えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

エッチないたずら・ラッキースケベ

美人店員のお尻が見えてしまうラッキーな展開!

投稿日:2023年8月18日 更新日:

・はじめて会ったのはまさかのコンビニ

私が大学生の頃の話ですが、お腹が空いたので夜中に一人でコンビニに。

夜中のコンビニと言えば、普通は大学生やフリーターの兄ちゃんがバイトをしているのが定番だけど、なぜか行ったコンビニは若くて美人の店員が働いていた。

女子大生というよりはおそらくフリーターなのだろう。

髪は茶髪で、顔は女優の満島ひかりに似ていた。

ちょっと元ヤンぽいけど、男だったらおもわず振り返ってしまうくらいの美人だった。

体型もやせ型だが、顔や体型に似合わずお尻が少し大きめで、いわゆる安産型のお尻をしていたのがとても印象的だった。

 

・本人は気づいていない?それともわざと?

なぜ、彼女のお尻をそんなにじっくりと見ることができたのかというと、彼女は弁当が置かれているコーナーの品出しをしていたため。

彼女は俺にいらっしゃいませと声をかけながら、どんどんと弁当を並べていた。

最初は気づかなかったのだが、彼女の後ろを通るときに何かが気になった。

最初はそれがいったいなんであるかを確認することができなかったのだが、よく見ると彼女は下着を履いていないことに気づく。

ラッキースケベで店員のパンツが見えたというのは結構あると思う。

しゃがんだときに見えることは多い。

とくに夏場であれば腰のあたりからパンツが見えている女性店員は多い。

だが、俺が見たのはパンツではなくお尻だった。

お尻が見えるということは、パンツを履いていないとしか考えられない。

本人は気づいていないのか、それとも痴女で男を誘っているのか判断するのが難しい。

 

・たまたま道で遭遇

初めて、彼女と出会ったときは、お尻が見えていたので後ろから何度か見ただけで、とくに声をかけることもなく弁当と飲み物だけを購入してコンビニを出た。

そのようなラッキースケベを体験した約1週間後くらいに昼間道端で彼女と遭遇。

一人で歩いていたので思いきって声をかけてみた。

「○○のコンビニで働いている店員さんだよね?」彼女「え?そうですけど。」と困惑した表情で、誰だかわからないという顔だったが、話をしているうちに打ち解けて、カフェに一緒に行くことに。

そこで、なぜ声をかけたのかを正直に話してみた。

コンビニに行ったときに、お尻が見えていたこと、美人でタイプだったことなど。

お尻が見えていたという話をしたら彼女は、こちらでもわかるくらいに顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしていた。

でも、少し笑っていたので安心した。

 

・カフェの後はラブホに直行

カフェで打ち解けたので、あのとき見たお尻が忘れられないことやもう一度見たいことを彼女に伝えた。

彼女は恥ずかしそうにしていたが、「みせちゃったのは私だし、しょうがないからいいよ」ということで、そのままラブホに直行。

お風呂に入る前に彼女のお尻をしっかりと堪能。

ちなみに、この日はちゃんとパンツを履いていたが、真ん中の部分にはいやらしいシミが付いていた。

「今日はパンツ履いているんだね?でもシミが付いているよ!」

彼女「いつもは履いているの!あのときはたまたま履いていなかっただけ!シミが付いているとか言わないでよ(笑)」

お風呂に入る前にニオイも嗅がせてもらいましたが、臭いどころか無臭で逆に興奮。

その後1年くらいは、セフレみたいな感じで自然消滅。

コンビニでもラッキースケベは体験できることを学んだ。

-エッチないたずら・ラッキースケベ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

妻のお義母さんへえっちないたずらを続けています。

今の妻と結婚して子供ができたころ、なかなか自分も仕事が忙しく、ついつい義理の自宅でお世話をお願いすることが増えてきました。 妻はしばらくここでお世話になり、自分はご飯だけこちらへお邪魔して、その後自宅 …

ノーパン電車出勤!痴漢さんに触られた!

・その日は朝からえっちな気分 私の名前はあすみ。 24歳のOLです。 その日はなんだか、えっちないたずらをしてみたいという欲求に朝から私は苛まれていました。 考えるだけで、アソコがムズムズしてくるんで …

小学生マンコの割れ目を見る男ども

『焼却炉と水路整備』 今はもうほとんどなくなったかと思いますが、昔、私の通っていた小学校にはごみ焼却炉がありました。 そこで学校から出たごみや雑草、剪定した枝葉などを燃やしていたのです。 もちろん、ご …

ショタだった頃歯医者で女医さんの大きな胸に

僕は生まれた時から母方の祖父母と暮らしていた。 僕はおばあちゃん子で髪を切りに行くのもおばあちゃんの行きつけの美容室に一緒に連れて行ってもらったり、買い物や遊びに行くのもいつも一緒でした。 中学1年生 …

人混みから抜け出し一休みしていたら美人が…

ある夏の日に江の島でイベントがあったので参加しにいった。 夏、しかも海がすぐそこにあるということもあり水着の上に薄着を着た人々であふれかえる。 屋台が広がり気温も高くなる日中、テンションが上がり、私は …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。