えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

中だし

中出しと妊娠、良くある話から信じられない話まで

投稿日:

1.中出しでよくある話

セックスで中出しをする際によくあるのは、安全日だと勘違いして危険日に誤って中出ししてしまうケースです。

そういう場合は、急いで殺精子剤を使って精子を殺すか、着床してしまった場合は倫理的な批判や良心の呵責を覚悟で泣く泣く中絶するか、ある程度胎児が育ってしまった場合は潔く育てる決意を固めて出産するか、何らかの方法を取らなければなりません。

私も万が一の事態に備え、恋人に中出しする際は必ず殺精子剤を使用してもらっており、使用を拒む女性とは一切セックスしないことにしています。

ただ、子供1人を妊娠するには医学的な見地からすると30回のセックスが必要であり、そのため子作りを行う際にはむしろ妊娠しにくいと感じる場合が決して少なくありません。

普通の夫婦の場合は、1ヶ月に5回のペースでセックスを行っても妊娠に至るまでに半年かかるのが当たり前であり、2年間で200回セックスしても妊娠が実現しないケースもままあります。

近年では、青年向け同人漫画がインターネット上のまとめサイトなどで気軽に読めるようになっており、中出しセックスがカジュアル化しているため、1990年代よりも寧ろ中出しへの忌避感は薄れています。

また、日本社会の差別・偏見の是正化によって、できちゃった結婚への理解度も高まっています。

経済的に困窮している母子家庭のケースがあったとしても、食糧事情その他日本国内経済の発展によって本当に食事まで事欠くケースは少なくなっているので、望まぬ妊娠に対するリスクはある意味では低下しています。

 

2.妊娠をセックスの小道具としか思っていない変態女

私が出会った中には妊娠をセックスの演出程度にしかとらえていない変態女もいました。

私がアメリカのアリゾナ州のモーテルで出会ったスペイン系アメリカ人の女性は、普段セックスの配信や売春で収入を得ている女性でしたが、知らない男の子供を孕むことをセックス配信者としての、売春婦としての最大の栄誉と思っている、人間社会の一般常識では到底考えられない女性でした。

2017年に私が出会った時点でその女性は既に面識の無かった男との間の子供を2人産んでおり、その子供たちをセックスワークで養っていました。

ある意味では「肝っ玉母ちゃん」と見做し得るでしょうが、絶対に真似すべきではないところです。

AV女優の場合だと休業や引退などの節目で撮影を利用して妊娠を狙うそうです。

そうすることによってDVDの売上が伸びたり、復帰の際にも商品価値が保たれたりするようです。

尤も、本当に妊娠して出産した結果すっかり市井となり、一般人に戻ったきりAV業界から完全に距離を置くケースも少なくないようです。

無軌道なセックスによる妊娠に喜びを感じる女性の存在は相手の男性がいて初めて成り立つのであって、実際のところ男性の方にも妊娠させることに性的快楽を感じる人がいます。

私の知人の40代男性は、扇情的な女性ばかり選んで妊娠させるために結婚を5回行いましたが、子供ができる度に用済みと見做して離婚してきました。

人道的には許されることではありませんが、フィクションとして描くならとても面白そうな題材ではあります。

 

3.絶対に妊娠しない相手!倫理的には完全にアウト

絶対に妊娠しない相手というのが3パターンありますが、それは初潮前の幼年女子、閉経後の熟年女性、そして人間以外の動物のメスです。

1つ目のパターンを具体的に説明すると犯罪助長に繋がるので、そちらの詳しい説明は省略します。

2つ目のパターンである閉経後の熟年女性については、これは意外と簡単にセックスに至るパターンが少なくありません。

ブームが過ぎ去って細々と活動している女優などは狙い目であり、ファンであることをアピールすれば1ヶ月でセックスを行う関係にまで発展することもざらです。

3つ目の人間以外の動物のメス、これは日本では法律的に問題がありません。

一番扇情的な動物として馬を上げるものは少なくなく、肉厚でよく濡れた膣、筋肉と脂肪の配分が絶妙な尻など、中出し上等の獣姦愛好家にはたまりません。

但し、背後に近付くと強烈な蹴りを受けることがあり、それによる死亡例も多数報告されているため、パートナーとなる馬には事前に懐いてもらう必要があります。

というより、支障なくセックスできるように馬に懐いてもらうため、に牧場の仕事で事前に馬との関係を親密にする強者も存在します。

 

4.中出しの魅力あれこれ

中出しの魅力として挙げられるのは、何と言ってもバーチャルの世界では実現不可能、現代の科学力を以ってしても再現不可能であることです。

コンドーム有りのセックスならオナニーで快感を再現できますが、中出しとなるとそうはいきません。

また、中出しできる男女関係を築き上げること、中出しを簡単に許してくれる尻軽と付き合うこと、というプロセス、付随する要素からも興奮を得ることができます。

-中だし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

連続中出しさせてくれたセフレ達(女子大生、人妻)との体験談

・女子大生のかなちゃんの場合。 セフレは常に2人くらいキープして遊んでいるんですが、その内かなちゃんという女子大生はセックスというか中出しされている時が一番気持ち良いらしく、常に中出しでヤっていました …

no image

ダメといったのに彼が我慢できず中だし!しかも彼には秘密が

【彼との出会い】 彼との出会いは、大卒後リラクセーションサロンを経営する会社で働いていた時でした。 一年目はセラピストとして、店舗で忙しくも楽しい日々を送っていたのですが、二年目に突然の転機。 当時お …

no image

出会い系サイトで久々に会ったJKに禁断の中出し

本当は中出しする気はなかったんですが、うっかり中に出して・・・そのまま連続中出し・・・という体験をしました。   ・JCの頃に出会い系サイトで会ってた娘だった 当時私は31歳の会社員で一人暮 …

no image

快感を知って中だしさせちゃダメなのに欲望に勝てない私。

私は普通の女性より、かなり性欲が高い方だと自他共に認める体質です。 初体験を24歳と言う、少し遅い年齢でした事が私の性欲を高めているのか?特定の人と付き合いをしていても、満足が出来ず、結果的に二股、三 …

no image

彼氏からの中だしは、愛されている事の確認

・確認したかった 私の方から、彼に中だしを頼んだのは、彼が本当に私の事を好きかどうかを知りたかっからでした。 彼はいつも避妊具をつけていて、どんなに私がピルを飲んでいるから大丈夫だと言っても、彼は頑な …