えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

貧乳

貧乳な私が下着売り場の試着室でレズセクハラをうけた

投稿日:

基本的に貧乳は気にしていないけど

もうアラサーと言える年齢である私ですが、貧乳なんです。

いきなりですが。もうこの年齢では豊胸でもしない限り胸が大きくなることはないでしょうね。

思春期のときに少しだけ乳首と胸の周りが膨らみ始めたと思ったら、乳首だけ膨らんで胸自体は膨らみが1センチもないぐらいで成長が止まってしまいました。

かなり珍しいぐらいの貧乳だと思います。

温泉に行ったりしても大抵の中学生や高校生は私よりずっと胸がある場合がほとんどです。

別にそこまで貧乳のことは気にしているわけではないのです。

運動するときに邪魔にならない分まだ良いかなと思ったりします。

あまり胸が大きいと肩こりの原因になったり上半身が太って見えたりするみたいですからね。

やや下半身太り気味の私にはまだ好都合の貧乳だったのかもしれません。

 

唯一嫌なのはブラを買うとき

基本的に自分の貧乳が嫌だと思わないのですが、唯一面倒なのがブラを買いに行くときです。

ブラを買いに行くときには小学生や中学生のときから何かと恥ずかしくて嫌な気持ちでしたが、そのときは母親と一緒でした。

まあこれはよくあることなのだと思います。

でも大人になってからも一人でブラを買いに行くとき、なんだか少しだけ面倒で気が重くなるのです。

自分に合ったブラがなかなかないからですね。

実はあまりにも胸がないので大人用ではなくジュニア用の「思春期用」ブラを買ったことも何度かあるのです、それも成人してからです。

ちょっと人には見せられないような子どもっぽいブラですが、サイズや形が自分に合うものがスポーツブラ以外あまりないのが現状なのです。

大人用の一般的なAカップブラは大きすぎてブカブカ違和感があります。

 

大人の下着を買いに面倒なブラショッピングへ

でも先日、下着も使えるものがなくなってきたので今度こそは少しまともなタイプのブラを買おうと思ったのでした。

しっかりとサイズを測ってもらってサイズを確認して、できるだけ自分に合ったお洒落タイプの大人のブラを手に入れようと思ったのです。

でも行かなければ良かった、と思ってしまったのです、結果的には。

あの日にあの店員に当たらなければ良かったのでしょうけど、よっぽど運が悪かったのでしょうね。

しばらくはブラショッピングはする気になれないような出来事があったのです。

 

近所のデパートの下着売り場にて

行き慣れたいつもの近所のデパートの下着売り場で、ワコールやトリンプなど、少し高めで質が良いブランドのブラを色々と物色していました。

貧乳な私でも痛くないようにワイヤーが入っていなくてもワイヤーのようなサポートを別の素材のもので補っているという新しいタイプのブラを発見しました。

デザインもワイヤー入りのお洒落ブラと見かけは同じ、Aカップももちろん置いてありましたが、話によるとAAカップも取り寄せることができるそうです。

少し期待をしながらワコールから出ていたワイヤーなしのお洒落ブラを一つだけ試着室に持ち込み、いつも買っているサイズだから比較的合うはず、これを試着して問題なかったら同じもののAAカップを取り寄せてもらおう、そう思って試着していたのです。

 

