えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

混浴・温泉・お風呂・銭湯

混浴露天風呂で40代肉食熟女とのラッキーな出会い

投稿日:

仕事でとある温泉街に行きました。

そのまま帰るのも勿体ないので温泉旅館に泊まる事にしました。

食事も終えて浴場に行くと、露天風呂は混浴との事で驚きました。

まあ、男しかいないだろうと思って露天風呂に行くと誰もいなかったのて一人で満喫していると、自分が入ってき扉と違う扉がガラガラっと開きました。

「えっ?」と思って見ると女性が一人で入ってきました。

驚きです。

バスタオルで体を隠していますが40代くらいの細身の女性でなかなか綺麗な顔立ちをされている方でした。

ちょっと足元が覚束ないようなのでだいぶ酔っ払っているようです。

凝視するのもなんなので目線を向けないように気をつけて平静を装いました。

女性が湯に浸かった音が聞こえてくると「どちらからお越してすか?」と声を掛けられました。

顔を向けるとこちらを見ています。

私に声を掛けてくれてます。

「東京です」と答えると相手は横浜だといい、結構近いですね。

と答えるとそれをきっかけに会話をするようになりました。

相手の女性は友人と二人で旅行に来たとの事ですが連れが酔いつぶれてしまったので一人で温泉に浸かりに来たとの事です。

結婚してると聞いたのでご主人はほっといて旅行に来たんですか?と聞くと意味ありげに微笑むと主人がいたら思いっきり遊べないじゃないですかとの事でした。

これはチャンスありか?と思い、ちょっと聞こえづらいんでそっちにいっていいですか?と聞くと「どうぞ」の返事でした。

会話をしながら徐々に近づいていき最終的にはすぐ隣りまで近寄りました。

相手も絶対に満更ではないと確信すると肌が綺麗ですね。

とかうなじが素敵ですね。

と誉めモードに入ります。

相手も微笑んで御礼をいいながらうれしそうな表情です。

お互いタオルを巻かずに湯船に浸かっているので「体が見えちゃってますね」と言うと「あなたのも見えてますよ」と返事が来ました。

「えー!じゃあ、おっきくなってるのわかります?」

「わかりますよぉ」

「恥ずかしいなぁ」

など徐々にエロモードトークに移ります。

「でもハッキリとは見えませんよ」と言ってきたので「じゃあ、見てみます?」と言うと「えー?」と言いながら蠱惑的な笑みを浮かべてきます。

もういけるだろうと「触ってみてもいいですよ」と女性の手を取ると私の股関に手を持っていきました。

ぎゅっと握ると「すっごーい」の一言。

「私も触っていいですか?」と言うと返事を待たずに乳房に手をやりました。

おたがい相手の体を触りあうと抱き寄せてキスをしました。

女性はあっさり受け入れると自分から舌を入れてきます。

もうノリノリです。

しばらくキスをしながら私は乳を揉みしだき、女性は私の棒をしごいでまさぐりあっていました。

すると内湯の扉がガラガラっと開く音が聞こえてきました。

誰かが入ってきたのです。

その音で私たちは唇を話しました。

私は手も放しましたが女性は握ったままです。

このまま続けるわけにもいかないので「私の部屋に来ませんか?」と聞くと「はい」とニッコリ笑顔。

そうして私たちは露天風呂をでました。

私は入ってきた客にいきり立っているものが見られないように風呂を出ました。

外で待っているとほどなく女性が出てきました。

はた目には夫婦であるかのように連れだって歩いていきます。

「友達は大丈夫ですか?」と聞いたら「多分、朝まで起きないし、目が覚めたら電話が掛かってくるから大丈夫」との事でした。

安心して部屋に連れ込むと襖を閉めるやいなや抱き寄せてディープキスを交わしました。

女性も首に手を回して熱烈に応えてくれます。

浴衣の間から手を差し込むとノーブラでした。

そのまま手を下に這わすと下も履いておらず準備万端でした。

驚いたのはほぼパイパンで既に濡れ濡れでした。

私はパンツを履いていたので女性はパンツに手をねじ込むと棒を強く握ってしごいてきます。

そのまま布団に雪崩れ込むと私は乳にむしゃぶりつきます。

ああっと喘ぎながら女性は私の頭をかきむしります。

身体中を舐め回して愛撫していくと女性の息がどんどん荒くなっていきます。

興奮さめやらないので私は愛撫をやめて膝立ちしました。

相手も分かっているという事で体を起こすと私の棒を咥えだしてくれました。

よだれでびちょびちょにしながらたっぷり奥まで咥えてくれます。

もう我慢できないというところで挿入をしました。

女性も腰を降ってくれてとても気持ちよくたいしてもたずに出してしまいました。

情けなかったですがずっと刺激されていたので我慢の限界でした。

せっかくなのでそのまま2回戦を始め、最終的に休憩を挟んで三回させていただきました。

しばらく二人で横になってましたが戻らないといけないからと女性は部屋に帰っていきました。

翌日、チェックアウトの時にそう言えば名前も聞いてなかったなと思ってフロントに行くと女性二人組がいて、一人は昨日の女性でした。

お互い目が合って軽く会釈をしました。

随分高級そうな服を着て身なりがしっかりしていたのでこれも意外でした。

私がチェックアウトしている時に連れの人が「ちょっとトイレにいってくるね」といって離れると女性はフロントのメモ用紙に何やら書くと黙って私の手にメモを入れてきました。

後で見ると携帯電話の番号でした。

出張先で肉食熟女に出会えたラッキーな一夜でした。

-混浴・温泉・お風呂・銭湯
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大浴場の女性清掃係に見られ・しゃぶられ・発射した

■私の履歴 私は、京都に本社を置く、大手製薬メーカーの営業部を統括する管理職である。 30代中盤から40代に掛けて、奈良周辺エリアの基幹病院を担当するプロパーとして活躍していた。 小さい頃から口八丁手 …

no image

温泉旅行で妻が友達2人と3Pしてそれを覗く俺

・バツイチの友達2人を連れて行ったのが間違いだった 俺は妻マナのことを本当に愛している。 たとえどんなことがあろうとマナと別れることはないと誓える。 だから俺はあの時マナのことを許した。 2年前のこと …

no image

サッカー部マネージャーと夜の居残り練習

<はじめに> 俺は30歳、会社員。 独身だ。 現在はメーカに勤務しており、平日勤務の土日休みだ。 いたって平凡な人間で、昔からこれといった趣味や特技も無い。 しかもまだ独身で、彼女は5年以上いない。 …

no image

なりゆきで混浴風呂に入って女友達がセフレに化けた

『女友達と二人きりで温泉旅館にいくことに』 僕が大学時代の女友達の美桜とセフレになったきっかけはこの前の温泉旅行だ。 もともと旅行会社勤務の美桜が役得で手に入れた高級温泉旅館に男2女2で一部屋に泊まる …

no image

水商売の女たちと混浴の秘湯へ

『水商売の女たちと混浴の秘湯へ』 今から数年前、行きつけのスナックで働いている女性陣に誘われ、山の中の温泉へ行ったことがあります。 いわゆる秘湯と呼ばれる温泉で、料理も素晴らしく、女性客には人気の宿で …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。