えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

潮吹き

淫水噴出。潮吹きおまんこボイン性奴隷ますみ

投稿日:

●出会い

本名は伏せますが、ここでは「ますみ」と呼びます。

46歳で既婚。

高校生の息子が二人いると聞きました。

私たちの初めての出会いは、出会い系サイトでの私の恋人募集の投稿に、彼女がメッセージを送ってきたことで始まりました。

彼女の積極性は、私の期待を遥かに超えたものでした。

彼女は私のEカップ以上のボイン女性募集の投稿に対し、熱意と親しみを込めて返信してきたのです。

そのやり取りは、私たちが出会う運命を決定づけました。

初めて会ったとき、ますみの存在感は圧倒的でした。

彼女は自信に満ち溢れていて、その態度は私を引きつけ、心を掴みました。

 

●ボインマッサージ

ホテルの一室に入ると、ますみに写真の撮影を申し出ました。

人妻である故に顔は断られましたが、その熟れた肉体は、存分に撮らせてもらえました。

勿論、張りのある白いボインも。

浴室で手コキとフェラで抜いてもらい、ベッドへ。

僕の性癖のローションをたっぷりと垂らしてのボインマッサージも、心ゆくまで堪能しました。

「ますみのボインは誰のもの?」

「ますみのボインは、ご主人様のものです!」

事前に教え込んでいた台詞も、よく学習していました。

即席の言いなりボイン性奴隷として振る舞ってくれるますみは、大人の女性でした。

快楽に狂ったますみが眼の色変えて「ちんぽ!ちんぽ!」と大声で連呼するのには、すごく興奮しました。

高校生の息子達が聞いたらどう思うかは、分かりません。

 

●潮吹き

私たちの関係は、ますみが私に自身の特別な才能を見せてくれたとき、新たな次元に達しました。

彼女は潮吹きの才能を持っていました。

それは彼女自身の感情の波と共に、強く、激しく、そして美しく噴出しました。

彼女の全てを見せてくれる瞬間で、彼女の素晴らしい感じ方を表現する最良の方法でした。

彼女が連続でイキまくるその姿は、私にとってこれまで経験したことのない現象でした。

それはますみ自身が私に対して抱く感情の表現であり、私たちの間に生まれた絆を強くしました。

覚えている限り、あらん限りの絶叫と共に十回は潮を吹いていたと思います。

若い娘もそれなりに抱いてきましたが、こんなおまんこは初めてです。

シーツはびしょびしょになり、ホテルの従業員の方には今も申し訳なく思っています。

ぐったりと疲れ果て、すっかり気を許したますみは、ついさっき会ったばかりの初対面の男に、お尻の穴すらも開放してくれました。

ますみが私に向けて見せる彼女の全ての感情、悦び、興奮、すべてが愛おしく思えました。

彼女の笑顔、彼女の吐息、彼女の絶叫、その全てが私の心を満たしていきました。

私たちは共に笑い、共に愛し、共に貪り合ったのです。

 

●潮吹きというギフト

私たちの関係は、ますみが私に自身を全て開放することで、新たな次元に達しました。

彼女の感情の噴出は、私たちが互いに理解し、尊重し、そして愛し合う過程において、とても重要な役割を果たしました。

それは私たちが共有する最も特別な時間であり、ますみが私に与えてくれた最も大切なギフトでした。

これまでの彼氏や夫にも見せたことのないという、潮吹きという痴態を見せてくれた彼女。

まあ、本当のところは知る由もありませんけれど。

ますみとはその後に誤解が生じ、現在は連絡を取り合っていません。

しかし、ますみとの一部始終はこっそり録音して、たまに聞いて楽しんでいます。

勿論、これからも誰にも聞かせるつもりはないですが。

とめどなく淫水が噴出するスケベなおまんこを、僕は生涯忘れることはないでしょう。

ますみのボイン、当然、おまんこも目当てではありましたが、、こんな思わぬ狂態を拝めて、いやはや男冥利に尽きました。

 

-潮吹き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

リビングで水たまり。僕と彼女の潮吹き初体験

『彼女との関係』 僕の彼女は6歳年下の女の子。 住まいは50km程度離れていて、実家住みの彼女は週末に一人暮らしの僕の家に来てくれます。 特にこれといって何をするわけでもありませんが料理を作って、たま …

女性の潮吹き体験談。深まる性的自信と愛着

初めての潮吹きについての私の体験談をお話しします。 私が初めて潮吹きを経験したのは、大学生の時でした。 その当時、私は彼氏と付き合っていて、性的なことにも興味があったのですが、まだまだ初心者でした。 …

挿入はいまいちだけど、潮を吹かせるのだけは上手な彼

以前付き合っていた彼のことです。 その彼とは約1年間付き合っていました。 その時に思ったことが、「挿入の時はいまいちだけど、彼は潮吹かせるのだけはうまいなあ」ということでした。 そんな彼とのお付き合い …

巨根好きの人妻、潮を吹く

・人妻との不倫 彼女とはSNSで知り合いになりました。 彼女には巨根願望があるらしいのですが、どうやら旦那さんのモノはそんなに大きくないらしいのです。 僕の巨根画像を送付したら、即OKの返事が来ました …

潮吹きなんて無縁だと思っていたのに…

「自分は潮吹きなんて絶対できないと思い込んでいた」 10代の頃から何回かHなDVDや動画を観る機会がありましたが、その中で行為中に女性がアソコから何かを吹き出しているシーンを何度か目にしたことがありま …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。