えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

貧乳

貧乳の大学生は、とんでもないエロ女だった

投稿日:

『貧乳のお姉さんと密室で二人きり』

行きつけのスナック。

久しぶりに足を運んでみたら、新人の女の子がアルバイトで働いていました。

仮にSさんとでも呼びましょうか。

大学4年生だというSさんはショートヘアで顔立ちがよく、まるでアイドルのような風貌でした。

ひと目でSさんのことを気に入った僕は、何度となくスナックに通いつめ、休みの日を利用して、ようやくSさんをカラオケボックスに誘い出しました。

夜のお店の雰囲気とちがい、日中に会うSさんはとても清楚な感じがして、僕はますますほれ込んでしまいました。

僕とSさんは軽くビールを飲みながら、ほろ酔い加減でカラオケに興じました。

「やっぱりSさんは、いい子だなぁ」と思いながら、僕がマイクをつかんで歌っていると、急にSさんが僕の体にすり寄ってきて、「あたしはマイクよりも、こっちの方が好き」といい、僕のちんこに触り始めました。

「えっ、何するの!?」と僕は目を疑いました。

清楚なイメージのはずのSさんが、驚いたことに僕のズボンを脱がせ、ちんこを求めてきたのです。

僕はSさんの体の匂いにとろけそうになりながら、Sさんとのえっちに身をゆだねました。

Sさんは貧乳が悩みだとぼやいていましたが、「あたしの胸をもんで。もっと興奮させて」と口にしながら、僕の体に密着してきました。

カラオケボックスという密室の中で、僕らはえっちをしまくりました。

Sさんの胸は、たしかにそれほど大きくありませんでしたが、じつに整ったかたちをしていて、僕は一匹の獣にでもなったような気分で、Sさんのおっぱいを舐めまわしました。

 

『もっと大きくなーれ! おっぱいも、ちんこも』

それからというもの、僕とSさんは時折カラオケボックスで、えっちをし合うようになりました。

Sさんは「もっとおっぱいを大きくしたいの」という理由で、執拗に胸を触らせてきました。

僕はおっぱいに触れるだけでなく、ぐちゅぐちゅと淫らな音を立てながら、Sさんのおっぱいを吸いまくりました。

「ああ、いい。ああー」といいながら、悦びの声をあげるSさん。

僕のおっぱい攻撃に満足すると、今度はSさんが僕のちんこに攻撃をしかけてきました。

Sさんは、これまたぐちゅぐちゅと卑猥な音を立てて、僕のあそこを舐めまくりました。

我慢できなくなった僕は「ああ」と声をもらし、Sさんの口の中で何度もイッてしまいました。

「Sさん、Sさん‥‥」。

僕はSさんの名前を呼びながら、身も心もSさんの女体に溺れていきました。

えっちを重ねるごとに、Sさんのおっぱいも、僕のちんこも、どんどん大きくなっていったから不思議です。

巨乳と貧乳。

「どちらが好き?」と聞かれたら、もしかすると僕は「巨乳」と答えるかもしれませんが、少なくとも今ではSさんのおっぱいが一番好きです。

それはきっと僕が舐めまわして、大きく育てあげたおっぱいだからでしょうね。

巨乳とまではいきませんが、ちゃんと上を向いて、エロっぽい色に染まりぬいたSさんのおっぱい。

「あーん、早くきて」というSさんの胸に口づけをすると、僕は今日も密室でSさんの女体に酔いしれています。

Sさんのおっぱいに負けず、僕のちんこは今夜も元気いっぱいです。

-貧乳
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

貧乳女性の3つの魅力。感度、美乳、恥じらい 

おっぱい星人は基本巨乳に魅力を感じると思いますが、貧乳にも魅力はたくさんあります。 おっぱい星人である私が貧乳に感じる魅力をご紹介します。   魅力① 感度が良い 一般的に言われることですが …

no image

体験談による貧乳女性の魅力とセックスでの責め方

●はじめに 世の中の多くの男性たちは、巨乳の女性に注目をして、男性同士の会話では、巨乳の女性に話題が集まりがちです。 貧乳の女性からすると肩身が狭い感じがします。 しかし、中には貧乳の女性が好きな男性 …

no image

貧乳のソープ嬢菜奈ちゃんの見事なフェラ攻撃

▲▲市の某ソープランドで菜奈ちゃんに相手をしてもらいました。 午前中のフリー割りで1時間30分で25800円です。 店舗は外壁にモニュメントのレリーフがありますが、けばけばしい広告が無く入りやすい店で …

no image

現在の妻との交際中の時、初めてのラブホで貧乳発覚

【妻との交際中 わりかし豊乳だな!】 高校の同級生だった私と妻。 SNSを通して4年ぶりくらいに再開。 私は当時彼女な2年程おらず、寂しい日々を過ごしていたので久しぶりのデートに舞い上がっていました。 …

no image

巨乳好きのオレが貧乳の魅力を知った日

~イントロダクション~ ある休日の出来事。 この日は風俗店にて、以前から目をつけていた巨乳美人の女の子と遊べる日とあって、俺は意気揚々と店へと向かった。 しかし、店に入り予約客であることを申告すると、 …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。