えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

不倫・浮気

彼女といったクラブで友達と生挿入セックス

投稿日:

・彼女の友達は

私の彼女は少しポッチャリ系で背が低いので、豆タンクみたいな感じです

私とは10歳離れており、年下です。

ある日のデートの際に、彼女から

「友達の黒ちゃん(仮名)がクラブに行きたがってて、行こうと言う話になってるんだけど、私も行った事ないし、つれてって欲しいなぁ」

私は

「俺も行った事無いから無理、黒ちゃんって、俺あった事あったっけ?」

彼女

「この子、会ってないと思う、学校の友達だから」

と写メを見せられる。

がなんと写メには、スレンダーな美女が写っている。

彼女は私が写メに見とれているのを悟り、私から自分の携帯を奪い

「何見とれてんの?黒ちゃんは美人だからみんな黒ちゃん黒ちゃんになるんだよね、クラブ行ってくれないの?」

 

・私の同僚たか君

私はクラブに本当に行った事が無く私1人では無理な事だったので

「たか君に一緒に来てもらおう」

と提案。

たか君とは私の同僚で、映画のフィフスエレメントの黒人DJ役で出ていたクリスタッカーにそっくりで、まさにあのDJそのもの、なんです。

本当にバイセクシャルで男でも女でもたか君が可愛いと思えばどちらもありですし、喋りは少しオネエ系です。

だからではありませんが、夜の遊び場には詳しく、私とは仕事上で気が合い、仲良くしていて、周りからは

「互いの接点が見えない」

と良く言われています。

私の彼女も、もうやめていますが、私の会社でアルバイトをしていたのでたか君は知っています。

彼女も

「たかさんなら良いね、頼んでみて」

となり、私は次の日に会社でたか君に事情を話してクラブに連れて行って欲しいと頼みました。

たか君は

「いいよぉ〜、渋谷にしよっかぁ出やすいしぃ始めてなら良いとこあるから、いつにするぅ?」

私は彼女から、黒ちゃんも、行ける日を聞いていたので、たか君に行ける日を伝えて日取りは決まりました。

 

・生黒ちゃん

渋谷のハチ公まえで待ち合わせをして、私とたか君が先について、後から彼女と黒ちゃんが来ました。

私は黒ちゃんに見とれてしまいました。

黒髪のロングに背は私より少し小さめで、スレンダーですが出るところは出ており、腰は閉まっていてモデルさんみたいな感じです。

しかめ、今夜は黒ちゃんも気張ったらしく、黒のタイトミニね網タイツで、足も長く綺麗です。

彼女はそんな私を見て

「来るんじゃなかったかなぁ」

とつぶやきます。

たか君は自分の好みでは無いようで

「クラブ行くよぉ〜」

とマイペースに動き始めます。

 

・初クラブ

クラブにつき、全てたか君任せで入店。

薄暗い中フロアに連れていかれ、たか君は

「踊ってくるぅ」

とフロアに消えます。

気がつくと私は1人でした

辺りを見回しましたが、彼女も黒ちゃんも見当たりません。

数分間探していたら、彼女が私を見つけて

「ナンパされちゃった、連れがいるからって言ったら、誰って聞かれて貴方を見つけたから、彼だよって言ったら、おじさん趣味かよってどっかいっちゃたぁ」

との事、で彼女の隣で黒ちゃんはクスクス笑っています。

そこにたか君が来て、私の彼女だけをフロアに連れて行ってしまいました。

 

・黒ちゃんと2人きり

予期せずに私と黒ちゃんは2人きりになり黒ちゃんが

「トイレどこですかね?」

と聞いてきます。

私も始めての場所の為、バーカウンターのバーテンさんに聞いて、黒ちゃんを連れて行きます。

トイレはフロアから1つ奥に入った廊下の奥にあり、トイレ前にベンチが置かれてあり黒ちゃんはトイレに行かずにベンチに腰掛けて。

私に

「タイツに穴空いちゃった」

と細い長い足を私に向けて

「ほら」

と少し尻と足をあげて太ももの裏を見せます。

ミニですが、周りが暗くて中まではよく見えません。

黒ちゃんは

「暗いから見えないかぁ」

と言い、私の手を取り、自分の太ももの裏、タイツの穴に私の手を導きます。

私は黒ちゃんの座るベンチの前にしゃがむ格好になり導かれた手は黒ちゃんの太もも裏がわをスリスリ触る感じになりました。

黒ちゃんは

「わかります?穴」

と私に聞きます。

私は

「わからないなぁ」

と言い

「お尻を私に向けて立った方が分かると思う」

とタイツの穴の確認の方法を指示します。

黒ちゃんは

「わかりました」

と立ち上がり、私の顔に小さいお尻をむけますが、タイツの穴は、ミニスカの中の様子で見えません。

「この姿勢でも見えないから大丈夫だと思うけど」

と黒ちゃんに告げると

 

