えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

オナニーの気持ち良さはネタによって決まります

投稿日:

オナニーはお金がない時にピッタリ

ある日突然エッチしたい気持ちが昂ることがありませんか。

彼女やデリヘルを呼べば決できますが、相手の気分に左右されたりお財布と相談しなくちゃいけないので、自分の思い通りには行かないもの。

そんな男の悩みを解決させるのがオナニーです。

オナニーは、手元にエロ本やDVDなどのネタがあれば、いつでもできるのが最大のメリットですね。

しかし、気持ち良くオナニーをするためには、ちょっとしたコツがあります。

それだけでも、快感や満足度は大きく変わってきます。

では、今まで気持ちが良かったオナニーについて経験談を交えて紹介します。

 

初めてのオナネタはエロ本

デジタルメディアが普及し、いつでも情報を得られる便利な世の中になりましたが、オナニーの基本はエロ本だと思います。

かつて売れていた雑誌が休刊を余儀なくされています。

ところが、エロ本に関しては、コンビニでも20種類以上の雑誌があるほどで、さほど絶滅していません。

私がエロ本に目覚め始めたのは、小学生4年生頃からでした。

地区の廃品回収で捨てられた本を漁ってゲットしたのがきっかけです。

主に捨てられていたエロ雑誌は、デラべっぴんでした。

その当時は10歳だったので精通が起きる前でしたが、それを見ている最中はムスコがむずがゆくなるような感覚がありましたね。

正にこれが、オナニーの前兆現象だったと思います。

 

小学生高学年時代はエロネタに夢中

小学生も高学年になると、友達との話題ではエロネタが急に増えてました。

友達と、探検ごっこでエロ本を探す遊びをよくやっていましたね。

エロ本は人目につきにくいゴミ捨て場やゴミ箱に落ちていたりするのです。

また、同級生の女の子も胸が大きくなりエロい雰囲気な子もチラホラいました。

そして同級生以外の女の子にも少しやんちゃな人がいて、時々イタズラを受けましたね。

5年生の時に1学年下の女の子から、学校用品(名札と体操着)をイタズラされてしまったことがありますが、名札はその日のうちには戻ってきませんでした。

次の日には戻ってきたものの、濡らされてしまい原型をとどめていませんでした。

その時にも、ムスコから気持ちいい感覚が伝わってきたのが今でも記憶に残っています。

 

人生初の精通は13歳

中学生になると、身体の大きな変化として現れるのは精通ではないでしょうか。

私も、初めて精通が起きたのは、中学1年生の時でした。

その時に、読んでいたのはDon’tというエロ本でしたが、見ている最中に我慢ができなくなりついに放出してしまったのです。

その時は、学校指定の体操着の短パンに放出してしまいした。

明らかに、おしっこが出る時とは違い、どぴゅと脈を打つような感覚でした。

気になってしまい、短パンを覗いてみたら、乳白色のドロッとした液体が付着していたのには驚きを隠せませんでしたね。

ハイになる気分って、正にこんな感覚なんだと自分自身で頷きましたよ。

 

中学生時代のオナニーネタはエロ本と体操着

中学生に入って大きく変わったのは、エロ本の数ですね。

Don’t以外にも愛読が増えてしまいました。

特にデラべっぴんの写真は立体感があり、写りが素晴らしかったです。

これまでのエロ本の中では最高傑作ですね。

エロ本オナニーは、写真を見ながらやっていたので、気楽にできるオナネタでした。

その時によく着用していたのが、学校指定の体操着でした。

なぜなら、体操着の素材が亀頭を刺激するのにはピッタリだったからです。

ナイロン製のジャージ素材は肌触りが良く、とても持ちがよかったです。

エロ本をおかずにして、オナニーに一番熱中していた時期でした。

 

体操着もオナニーネタだった

中学生時代の体操着は、半袖は大してエロいデザインではありませんでしたが、上着がエロかったです。

なぜならば、ファスナーが付いていたので、女子の胸元がギリギリ見えそうな際どさがあったからです。

真面目なコは、体操着の下にTシャツなどを着ていましたが、そうでない子は明らかにその下が裸でしたね。

2学年上の先輩にちょっとケバそうな子がいて、その姿を見るとムスコが勃起してくるのが分かるのです。

その先輩を想像しながら、オナニーをしたことも何度かあります。

それ以外にも、所属していた運動部では可愛い女の先輩がいて、練習の時にその子から自分の体操着をタッチされていましたね。

その時に、その先輩からお母さんの字で書かれた名前の部分を見られました。恥ずかしくて顔が赤くなったこともあります。

とにかく、中学生時代はオナニーネタが数多くありましたよ。

放課後に、誰もいない教室で他のクラスの女子体操着を着たことがありますが、その時は自分の汗や体液をつけまくりましたよ。

その子の布名札を見た途端に、精液を放出してしまいました。

今まで、一番スリル感のあるオナニーで、テロテロ感のあるジャージ素材はその気持ち良さを倍増させるのです。

中学生の思い出として、今でもその時のシーンをはっきりと覚えていますよ。

-気持ちいいオナニーのやり方
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

処女の頃も中学生の頃も人妻になっても変わらないこと。

◎初めて自分で自慰行為をした時。 私が自慰行為を一番最初にしたのは、中学一年の時でした。 中学一年の時はこれが自慰行為だと分かってしていたのではなくて、たまたま股間付近に当るものに対してちょっと気持ち …

no image

女の子のオナニーは間接的に服の上からが気持ちいいし興奮する

オナニーは服の上からの「間接的」なものが一番 オナニーには色々なやり方があり、また「生」で直接指をクリトリスに押し付けたり膣の中に入れたりなどの方法があります。 そういったやり方も生ならではの感触と気 …

no image

自慰行為の快感の追求は男の永遠のテーマとなる

「自慰行為へのこだわりは」 男性に生まれたからには誰もが自慰行為の虜となります。 例え彼女がいたとしても結婚していたとしても女遊びが激しいとしても、自慰行為は日々の欠かせないルーティーンだったりします …

no image

女の子がオナニーをする時、快感が増すやり方

どうしようもなくエッチな気持ちになった時には、自慰行為をしてしまうのが自然の流れです。 でも、いつもいつもワンパターンだと、体も気持ちよくならなくなってきますよね。 そんな時には、いつもと違う自慰行為 …

no image

気持ちいいオナニーのやり方、男性の場合

男性の場合、自慰自体を多くしてしまう物です。 男性は性欲などの欲欲求を自らコントロールする為にも、自慰をするのは悪いとは思いません。 自慰のしかたも色々あると思います。 ただ、好きな女性の事を思い浮か …