えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

風俗・水商売

スナックの雇われママと店内で戯れました…

投稿日:2022年12月19日 更新日:

俺は転勤族で地方へ来ています。

それにしても呑み屋もほとんど無く、楽しみが全くない場所です。

そんな俺がこの地で思わぬ出会いと喜びを、同時に掴むことが出来ました。

 

〇スナック雇われママとの出会い

俺は26歳の独資サラリーマンで、メチャクチャ転勤や出張の多い会社で働いています。

2年前の話し。

また辞令が下り転勤することとなりました。

転勤先は、東北の漁港近くの田舎町。

仕事が終わり、どこかで飯食おうにもほとんどお店が無いし、数店舗のスナックほどしか存在していません。

そして今日も仕事が終わり、コンビニで弁当を買い自宅に戻ります。

食事が終わるとまた退屈な時間…。

昔は会社帰りに必ずと言っていいほど、水商売系のお店へ呑みに行くのがルーチンだった俺…。

なので、ココでの生活はまるで拷問を喰らっているみたいです。

遂に辛抱堪らず、3キロ程先にあるスナックにタクシーで向かいました。

お店に到着して扉を開けると、想像以上の美人ママが登場。

俺は水割りを飲み、ママとのお話をしばらく楽しみます。

彼女は35歳の愛美さん。

水商売歴は長いみたいですが、このお店は知り合いに頼まれ雇われママをしているとのこと。

それからママは女優顔で、高島礼子に似て魅力的です。

おまけにオッパイも大きく…恐らくFはあると思います。

2時間ほど滞在しますが、客は相変わらず俺一人…。

ママの話しによると、この辺りだとなかなか商売も大変らしいです…。

その後も結構酒を呑み続けています。

基本女癖の悪い俺ですから、このママをなんとか物にしたい気持ちが沸き上がってきました…と、その時、「今日は誰も来ないからやめる…一緒に呑んでいいかしら?」とママが言ってきました。

 

〇店内でママと戯れます

俺は明日も仕事でしたが、こんなタイミングを逃す訳にもいかず、とことんママに付きあうことにします。

酒が進みだし、気が付けば俺は5時間もここで滞在しています。

俺はもうベロベロです…。

トイレからよろけながら戻ってきた俺を見たママは、カウンターからソファーへ座席移動させてくれます。

ここで一瞬ママと触れ合った時の香が染みわたり、デカイおっぱいが密着すると俺のチンポが元気になったのが判りました。

俺はいきなりママへキスをしました。

「駄目よ…」とママが言いますが、俺は更に激しいディープキスをしてあげます。

ママも段々調子が出てきたみたいで、俺の舌と絡め合います…。

オッパイを揉みはじめます。

期待通りのデカイおっぱいで弾力も素晴らしい…。

俺はママの足を大きく広げ、パンティの上から股間を弄り始めました。

「アーン、ダメよそんなところ…アッ」。

ママの厭らしい声が心に響き、俺はズボンとパンツをおろしママにフェラをお願いしました。

素敵なフェラでした。

とても優しくマッタリとチンポをシャブってくれます。

我慢出来なくなった俺はカウンターにママの両手をつかせ、バックから挿入です。

「アー、凄い、大きいわー…凄いアッ」。

ママのマンコはメチャクチャ濡れており感度抜群!

俺はそのまま尻の上に射精し今日は終了です。

その後の俺はこのスナックには毎日のように足を運んでいます。

勿論最後までお店に残っては、ママと店内で戯れています。

-風俗・水商売
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

デカマラ男の娘で楽しんだ、俺の風俗体験談

風俗は大好きで若い頃からいき捲っている。 ただ、あんまり行き過ぎるとマンネリ化も始まり、おまけに玄人染みた風俗嬢のサービスでは満足出来ない身体になってきた。   〇素敵な風俗を発見 俺は30 …

クラスで地味だった女の子が風俗嬢になった話

・風俗で働く彼女と付き合う事に 風俗で働く彼女と付き合っていましたが、昔と比べてかなりあか抜けたなあ、と感じずにはいられません。 彼女とは、中学時代からの知り合いだったので、結構昔の姿を知っているんで …

処女なのに風俗で働いた体験談…中級ソープ店にて

<決断するまで> 私は大学3年生の秋ごろから、約半年間中級ソープランドで働いていました。 父を早くに亡くし母子家庭で育った私は、母が必死になって働いてくれたおかげで私立の大学に進学することが出来ました …

ナンパか客引きのつもりでしたが立ちんぼさんで驚愕

<背景> 仕事がら東京赤坂に出張することも多く、出張と言えば赤坂界隈の飲食店で飲み、その後はホテルに宿泊するパターンがパターンとなってる。 秋深まる10月の最後木曜日夜に赤坂で同郷の友人と居酒屋で待合 …

風俗店を目指して雄琴まで遠征した童貞大学生の話

『童貞喪失の決意』 もう随分古い話になります。 当時、兵庫県内の大学に通っていた私は未だ童貞であることを恥じ、何とか初体験ができないかと悶々とする日々が続いていました。 しかし、女友達もいない私に今す …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。