・黒ちゃんの目的は

黒ちゃんは

「あの子から聞いてますよ、彼氏さんの大きくて大変って」

そんな事話してるのかよと思いつつ

「そんな事ないと思うよ普通じゃないかなぁ」

黒ちゃんは

「このトイレ、男女兼用ですね、タイツの穴、見て欲しいから一緒に来て」

と私を立たせて、手を引き、私と一緒にトイレに入ります。

トイレは意外に広く、洋式便器が、奥に1つと洗面台が扉の手前に1つあります。

黒ちゃんはタイツを下げて便器に座ります。

私は反射的に黒ちゃんに背を向けてトイレの扉側を向く形になります。

そうしたら、黒ちゃんは私の股の間から手を差し込み私の股間を触り、チャックに手をかけて下ろしてから自分の方にわたしの股間を向けさせます。

そして私のベルトを外してズボンとパンツを下げて、私のちんちんを見ます。

流石に一連の流れで元気な私の股間を見て黒ちゃんは

「大きいですよ、羨ましい」

と言い、フェラを始めてくれました。

私は

「えっ、黒ちゃん、いいの?」

と聞いてしまいました。

黒ちゃんは

「だってあの子凄く自慢げで悔しかったし、彼氏さんの見てみたくて、見たらしたくなっちゃった、本当に大きいから、あの子から奪いたいと思ってますだから、気持ちよくなりましょ」

と言い再度フェラをはじめます。

私は、黒ちゃんを便器から立たせて、私が便器に座り、黒ちゃんのパンツの脇から生で入れてあげました。

黒ちゃんは小さいな声で

「おっきい」

と言い、私の上で自分から上下に動きます。

「中出しはだめだよ」

と言いながら腰は止まらずでしたがやられっぱなしはいやなので洗面台に黒ちゃんの手を置かせて立ちバックで私も黒ちゃんを攻めました。

その後フロアに戻り彼女とたか君を探して帰りました。

その後は修羅場です。

黒ちゃんは彼女に私とやった事を話してしまい、わかれることに。

-不倫・浮気
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

25歳独身女子と職場上司40歳の不倫体験談

●プロフィール 私は25歳独身女子です。 20歳の時に短期大学を卒業し、地元企業に入社しました。 現在入社5年目になります。 彼は40歳で同じ職場の上司です。 結婚していますが、子供は居ません。 顔は …

no image

社内不倫!新卒新入社員とのセックスに溺れた体験談

・彼女との出会い 当方男性会社員です。 私が35歳の時、新卒の新入社員として私の部署に配属された秋田美人と不倫関係になり、彼女とのセックスに溺れた日々の告白です。   その年の4月中旬、部長 …

no image

元彼とのセックスの快感が忘れられずW不倫に発展

・元カレとの出会いとセックスの快楽 私は短大卒で二十歳の時に地元の大手製造メーカーに事務職として就職しました。 親元を離れて一人暮らしするのも面倒でしたし、地元に多くの大手製造メーカーが本社や工場を持 …

no image

50代同級生と再会からのデート、不倫、セフレの道へ

【きっかけ】 既婚者同士の婚外恋愛なんて、もう巷にはあふれ返っていますよね。 今やインターネットで誰とでも簡単に出会える時代、ちょっと遊び心で知らない人と出会って、サクッと愉しむなんて私の周囲にもよく …

no image

兄の彼女は高校生の僕を誘惑する淫乱女

兄の彼女は、美人だ 僕には、4歳年上の兄がいて製造会社で働いています。 高校時代まで、野球部に所属して外野手でした。 顔は、イケメンに近く芸能人で言うと、「中山秀征」さんと似ています。 僕と兄は、まず …