えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

処女でも気持ち良くなれる乳首と性器の取扱説明書

投稿日:2018年4月27日 更新日:

SEXにはSEXでしか得られない快楽が、自慰行為には自慰行為でしか得られない快楽があります。

私は中学1年生の時、まだ男性とは経験がなく処女でしたが、自慰行為の気持ち良さを知ってしまい、それからは毎日、日課のように自慰行為をしています。

もちろん、男性とSEXした後にでも、満足いけなかった時はこっそりお風呂や、男性がシャワーを浴びている隙にベッドで気持ち良くなっちゃいます。

そんな私がおススメの自慰方法についてご紹介したいと思います。

 

初めての自慰行為の方におススメ

最初から性器を直接攻めるのは少しハードルが高いと思います。

まずは自分の全身を優しく撫でてあげましょう。

ソファーやベッドに寝転んで、一枚一枚服を脱ぎながらで優しく肌を撫でて刺激します。

おっぱいを優しく揉んで、気持ち良くなってきたら乳首を優しく刺激。

乳首を撫でたり摘まんだりしているうちに、アソコが熱くなっていくのを感じると思います。

そうしたらアソコをソファーやベッドの脇に擦り付けてみましょう。

今まで刺激したことのないアソコはとても敏感で、あなたのクリトリスはひくひくなっているはずです。

腰を振れば気持ち良くなり、我を忘れてしまうほど気持ちの良い世界へ行けます。

そのまま絶頂を感じるのもいいし、直接手でアソコを触って見るのもいいでしょう。

 

自分の唾液で自慰行為

もっと刺激が欲しい場合は、自分の唾液を指につけてクリトリスを刺激してみましょう。

クリトリスとは性器を開いた上の方にある小さな豆のような部分です。

唾液を付けないでそのまま触ると刺激が強すぎるので、必ず唾液をつけましょう。

指で優しくクリトリスを刺激していくと、クリトリスが熱く、そして大きくなっていくのを感じると思います。それもいわゆる勃起です。

優しく円を描くよう、時に縦に指を動かしたり、横に小刻みに早く動かすと気持ち良さはMAXでしょう。

だんだんと唾液ではなく、自分のアソコからトロっとした愛液が出てくるのが分かると思います。

そのいやらしい愛液がまた気持ち良くさせてくれます。

 

一番いやらしくなる昼間に自慰行為

なぜか真昼間にとんでもなくアソコがムズムズして収集つかない時があります。

そんな時に本能のままにする自慰行為ほど気持ちがいいものはありません。

学校のトイレや職場のトイレ、しようと思えばどこへでもできるのです。

トイレと言えば、ウォシュレットほど便利な自慰行為の道具はありません。

乳首を指で刺激しながら、アソコも刺激することができるのですから。

腰を動かしてクリトリスに水が当たるようにします。

ムラムラしていた分、クリトリスは敏感になっているため、結構すぐにいけます。

おススメです。

クリトリスの次はGスポット

初めての自慰行為ではクリトリスが一番簡単に快楽を得られることができますが、次のステップとしてGスポットを攻めてみると、また新たな気持ち良さを経験することができます。(ただ、男性との経験がない処女の方は無理にするのは止めておきましょう。)

Gスポットの位置はクリトリスに比べると分かりにくいです。

場所で言うと恥骨の裏あたりになります。

クリトリスを刺激した後に、愛液がたっぷり出てきた頃をみはからって手のひらを上にして中指を膣の中に入れてみましょう。

第2関節が入ったあたりでちょっとザラザラした部分がGスポットです。

この部分が気持ちいいと思えるようになれば、性器を挿入された時にでもオーガニズムを感じるようになるでしょう。

Gスポットを気持ち良くさせるポイントは指の腹で優しく押したり、円を描いたりしてみましょう。

だんだんと全身の力が無くなっていくのを感じると思います。

 

一番贅沢なのはローションを使った自慰行為

私が一番好きで、一番おススメするのは、ローションを使った自慰行為です。

テクニックのある男性から舌で愛撫されることに勝るものはないと思っていますが、下手な男性に愛撫されるより何百倍と気持ちがいいことは間違えありません。

ローションはサラサラタイプより、ぬるっとタイプが絶対におススメです。

まずはやはり胸の部分から攻めていくのが一番でしょう。

恥ずかしいなどの気持ちは一切捨てて、目をつぶって舌で唇を嘗め回しながら乳首を触ったり、つまんだり、爪を立てて刺激しましょう。

吐息も我慢せずに出しましょう。

自分の全てを開放するのです。

乳首が立って気持ち良くなったら、次はクリトリス。

ビニールマットがあれば、アソコを擦り付けてみてください。

ローションが良い働きをしてとても気持ち良くなります。

もちろん手は乳首を刺激です。

そして、直接クリトリスを刺激して堪能した後は、Gスポットです。

これだけ気持ちの良い自慰行為を知ってしまえば、正直言って下手くそな男性とのSEXは不要です。

自分で絶頂に達したいときに達することができるし、自分自信を焦らしてゆっくり堪能することもできるのです。

ぜひ、今からでも試してみてください。

人生変わりますよ。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

男性必見!禁欲したうえで電マ、ローションオナニーは最高に気持ちいい

自慰行為(オナニー)の方法にはいろいろありますが、ほとんどの人がアダルトビデオやエロ本を見ながら、アソコをシコシコして発射というのが一般的なスタイルだと思います。 しかし、この方法だとだんだん飽きてき …

no image

自慰行為の快感の追求は男の永遠のテーマとなる

「自慰行為へのこだわりは」 男性に生まれたからには誰もが自慰行為の虜となります。 例え彼女がいたとしても結婚していたとしても女遊びが激しいとしても、自慰行為は日々の欠かせないルーティーンだったりします …

no image

女の子がより気持ち良くより興奮するひとりエッチ方法

~まずはひとりエッチに適した時間帯~ 人間には基本的に体内時計が組み込まれています。 生活リズムが仕事の関係上、昼夜逆転されている方などは別として、大概の方は夜間は眠り、朝目を覚ますというサイクルで過 …

no image

Dカップ、処女JKの目の前でしたオナニーが過去最高に気持ちいい

■グラマラス・ボディのJKの手コキ 僕は、マサコの頬に爪の裏側で線を描いた。 彼女は、全身をビックとさせ、背中を強張らせたが、すぐにいつものように、僕の肩に顔を寄せて寄り添い、 「どう、今日の肉野菜炒 …

no image

幼稚園から20代になるまでのオナニー法は基本的に同じ!

初オナニーは幼稚園のとき、幼稚園でも休み時間にこっそりと 私はオナニーに目覚めた年齢はかなり早く、今でも覚えています。 もちろんオナニーするときのネタに関しては当時は全くなく、ただ単に気持ち良いことを …