、一つだけ問題があって、それはまだ一回も最後までエッチをしたことがないこと。

最初は結構周りのカップルの子も致す時は「アソコが痛くて辞めてもらっちゃった」「彼氏もゆっくりでいいよって言ってくれてるから」と、同じ土俵に居た子たちばかりだった。

だけど、いつの間にかみんな一人で練習したり、大人のオモチャで慣れたりして、最後までエッチできるようになり先輩ばかりになってしまった。

私だけ取り残されているのだ。

だって、入れた瞬間からもう痛い、痛すぎる。

あまりにも痛すぎて病院に行って調べてもらったこともあるが「大丈夫!健康的!ちゃんとチンコも入るよ」と優しい先生に背中を押された。

 

『最初の壁がなかなか破れない』

よし、今日こそ!と思ってチャレンジするけど、結局数センチ入っただけで痛みに耐えられなくなり断念。

多分、最初の痛みの壁が越えられないのだ。

みんなは結構痛くても我慢する、とか言えないからそのまま悶えながら、必死で最後までするって人が多い。

でもその一回の苦しみを乗り越えてしまえば、次はそんなに痛くなく出来たりする。

頭では分かっているのだが、なかなかその最初の壁が乗り越えられない。

ゴムやローション、やり方、雰囲気作りなど色々と変えて試行錯誤もしたが、なかなか最後までできない。

毎回途中で断念となる彼氏はとても可哀想だけど、全力でお願いの眼差しで辞めさせてもらう。

彼氏も彼氏ですごく優しいから、今日はこの辺にしとこうかって言ってくれて、愛の言葉もくれて、最後は自分の手でイクことになる。

そうこうしているうちに、かれこれ5年ほど経ってしまった。

よく捨てられないなと毎回思っているし不安になったりもする。

 

『彼氏が離れていってしまわないか』

やっぱりここまでくると、彼氏も離れていってしまわないかとても不安になる。

でもその分、フェラや手コキのテクニックは結構上手にできるように工夫したし、自分自身の身体づくりは徹底しているつもりである。

特に、フェラは得意だ。

裏筋を舐めると気持ちいいらしく、そこを徐々に攻めると同時に、少しチンコ全体を吸いながら、口の中を真空状態にすることで締め付けられてるような感じで、より感じやすくなるらしい。

さらに舌の真ん中で、チンコの先っちょを押しながらやることで、膣の奥を突いているような感覚に落とし込む。

言葉で伝えるのはなかなか難しいが、そんなところだ。

なんなら、口の中で膣内を再現できるくらいまで上達していると思う。

これらのテクニックがあるから、まだ彼氏は離れてはいかないと勝手に思っている。

 

『最後の楽しみはまだ先』

とはいえ、最初の頃よりはだいぶキツマンも緩くなってきたと思っている。

前よりは、最後まで入るようになったのだ。

まだまだ入れたまま体位を変えたり突いたりするのは難しいが。

それでもまぁ、この調子で頑張り続けたら、いずれは最後まで致せるようになると思っている。

彼氏の巨根も、いずれは気持ちよく感じれる時がくると思うし、またそうなる時がとっても楽しみだ。

-巨根・キツマン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生で初めての3Pで、相方の巨根を目撃する

・人生で初めて3P 人生で初めて3Pを経験した時の、何とも言えない感情は今でも忘れられません。 男2人に女1人という内訳で、全員納得の上で、とてもポジティブな気持ちで実践することになったのですが・・。 …

巨根の彼とのセックスがたまらなく気持ちいいんです

・初めての大きさ 彼を気になったのは、合コンの時でした。 ヒョロッとしていて、黒縁メガネ。 明らかな草食系男子だったので、合コンでもちょっと浮いていたんです。 「グラス、空ですよ」 これが、彼へかけた …

コンパで会った巨根の彼とのHが最高だった体験談

私が巨根の男性に出会った時の体験談です。 あれは私が19歳の時です。 当時友達とコンパをしていたのすが、その時に意気投合をした男性がいました。 彼は22歳社会人になったばかりの男性でした。 顔はそこそ …

お前キツマンだったのかよと言われた私。初体験談

・キツマンである故の悩み 自分がキツマンだと知ったのは、初めてのセックスの日でした。 当時の彼は、かなり経験豊富な人で私はされるがままでした。 これで私も大人の女になれるんだと思っていたら、彼が急に戸 …

小柄で巨乳の女の子の締め付けがすごい

・出会い 彼女とはホテルのラウンジバーで知り合いになりました。 彼女は小柄でしたが、胸がとても大きく見えたので気になって声をかけてみたところ、一緒に飲むことになりました。 雑談をしながらラウンジの閉店 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。