えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

スマホの普及でオナニーライフの自由度は広がった

投稿日:

【場所を問わずにオナニーできる現代】

一昔、二昔前はオナニーするにも、いろいろと限られた条件で場所を問わずにオナニーライフを楽しむというのは、中々難しいものでした。

もちろん現代でも、法律に触れるような場所でのオナニーはいけませんが、昔と大きく違うのは「オカズ」が自由に持ち運び可能になったということが大きな違い、進化といえるでしょう。

エロ本で抜いていた時代、持ち運びは出来ますが、職場のトイレにエロ本を持っていくのは現実問題無理でしょうし、家族と暮らしている方なら家のトイレにも持ち込むのも一苦労だったと思います。

ビデオ、DVDという動画の時代になっても、そもそも再生するプレイヤーがなければ話になりません。

エロ本という静止画像から動画という「オカズ」としてはワンランク上の「オカズ」に辿りつくにはプレイヤーという条件が付いてしまい、家族が寝静まってから茶の間でエロビデオを見ながらオナニーしたなんてエピソードは昔はよくあった話です。

それがスマホという媒体が登場したおかげで、職場のトイレだろうが、自宅のトイレだろうが、場所を問わずに好きな「オカズ」が好きな時に見れるという良い時代になりました。

 

【仕事中オナニーの勧め】

内勤の方であっても昼休みにトイレでオナニー、外回りの方なら公衆トイレ(お勧めはパチンコ店や大型ショッピングモール等)でスマホという便利な「オカズ」でオナニーを楽しむことが出来るようになりました。

私もよくします。

これは仕事のストレスを解消するにも、効果的だと私は感じています。

スッキリ抜いて、気分もリフレッシュして次の仕事に進むという、できることなら企業でも推進して欲しいくらいのオナニーライフかと思います。

ただ、休憩時間であったとしても「職場」「仕事中」という背徳感が、自宅でのオナニーよりも興奮材料になっている事実もありますから会社が公認してしまったら、また違ってしまうのかもしれませんね。

仕事で行き詰ったりしたら是非、職場オナニーでリフレッシュしてみてください

 

【風呂場はパラダイス】

風呂場でのオナニーは、汚すこともなく、射精の後もそのままシャワーで流せますからティッシュいらずです。

この条件は昔から同じなんですが、前述しているように「オカズ」を風呂場に持ち込むことが問題だったわけです。

ビデオやDVDはもちろんですがエロ本もなかなか難しいかと思います。

ですがスマホに詰まった「オカズ」は簡単に風呂場に持ち込めます。

防水じゃないという方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方は「ジプロック」にスマホを入れて持ち込んでください。

湯船にちょっと落としたりしても私の経験上、大丈夫でした。

100円ショップに売っているようなスマホスタンドがあれば、なお完璧です。

しかも風呂場にはローション代わりになるようなものが沢山あります。

ボディーソープ、シャンプー、リンス、ベビーオイル・・・・

右手に適量つかんでスマホスタンドに立てたジプロックの中のスマホでエロ動画を再生すれば、全裸で気兼ねなくオナニーが楽しめます。

射精の後始末も簡単ですね。

最高のオナニーパラダイスです。

テンガなど、オナニーライフを充実させるグッズも販売されていますが、風呂場にあるものでのオナニーもなかなかです。

 

【オリジナルオカズも作れる】

オナニーの際に、もっとも重要なのはやはり「オカズ」問題だと思いますが、これもスマホの登場で大きく可能性が広がっていきました。

パートナーとのSEXライフを撮影してそれを「オカズ」にすることが可能ですね。

無論無修正でOKです。

まだ携帯電話のない時代、普通にカメラで撮影したネガフィルムを写真店に持ち込むのはなかなか勇気のいることですし、男性器や女性器のモロ画像はプリントしてくれなかったりします。

ポラロイドカメラでの撮影もありますが、動画は撮れませんし、家庭用ムービーだとプレイ中に手に持って撮影するのは、かなり大変ですし、一昔前のAV監督M.Tさんみたいになってしまうのも、なんだかなぁ。

という感じになりますし、やはり、それを再生するにはプレイヤーが必要ということがネックになります。

ガラケーの登場により、恐らく多くの方がプレイやパートナーのイヤラシイ姿を撮影されたことでしょう。

当時はそれでも満足だったと思いますし、そういう素人投稿ものサイトが多く出現したのも、この頃ですね。

しかし、いかんせん画質と動画の場合は録画可能時間の短さが今と比べると物足りないというところは否めません。

しかしスマホの登場、浸透によって、この画質や録画可能時間というのが、飛躍的に改善されました。

是非、パートナーのいる方はご自身たちのプレイの撮影だったり、パートナーの下着姿や、ヌードを撮影してみてください。

これがマンネリを解消することもあります。女性の中には撮られることに興奮される方も少なくないようです。

ご自身で撮影した「オカズ」で普段とは違う場所でのオナニー是非、体験してみてください。

ただし、くれぐれも盗撮はされないように・・・

-気持ちいいオナニーのやり方
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

たまには試してみたい手間を掛けた最高のオナニーの勧め

人間なら大抵の方が抱くであろう性の劣情ですが相手がいない、お店は高い、ならば方法は一つ! 自慰です。 しかし普通にやるだけでは事務的な処理で終わることも多いと思います。 なので偶には少し拘った自慰をし …

no image

50代の私が最高に気持ちいいオナニーを追求してみた。

自慰行為とは、男性の本能である。 いや女性もするので人間の本能であると言い換えることもできる。 男性にとって自慰行為とはSEXの代わりになるものと言える。 本来ならばSEXしたほうがいいに決まっている …

no image

10代の頃からオナニーを始めた女、気持ちいいオナニーのやり方

私が自慰行為と言うものに目覚めたのは、それこそ10代の終わり頃からでした。 当時の自慰行為という物は、男性経験がなかったこともあり、女性器の中に指を挿入したり、ものを挿入したりする事はなくて、女性器の …

no image

【既婚者女】中学生から社会人までのオナニーのやり方変化

自慰行為が大好きな既婚者女性です。 私が自慰行為を始めたのは中学生の頃からでした。 現在は既婚者なので、以前と比べると自慰行為のやり方がかなりの変化がありますが、男性するセックスとは違い、自分のペース …

no image

オナニーのマンネリ化を打破!気持ちいいオナニーをしよう

性欲処理のための自慰行為は男性の99%がしている、という統計もあり、男性と自慰行為は切っても切れない関係です。 彼女のいない独り身のみならず、妻がそばにいる妻帯者、彼女が家に泊まりにくるような関係でも …