えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生(JK)初体験・初えっち

【高校生】処女卒業の喜びと1週間まともに歩けない苦しみ

投稿日:2017年5月14日 更新日:

私が高校3年生、18歳の頃始めての彼氏が出来ました。

彼は3つ年上の21歳、大学生でした。

まだ高校生の私は、車を持ってる彼が大人に感じ付き合う事になったのですが、付き合った初日。

ラブホに行こうと誘われました。

私はラブホなんて行った事なかったのですが行ってみたいという気持ちから彼と初めてのラブホテルへ行く事にしました。

 

深夜番組でよく見る、ピンクのライトの部屋ではなく、普通の部屋といった感じでしたがキレイに整えられたシーツや、家のお風呂とは違う大きなお風呂。

私はそういう行為をこれからする、という事を忘れ自分の家とは違う雰囲気にワクワクしていました。

ベッド付近に可愛いぬいぐるみが、たくさん置いてあり彼の存在を忘れ、楽しんでいると突然ベッドに押し倒されました。

一瞬何が起きたか分かりませんでした。

彼は我慢の限界だったそうです。

私は我に返り、緊張してしまいました。

まずは、お風呂に入らせて!と、逃げるようにお風呂場へ向かいました。

 

そして、しばらくすると彼が全裸でお風呂場に来たのです。

男性とお風呂に入った事のない私はどうしていいのか分からず、彼に背中を向けたままでした。

お風呂からあがり、とうとうその時がやってきました。

「処女なんだけど…」と言う私に彼は何故かすごく喜んでいました。

「やっぱり恥ずかしいし痛いからやめよう?」と言う私に彼は言いました。

「大丈夫、優しくするから力抜いて」と。

 

私は彼を信じ、力を抜きました。

その瞬間、今まであじわった事のないような激痛が走りました。

私は気絶寸前でした。

「もう勘弁して、もうやめて!」とお願いしてみたのですがここまで来てやめる訳がありません。

傷みに耐えながら、どれくらいの時間続いたのか分かりません。

終わってからも、しばらく動けない私はシーツに付いた血をみて「ついに処女卒業したんだ」と実感しました。

中学で処女卒業している子が多い中私は高校3年生でやっと処女卒業できたんだと

ホッとしながらも、あまりの痛さに放心状態でした。

その傷みは、すぐに治ると甘く考えていた私は地獄をみるのです。

次の日になっても傷みは治りませんでした。

トイレもシャワーも、少し動くだけで、ヒリヒリと約1週間は激痛でした。

友達に、歩き方がおかしいと言われ私は友達に全て話しました。

友達は大笑いしながら、一言。

「そのうち治るよ」と。

 

私は彼を恨みました。

優しくするからって言ったのに全く優しくなかった彼に殺意さえ芽生えました。

彼にその事を伝えると彼は笑いながら「大人になるってそういう事なんだよ」と言ったのです。

確かに、彼がああでもしなければ私は処女卒業出来なかったかもしれないと思うと彼に感謝しかありませんでした。

 

痛みも消え、忘れた頃彼に、またしてもラブホテルへ誘われました。

私は恐怖でしかありませんでした。

また、あの傷みが私を苦しめる。

そう思うとラブホテルへ行くのが怖くてたまりませんでした。

正直、周りの子よりも遅かったにしても

処女卒業した事に達成感のようなものがありまたやりたいとは思いませんでしたが彼は私に言いました。

「2回目からは痛くないよ」と。

 

私は、またしても彼を信じラブホテルへと向かうのです。

痛くないんだと安心しきって初めての日と違い、緊張をしていない私。

そして、いざ挿入。

私は震えました。

そして、彼に言いました。

「お願いだから、もうやめて!」

もちろんやめてくれるはずがありません。

2回目からは痛くないという彼の言葉を信じた私が馬鹿でした。

そして、その傷みはまたしても1週間続いたのです。

エッチが気持ちいいなんてウソ。

こんなの地獄じゃん、みんなよくやってるなと思いました。

あまりにも痛すぎて、病院にでも行こうかと悩みましたが

診察でエッチしてお股が痛いんですなんて言えるはずがなくなるのをただ待つしかありませんでした。

 

私は、彼の事が信じられなくなりました。

エッチしたいだけなら別れて欲しいと言うと彼は私がエッチをしたいと思うまで待つといいました。

しかし、私がエッチをしたいと思う事はなく彼は2ヵ月後、我慢の限界でやらせてくださいと頭を下げました。

私は待たせるのも申し訳なく思い、やると決めました。

 

まだ少し傷みがあるものの最初ほどではなかったので耐える事が出来ました。

3回目のエッチでも、気持ちいいと感じませんでした。

しかし、やるうちに傷みが弱くなっていき私はこの痛みが完全になくなったら本当の処女卒業なんじゃないかと思いました。

そして会うたびに挿入。

何度目かは覚えてませんが傷みを感じなくなると気持ちいいと思うようになりました。

そして全く、そういう系の知識がなかった私はコンドームの存在を知りませんでした。

彼はそれをいい事にコンドームを付けずに今まで挿入していたのです。

 

そして、ある日。

彼は中出しをしました。

高校卒業間近、私は妊娠してしまったと思い親になんて言おう、彼は責任取ってくれるだろうか。

と不安になりましたが翌月生理がきて、ほっとした私は処女卒業させてくれた事に感謝しつつ彼に別れを告げたのです。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

優しい大学生の彼と一緒に、初めてのエッチを堪能!

私の初めてのエッチは高校生のとき。 お相手は当時付き合っていた4つ上の大学生でした。 そのときのお話をさせてください。 【同級生より年上】 高校1年生。 私には中学のときから付き合っている彼氏がいまし …

no image

高校生の俺は中学生の感度最高おまんこで脱童貞してやった

アダルトDVDを見て過ごす高校時代の僕 僕は、中学時代少しはモテた経験がありました。 後輩の女の子から告白されたり、塾では他校の女子から誘われる事もありました。 しかし、ウブな男であった僕は、女性とま …

no image

高校生のエロ巨乳彼女を青姦から中出しした話

これは私が高校一年生の頃に実際に体験したお話です。 高校一年の初夏いつも通り無気力な日常を送っていた。 だが突然毎日が充実したものへと変わってイく‥‥ もう少しで夏休みだぁなどと友人とたわいもない話を …

no image

従姉と夜な夜な密かに続けた秘密のセックスごっこ

30歳の男です。高校生の時の実体験を書きます。 僕が高校に入学したと同時に、僕の家に、従姉の香織さんが住むようになりました。 僕の父の姉の娘である香織さんは、国立の女子大では最難関と言われるところに合 …

no image

屋上で水泳部員をオカズにオナニー。同級生に見られ…

エロ動画に夢中になっていた頃気になっていた夏美 私は今から5年前、高校に入学したお祝いに親からスマホをプレゼントされました。 当時私は、憧れのスマホを手にする事が出来、嬉しくて暇さえあればスマホをいじ …