えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

潮吹き

自分は潮吹きなんてできないと思ってた

投稿日:2024年6月16日 更新日:

「潮吹きは知ってたけど」

潮吹きのことを初めて知ったのは20代前半です。

当時付き合っていた彼氏とラブホでAVを観ていた時、AVに出演している女優が潮らしきものを吹いていました。

はじめはおしっこかと思ったのですが、彼氏が「今の見てた?」と言ったので「何が?」と聞き返したら「潮吹きだよ、やってみない?」とAVを少し巻き戻して潮吹きを見直しました。

あらためて見てもやっぱり私にはおしっこにしか見えなかったのですが、彼氏が潮吹きと言い張るので私は「私にこんなことできるわけない!」と言い返しました。

 

「自分にも潮吹きができた」

自分は絶対潮吹きなんてできないと思い込んでいたのですが、彼氏がやってみようというので言われるがままにしてみようと思いました。

かなり恥ずかしかったのですが、横にスマホを立てるように置いて録画を開始。

かなりドアップで映るような所に置いたので、もし潮吹きができれば映るはずです。

見えやすくするように照明を一番明るくしてトライしました。

彼は私のアソコに少しローションを塗り、自分の指にも塗りました。

そして、私に股を大きく開かせてアソコに指をゆっくり入れてきました。

はじめはゆっくりだったのですが、そのうちかなり早くアソコを擦るように指を抜き差しし始めました。

それに合わせて私もどんどん自分のアソコが濡れていくのが分かりました。

 

「彼氏が叫んだ!」

指の抜き差しを繰り返しているうちに私はいきそうになってきて、かなり激しく喘ぎ声をあげてしまいました。

すると、彼が「あ!出た!」と。

それと同時に指の抜き差しが止まったので私も冷静になり、「出たってまさか潮?」と聞いてみたら、彼氏は「そうだよ、録画したから多分見れる」と言いました。

彼氏は「ハッキリ潮がピュッと飛ぶのを見た」と言うので、録画しておいた動画を観てみることに。

すると、いきそうになっている時アソコの辺りから何かがピュッと飛び散っていました。

私がおしっこと勘違いしていた潮だと思います。

なぜ潮だと思えたのかというと、おしっことは出方が違うしその時に尿意があったかどうかぐらいは私も覚えていたからです。

動画に映っていたのは何か透明の液体で、スポイトで水をピューッと出すようなおしっこより少し弱い勢いの出方をしていました。

 

「自分も潮を吹けるなんて」

潮吹きなんて自分は無縁だと思っていましたが、まさかの事態にかなり驚かされました。

それにしてもなぜ彼氏は潮を吹かせる方法を知っていたのか、それは怖くて聞けませんでした。

多分いつも観ているAVで勉強したのだと思いますが、浮気だったらへこむので確認はしないままでした。

それ以降潮はおそらく吹いていないと思いますが、これは確認したわけではないので分かりません。

もしかして、潮吹きはほとんどの女性がHの時にしているのかもと今でも思っています。

自分では確認出来ないですし、相手もHの時は興奮状態で見落としている可能性もありますから。

少量だったら潮を吹いていても分かりにくいので、Hのたびに潮を吹いているかもです。

この時以来潮吹きは誰でもできるもので、珍しいものではないと思うようになりました。

今でもHの後に「何でここが濡れてるの?」と思うことありますから。

-潮吹き
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

クジラの潮を彷彿させる潮吹きテクニックの取得

<潮吹きを知る> 思春期ど真ん中でもある高校生の時でした。 ちょうど友達間でアダルトビデオの貸し借りや視聴が流行っていて、学校が終わった放課後には誰かの家集まり、最新レンタルのアダルトビデオを見て興奮 …

雨が降る日、体育館倉庫で彼女を潮吹きさせた

・放課後の始まり ある雨の日。 体育の時間が終わり放課後に。 この日はテストが近く、部活が休み。 下校は各自のタイミングで行われた。 僕は早く帰れるぞー、と喜んでた。 とは言え、体育で汗をかき暑い。 …

挿入はいまいちだけど、潮を吹かせるのだけは上手な彼

以前付き合っていた彼のことです。 その彼とは約1年間付き合っていました。 その時に思ったことが、「挿入の時はいまいちだけど、彼は潮吹かせるのだけはうまいなあ」ということでした。 そんな彼とのお付き合い …

夜のベランダで生セックス!大興奮で潮吹きエロ体験

・彼との出会い 私は大学生のあゆみ。 インターンシップに行ったらかっこいい社員がいて、連絡先を交換した。 直人、42歳。 私おじさんが好きでその人すごいイケおじ。 毎日トレーニングをしていてスタイルも …

タイ人を大洪水潮吹きさせたバンコクの熱い夜

・彼女との出会い あれは20代中盤の頃。 当時婚約までした彼女に別れを告げられ自暴自棄に陥っていた私は夏のボーナスを全額使ってタイのバンコクに旅行に行くことにした。 理由は寂しさを埋めるべく、とことん …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。