えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

セックスより最高なオナニーはアダルト動画とプラスα

投稿日:

■再び自慰行為に目覚めた30代

中学生ぐらいから自慰行為に目覚めるのが普通で、私もその一人でした。

若い時は体力が有り余っているので、それこそ学校が終わってそのままオナニーに耽る日々を過ごした人も多い事でしょう。

私の場合も、中学生ぐらいからほぼ毎日や数日おきにオナニーをしてきたのですが、それがどうで他人と比較して気持ち良いのか? などはまったく気にしていませんでした。

年を重ねるにつれて、彼女や結婚したりするとオナニー回数が週や月単位での回数が減るのは必然ですが、それでもバレないようにこそこそとやっていました。

で、その方法ですが、普通に何も見ないで自分の手だけという時もあれば、動画や大人のおもちゃを使ったりと、至って普通でした。

これが気持ち良いと言うより、慣れてしまったのと他の方法が思い浮かばなかった? それもちょっと違くて、想像もしなかったのが正解でした。

オナニーは私にとって、気持ち良いのは事実ですが、それよりもいつしか処理に近いモノで、それ以上でも以下でもない感じになったのです。

溜まっているからヌク、ストレス発散や毎日が退屈だからオナニーする、という感じできっと共感してくれる人もいますよね。

でも、離婚や風俗遊びも一通り経験し、再びオナニーに目覚めてしまったのです。

それも30代という中年世代に突入してからです。

 

■アダルト動画に嵌まるが…

そこにはネットやスマホの普及もありますが、自分なりに気が付いたのは、セックスや風俗遊びはお金がかかり面倒なのに最高の快楽が必ずしも得られないからです。

自分の体力や精力が無い時、あるのにどうもいつもと勃起具合が違う、相手との会話が合わない、相手がタイプでない…など条件や状況がいくつもあり、それが面倒になったのです。

で、肝心のオナニーですが、アダルト動画には本当に嵌まりました。

DMMだけでなく、セクシー女優名で検索すると懐かしの動画を楽しめてしまうので、それを毎日見てはオナニーの日々です。

当初は普通にパンツを下ろして、下半身裸でオナニーでしたが、だんだんそれも面倒になり、ズボンやパンツの上からオナニーするようになりました。

理由は独身の一人暮らしという事もあり、パンツに直接出す方がティッシュに出すより、興奮したからです。

その内、パンツに出した精子を洗うのが面倒なので、ある方法を思い浮かびました。

それは、タブレットの性能が上がった事と防水機能が備わった事も関係しています。

風呂場でアダルト動画をタブレットで見ながらオナニーするのが、一石二鳥ではないかと気付いたのです。

さらに、シャワーでオナニーもできるので、一石三鳥です。

これが、私が辿り着いた最高の自慰行為だと結論付けたのです。

しかし、これもやり始めた当初は最高に気持ち良かったのに、半月ほどで飽きてしまったのです。

快楽が良すぎるが故に、さらに改良をしたくなるのです。

もちろん、途中でローションを追加したり、テンガを持ち込んだりと模索しました。

でも、どれも何かが足りないのです。

アダルト動画は、最新の新人女優や熟女などの人気作品を流しているのに、どうもパッとしません。

 

■結局どうすれば最高に気持ち良い自慰行為なのか?

このオナニーを追求している最中は、風俗もあまりいかなくなっていたのですが、それでも半年に一回程度は馴染のファッションヘルスなどに行っていました。

風俗遊びをしたいというより、女性と会話をしたかったのでしょう。

体を洗ってもらったり、性的な事をされながら、世間話などをするとちょっとホッとしたからです。

その時に、私は閃いたのです。

これこそ、私が求めていた最高の自慰行為に近いのではと。

それで、現在嵌まっているオナニー方法が、長年の研究の末に辿り着いた最善のやり方だと思っています。

それは風呂オナニーでも部屋でのオナニーでも良いのですが、そこに電話を追加する事でした。

電話といっても、テレクラや出会い系ではなく、普通のフリーダイヤルなどでこちらの質問に答えてくれる企業に電話をするのです。

相手とはもちろん、普通にこちらの質問をして対応してもらいます。

その際に、PCやタブレットではアダルト動画を消音で流し、左手には携帯、右手にはテンガや直接でオナニー。

これこそ、最高に興奮する自慰行為です。

もちろん、相手にはバレないようにするのが絶対です。

これはバリエーションが豊富になるのが尚良く、最近は仲良くなった女友達とは、付き合いやセックスは一度もなくても、長電話をするような関係性になるように必死です。

それはもちろん、隠れてこっちはオナニーをしているからです。

相手はまったく気付かずに、こっちも単に普通の会話をしながら、もしかしたらバレテいるのでは、というスリルはセックス以上に興奮します。

 

■まとめ

自慰行為はアダルト動画をみながら、というのが普通の方法ですが、それに何かを追加するとさらに興奮して気持ち良くなります。

私はシャワーや電話での会話を追加しましたが、これは人によって色んな方法があるようです。

私の友人は、一人キャンプや車中泊が好きで、そこでのオナニーは最高だと言っています。

どの方法が良いかはそれぞれなので、もし紹介した方法がヒントになれば嬉しいものです。

-気持ちいいオナニーのやり方
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

気持ちいい究極の自慰行為のやり方と注意点を分析する

自慰行為は1度はまってしまうと、その快感が癖になり、抜け出せなくなるほどの中毒性をもっています。 すでに行っている人は自分のやり方というものを確立していると思いますが、もう1歩先へ踏み出してみませんか …

no image

たまには試してみたい手間を掛けた最高のオナニーの勧め

人間なら大抵の方が抱くであろう性の劣情ですが相手がいない、お店は高い、ならば方法は一つ! 自慰です。 しかし普通にやるだけでは事務的な処理で終わることも多いと思います。 なので偶には少し拘った自慰をし …

no image

特殊なオナニー。サテンフェチの世界に踏み込んでみよう

サテンとは 女性に比べて服飾に興味の無い男性には布地の種類には無頓着な方が多いと思います。 その中でも私はこのサテン生地という生地の素晴らしさについて紹介していきたいと思います。 サテンは日本語では本 …

no image

【既婚者女】中学生から社会人までのオナニーのやり方変化

自慰行為が大好きな既婚者女性です。 私が自慰行為を始めたのは中学生の頃からでした。 現在は既婚者なので、以前と比べると自慰行為のやり方がかなりの変化がありますが、男性するセックスとは違い、自分のペース …

no image

処女の頃も中学生の頃も人妻になっても変わらないこと。

◎初めて自分で自慰行為をした時。 私が自慰行為を一番最初にしたのは、中学一年の時でした。 中学一年の時はこれが自慰行為だと分かってしていたのではなくて、たまたま股間付近に当るものに対してちょっと気持ち …