えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

なかなかイケない時こそ、新しいやり方で絶頂を

投稿日:

最近、自慰をしても気持ち良くない。

そんな悩みを持っている女性は多いです。

エッチな漫画や動画を見て、体は高ぶっているのに、どんなに触れてもイケない時ってありますよね。

イケないと、体もウズウズしたままですし、精神的にもイライラしてしまいます。

そんな時には、なぜイケないのか、その理由を考えてみましょう。

体は感じているのにイケないと、いう時には、必ず理由があるのです。

その理由を知る事が出来たら、自然と気持ちが良い自慰も出来るようになるのです。

やっぱり気持ちが良い自慰をした方が、体もスッキリしますし、イライラもおさまるというものです。

私が、過去に気持ち良いと思った自慰の方法もご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

 

1.自慰に馴れてしまった

なかなかイケない理由。

それは、体が自慰に馴れてしまったという場合もあるのです。

刺激というのは、当初は体も敏感に反応するものです。

その時には、あっという間に絶頂が訪れるものです。

思い出してみてください。

初めて自慰を覚えた頃は、すぐに気持ち良くなりましたよね?

それは、体が未知の刺激に反応したからなんです。

ですがその刺激に慣れてくると、次第に体は反応しなくなるのです。

例えば、指で触れても、ローターやバイブを使っても、いつもと同じ感覚だと、体は反応しません。

体にとって、その刺激はもはや「普通」なのです。

私は、そういう時には、感覚を変えるように努力をしています。

過去に行い気持ちが良いと感じたのは、サランラップやナイロンなどを間に挟む事です。

指で触れる時に、いつもと違う感覚というだけでも、体は感じやすいですし、サランラップやナイロンの当初のひんやりとした感触は、それだけでいつもとは違い、あっという間にイケるようになりました。

ローターやバイブを使う時には、さすがに買い換えをするのも難しいですよね。

こういう時には、入り口を先に氷などで冷やしてから使います。

氷の冷たさにゾクッときた瞬間に、ローターやバイブの振動が心地よく感じます。

肌に当たる感覚を少し変えるだけで、いつもよりも快感を強く感じる方法があります。

 

2.興奮材料を見直す

いつも自慰を行う時には、何を見て興奮していますか?

なかなかイケないという時には、興奮材料が足りないのかもしれません。

もしかしたら、自慰を行う時には、いつも同じ材料ではありませんか?それとも、いつも同じようなパターンの内容を選んではいませんか?

この場合も、やはり体は反応しなくなってきます。

例えば、同じ映画を何度も見直すと、先が分かってしまって、つまらないと感じる場合もありますよね。

それに、同じようなパターンの内容も、やはり先が分かってしまい、つまらないと感じているのです。

私はそれまでエッチな漫画や動画を材料にしていました。

内容は、あまりハードではない、ソフトな物を選んでいたんです。

ですが、なかなかイケなくなった事をキッカケに、漫画ではなく小説に変えてみました。

驚く事に、それだけで、感じ方が変わったんです。

漫画は、絵がある分、想像力が鈍くなります。

その点、小説は想像力を掻き立てるのです。

内容も、それまで自分では選ばなかったようなシチュエーションを選び、かなり興奮してきました。

少し材料を変えるだけで、体の反応が違うのです。

最近、なかなかイケないという時には、いつもとは違う興奮材料を見るというのも大切な事です。

 

3.姿勢や場所を変える

なかなかイケなくて悩んでいる時には、自慰をする時の姿勢や場所を見直してみましょう。

もしかしたら、いつも同じ姿勢、同じではありませんか?もしくは、いつも同じ場所ではありませんか?

その場合も、やはり体は新鮮さを感じずに、イケなくなってしまいます。

そして、同じ姿勢の場合は、自慰の時には大抵、同じ場所に指やローターが当たるのです。

同じ場所を何度も刺激すると、その部分が鈍くなってしまいます。

だから、自慰をしても、なかなかイケなくなっているのです。

そして、場所にしても、いつも同じ場所だと、イケないというイメージが定着してしまうのです。

私は、こういう時には姿勢を大胆に変えています。

以前は、仰向けに寝て行う場合が多いのですが、イケずらくなった時には、四つん這いの姿勢を取ったり、膝たちで行うようにしています。

指やローターの当たり方が変わり、感じやすくなります。

そして、場所も変えるようにしています。

それまでは寝室で行ってきたのですが、時にはお風呂場や洗面所などで行うようにしています。

それだけで、いつもの雰囲気が払拭されます。

どうしても寝室で行うという時でも、シーツの色を変えたり、部屋の模様替えをした時などに、行うようにしているんです。

気持ちが新しくなるので、より気持ち良く感じるようになるんです。

気持ちが良い自慰行為は、ストレス発散にもなりますし、お肌にも良いので、ぜひいろんな方法を試してみましょう。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

女の子のオナニーは間接的に服の上からが気持ちいいし興奮する

オナニーは服の上からの「間接的」なものが一番 オナニーには色々なやり方があり、また「生」で直接指をクリトリスに押し付けたり膣の中に入れたりなどの方法があります。 そういったやり方も生ならではの感触と気 …

no image

スマホの普及でオナニーライフの自由度は広がった

【場所を問わずにオナニーできる現代】 一昔、二昔前はオナニーするにも、いろいろと限られた条件で場所を問わずにオナニーライフを楽しむというのは、中々難しいものでした。 もちろん現代でも、法律に触れるよう …

no image

処女でも気持ち良くなれる乳首と性器の取扱説明書

SEXにはSEXでしか得られない快楽が、自慰行為には自慰行為でしか得られない快楽があります。 私は中学1年生の時、まだ男性とは経験がなく処女でしたが、自慰行為の気持ち良さを知ってしまい、それからは毎日 …

no image

隣人のセックスの声を聞きながらオナニーは最高に興奮

私は自慰行為がとても好きです。 自慰行為は男性とする性行為とは別ものなので、日常的に自慰行為をしています。 私が普段どんな風に自慰行為をしているについてまとめたいと思います。   ◎自慰行為 …

no image

10代の頃からオナニーを始めた女、気持ちいいオナニーのやり方

私が自慰行為と言うものに目覚めたのは、それこそ10代の終わり頃からでした。 当時の自慰行為という物は、男性経験がなかったこともあり、女性器の中に指を挿入したり、ものを挿入したりする事はなくて、女性器の …