えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

女の子がオナニーをする時、快感が増すやり方

投稿日:

どうしようもなくエッチな気持ちになった時には、自慰行為をしてしまうのが自然の流れです。

でも、いつもいつもワンパターンだと、体も気持ちよくならなくなってきますよね。

そんな時には、いつもと違う自慰行為をしてみませんか?

女性だって、自分の快楽を追い求めても良いんです。

そこで、気持ちが良い自慰行為を紹介したいと思います。

 

1.温度

人の体は、温度にとても敏感です。

特に冷たい刺激には敏感なんです。

そこで、お風呂場での自慰行為はどうでしょう。

温かいお湯に浸かっている時に、氷で身体中をなぞってみましょう。

特に敏感な乳首の上や、鼠径部に氷を押し当ててみましょう。

そして、氷で冷たくなった指を膣に入れてみましょう。

温かいお湯と冷たい氷のアンバランスが、いつもとは違う快感を運んでくれます。

ですが、注意点があります。

それは、あまりにも気持ちが良いからといって長湯をする事です。

あまりにも長すぎるとのぼせてしまうので、時間は決めておいた方が良いです。

 

2.シャワー

そして、お風呂場でする自慰行為には、シャワーを使ったものもあります。

直接押し当てても良いですし、水圧を強めにして、少し離しても良いです。

この時に、一気に膣へと当てずに、膣の周囲から少しづつ膣の方へと移動させていくという方法もあります。

可能ならば、水圧をこまめにかえたり、お湯と水をこまめに切り替えたりすると、更に気持ちが良いです。

慣れてきたら、シャワーを自分で揺らしてみたりして、バリエーションを増やしましょう。

 

3.指でのアレンジ

そして、指での自慰行為も、工夫次第では、いつもよりも気持ちよく感じます。

指をローションなどで濡らすのは常識的ですが、気を付けたいのは爪です。

女性の多くは爪を長めにしたり、形を整えたりしていますよね。

その指でのオナニーは、気を付けないと膣の中を傷つけてしまいます。

道具を使うという方法もありますが、道具は出来れば使いたくないなという人もいると思うんです。

そんな時には、サランラップを指に巻いて行うと、爪から膣も守れますし、いつもとは違う感覚で自慰行為を出来るので、普段よりも感じやすくなります。

 

4.鏡を見ながら

羞恥心を煽りながらしたいと思う時には、やはり鏡を見ながらが一番感じやすくなります。

自分がどんな姿で自慰行為をしているのかを見ながら行うのは、自分であって自分ではないような、不思議な感覚の中で気持ちよくなれます。

この時に、好きな男性の写真があるのも効果的です。

恥ずかしい姿を、好きな人に見られているという感覚も、気持ちよく自慰行為をする為には必要なのです。

 

5.筆

身近にある物で自慰行為をする場合に、一番てっとり早いのが筆ではないかと思うんです。

でも、普通に筆を使っても気持ちよく感じないという場合もあるんです。

そんな時には、小道具を使うというのも必要です。

例えば、筆を数本持ってみるとか、ベビーパウダーを使うとか、色々ありますが、おすすめはローションを筆で塗り広げるというものです。

指で塗るのとは違う感覚が、味わえます。

 

自慰行為は、ほんの少しの工夫でいくらでも変化します。

気持ちが良いタイミングは、気持ち良いと感じるタイミングは、逃さないようにしましょう。

 

そして、気持ち良い自慰行為をする時には、やはり気持ちも大切です。

いつも同じような妄想をしていませんか?

気持ちが良い自慰行為をしたいという時には、気持ち良さを追求出来る物を用意しておくのも大切です。

例えば、エッチなDVDなどを材料にするという場合は、いつもとは違うシチュエーションのものを選ぶのも良いです。

いつもとは違うシチュエーションに変えるだけでも気持ちは変わりますし、内容が変化する事で、自分の感覚も変わってきます。

でも、家族がいるという場合は、声が出てしまうDVDはまずいなという場合もありますよね。

そんな時には、エッチな漫画や小説はどうでしょうか?

そして、エッチな漫画や小説を読む時には、出来るだけ想像力をかきたてる物にしましょう。

漫画よりも小説の方が、想像力をかきたてる為には向いています。

自慰行為を気持ちよく行う為には、確かにテクニックやアイデアも必要なんです が、一番大切なのは、自慰行為に対する気持ちです。

エッチな気持ちは、それだけでとても重要なエッセンスとなるのです。

エッチな気持ちになかなかなれないという時には、様々な妄想をする事で、エッチな気持ちになっていきます。

例えば、自分が物語のヒロインになったかのように妄想する事も良いですし、自分だったら、こんな風にしてもらいたいと思うのも良いです。

気持ちが一番高ぶっている時に、自慰行為を行うと、今までとは違う快感を得る事が出来ます。

自慰行為をする事は、お肌を綺麗にしますし、ストレス発散にもなります。

なんだかするのは恥ずかしいと思うのも分かりますが、定期的に行う事は、健康の為にも必要です。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人妻は常に欲求不満!オナニーはテレホンセックスが気持ちいい

私は既婚者女性なのですが、夫との夫婦関係は年々減っています。 それは年数と共にするマンネリ化や、お互いへの身体に対する飽き。 お互いの事を子供の親としての意識が大きくなり、段々と性生活は出来なくなると …

no image

自分の性癖を開放することが気持ちいい自慰行為への1歩

・自慰行為をする時について あまりセックスをする機会から遠ざかってしまうと、自慰行為をしたくなります。 女性でも性欲はあるもので、しばらくセックスをしないと、なんとか満足を得ようと自慰行為に目覚めます …

no image

セックスより最高なオナニーはアダルト動画とプラスα

■再び自慰行為に目覚めた30代 中学生ぐらいから自慰行為に目覚めるのが普通で、私もその一人でした。 若い時は体力が有り余っているので、それこそ学校が終わってそのままオナニーに耽る日々を過ごした人も多い …

no image

男のオナニーはこんにゃくやお尻の穴を使うオナニーも存在する

オナニーは、1番簡単な性器の遊び方 人間は、思春期になると異性に対してエッチな妄想や想像を行うようになります。 理由として、心身の発達から異性の体に興味を持ち自分と違う事に気づくからです。 男性なら女 …

no image

Dカップ、処女JKの目の前でしたオナニーが過去最高に気持ちいい

■グラマラス・ボディのJKの手コキ 僕は、マサコの頬に爪の裏側で線を描いた。 彼女は、全身をビックとさせ、背中を強張らせたが、すぐにいつものように、僕の肩に顔を寄せて寄り添い、 「どう、今日の肉野菜炒 …