妙に積極的な下着売り場の女性店員

ちょうど上半身裸になったとき、外から声がしました。

「お客様、大丈夫ですか?サイズを測りましょうね」と。

「あ、大丈夫です、今試着しているので」と急いで答えた私でしたが、構わず試着室のカーテンから覗いてきた女性店員でした。

キャっ!と同性ながらも厚かましい人だな、と思い、手にとっていたブラで胸を隠しました。

「まずはサイズを測らせてください、そうしないとお勧めできるものが分かりませんから」と言ってきたのでした。

「あ、でも今裸なので」と言った私に対して構わず「サイズを測るときは裸の状態が一番です、さあ測りましょう」と、少し強引に巻き尺を見せてきたのでした。

少し強引だな、と思いながらも裸をそのまま見せて両手を上げ、バストトップとアンダーを測ってもらいました。

と、そのとき、左の胸を片手で思いっきり掴まれました。

ぎゃあ!と思いながらも公共の場だったので声は出せませんでした。

「お客様の胸は縦の幅もあまりない方なので今試着しようとしているブラはとても合っているはずですよ」と言ってきました。

そんなこと確かめるために触ってきた店員なんて初めてでした。

「一着目の試着なのでお手伝いしますね」と言った彼女は私が試着しようと思っていたブラを手にとり、私にそれをはめて背中から胸に向かって手を滑らせるように触ってきました。

「背中や脇のお肉を寄せてブラに入れるのですよ」と言ってきました。

まあそれはよく聞く話ですが。

ブラをようやくすっぽり付けることができた私に向かって「お似合いですね!これでAAカップならパーフェクトです!」と大きな声で言ってきました。

周りに聴こえるぐらいの大きな声で言わないで欲しかったです、失礼な。

 

明らかにセクハラする下着売り場店員

その直後に店員は私の右側の乳首をブラの上から触り、「この素材は乳首が透けないようにしっかりとカップのセンターが周りよりも分厚くなっているのですよ、お客様は胸は控え目でも乳首はわりとおありですから」と、また大きめな声で言ってきました。

もうさっさと終わらせて逃げ出したかったです。

と、そのとき、店員は片手で私の右胸を強く揉みながら丸出しの私のお腹をもう一つの手ですーっとなぞるように触ってきたのでした。

「AAカップ取り寄せて欲しい?」と、怖い笑顔で訪ねてきました。

「も、もう少し見てから決めます、一度出させてください」と小声で言った私を後にした店員でした。

私は一目散に服を着て下着を元の売り場に戻し、周りを見ることなく帰って行きました。

あんな場所であんなセクハラ受けたのは初めてでした。

女性同士だから安全なんていう保証はどこにもありません。

あれでしばらく下着売り場に近づくことができなくなってしまいました。

今は通販の下着を色々ネットで見ているところです。

-貧乳
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

強引にブラをはぎ取るとそこには想像通りの貧乳が

・大好きな彼女 付き合って3か月になる彼女がいます。 交際自体はとても順調で、彼女と一緒にいるだけでとても幸せな気持ちになります。 彼女のどこに惹かれたかというと、やっぱり性格になるかな。 彼女には3 …

no image

貧乳の自分がロリっぽくて好き、温泉では幼児プレイ気分

もう大学も卒業して社会人になっているというのに、私は未だに胸はAカップもないぐらいペッタンコです。 並みの「貧乳」ではなくて「ド」が付くぐらいの「ド貧乳」です。 本当はAカップがない人のためのブラが通 …

no image

オッパイ星人の私にとって彼女の貧乳は衝撃的でした

・オッパイ星人 つい最近まで、自他ともに認めるオッパイ星人でした(笑)。 要は、大きなオッパイに目が無いわけでして・・、こんなことを言うのもなんですが、オッパイが大きくなければ女の子じゃない、みたいな …

no image

男性が貧乳の女性に魅力を感じるポイントとは

私が貧乳派に鞍替えした理由 若い頃の私は、胸の小さな女性よりも断然大きな女性の方に性的な魅力を感じていました。 実際に貧乳よりも巨乳の女性の方が胸を揉んだ時の感触が柔らかいし揉み甲斐がある上に、何より …

no image

レズビアンの私は貧乳女子を征服することが喜びでした

・新入生に抱いた恋心 今では結婚して旦那と二人の子供がいる主婦です。 私は旦那と出会うまで、20代の後半まではレズビアンでした。 女性しか全く愛せなかったわけではなく、好きな男性がいたこともあり、短い …