えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

オナニーバレ

オナニーがしたい女の子、なのに仕切りはカーテンのみ

投稿日:

私が性の事に興味を持ち始めた高校生の頃。

困った事が一つだけありました。

それは、私の部屋は一階で、父親の意向でドアは取り外されていたのです。

もちろん、それには理由があり、勉強がはかどるようにという意味と、男の子の友達を連れてきた時に、ふしだらな事をしないようにという意味がありました。

一応、レースのカーテンをしてはいるのですが、いつも親の視線を感じて、なかなか自慰行為が出来ませんでした。

それでも、なんとか親の目を盗んで、自慰行為をしていました。

 

・お風呂場

やはり安心安全な場所は、お風呂場でした。

密閉された空間でしたし、声さえ我慢すれば、ある程度時間が過ぎても、変には思われませんでした。

ですが、やはりアクシデントはあるものです。

その日も、お風呂場で自慰行為をしていたら、いきなりお風呂場のドアが開いたんです。

母が電話が来た事を教えてくれたのですが、あまりにも突然ドアが開いたので、驚きのあまり、指を抜く事も出来ずに、タオルで隠したんです。

湯気もあったおかげか、母には気づかれませんでしたが、しばらくはドキドキが止まりませんでした。

それから、お風呂場で行う時には、湯船の中で行う事にしました。

湯船の中で行えば、万が一ドアを開けられても誤魔化せますし、お湯の中の方が、体が冷えないので、体も安心でした。

何度か、ドアを開けられた事はありましたが、いずれもバレる事はありませんでした。

そして、入浴剤等でお湯に色をつけておくと、更に安心する事が出来ます。

 

・トイレ

密閉された個室という点では、トイレも同じぐらい安心な場所です。

ですが、トイレで行う場合は、出来るだけ時間は短く行う事が大切です。

ある日の事。

その日は、自慰行為に没頭するあまり、少し長めにかかってしまったんです。

そうしたら、私の事を心配した両親が、トイレのドアを叩いているんです。

私は、結局、中途半端のまま、トイレから出る事になりました。

その時は、まだ火照った状態だったので、しばらくは大変でした。

では、トイレの中での自慰行為は意外と気持ちよく、時々していたんですが、その時は必ず母には、便秘ぎみだと言っておきました。

そういう風に言っておけば、心配した両親が見に来るというリスクは回避出来ます。

 

・部屋

そして、意外と困ったのが自分の部屋でした。

普通は二階に子供部屋なのに、我が家は一階で、更にレースのカーテンのみ。

これだけだと、夜中なら大丈夫じゃないかと思いますよね。

ところが、私の場合は母が私の部屋で寝ていたのです。

つまり、夜中とはいえ、すぐ側には母が寝ているのです。

かなりリスクが高い場所でした。

特に母は耳が敏感なので、わずかな物音でも勘づかれてしまうのです。

そこで、部屋で自慰行為をする時には、出来るかぎり物音がしないように気を付けながら、行いました。

 

・それでもバレる時はバレる

私は、てっきりバレていないと思いました。

ですが、やはり母にはバレていたみたいなんです。

ある日の事、母がぐっすり寝入っていると思っていた私は、体が火照っできた事もあり、自慰行為を始めていました。

そしたら、いきなり母が起き上がり、電気を点けたんです。

「こんな夜中に何してるの?」

と、聞かれて、私は返答に困りました。

布団を被っているので、もちろん自慰行為そのものを見られた訳ではなかったのですが、母には何をしていたのか分かったみたいでした。

しばらく無言の時間が過ぎて、私は顔を上げる事が出来ませんでした。

でも、母は分かってくれたのか、

「若いから仕方ないけど、夜中はやめなさい」

とだけ言いました。

そういえば、部屋の中に隠しておいた、エッチな漫画や小説も片付けられていた事もあったので、バレてるかなとは内心思っていたんです。

次の日。

恥ずかしくて、母の顔を見る事が出来ませんでした。

それからは、部屋でするのはやめようと思ったんです。

 

・自慰行為は、決して恥ずかしい事ではありませんが、出来れば見られたくないものです。

特に親にバレるのは、かなり恥ずかしいものがありました。

ですが、実家暮らしである以上、バレる可能性は十分にあり得ます。

大切なのは、バレた時に自分がどういう行動をした方が 良いのかを考えるべきだという事です。

特に、毎日顔を合わせるのですから、その対応を間違えると、気まずい空気は、かなり続く事になります。

良い方法としては、素直に認めてしまうか。

それとも、何を聞かれても知らないととぼけて通すかの違いです。

そして、一番してはいけないのが、逆ギレを起こす事です。

バレてしまった事は仕方がないのですから、その事に対して逆ギレを起こすといのは、気まずさを倍増させるだけです。

私の場合は、とにかくシラをきりとおしました。

母もしつこくは聞いてこなかったので、自然とその話題はされませんでした。

ですが、いつ聞かれるのかと思い、しばらくは油断が出来ませんでした。

一緒に暮らしている以上、いつかバレると考えて暮らす事は必要です。

-オナニーバレ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

え、最悪!自慰行為がバレる意外な理由とは!?

・絶対にバレたくない自慰行為 自慰行為がバレるケースは、自宅で家族に見られるパターンが最も多いです。 私は男性なのですが、思春期の頃に2度、実際に直接家族に自慰行為を見られてしまいました。 あのときの …

no image

AVをヘッドホンで。男優気分でオナニー中に母親登場

【オナニーは日ごろの習慣でした】 40代男性会社員です。 今からもう数十年前の出来事ですが、まずはオナニーにハマるようになったいきさつから。   東北地方の比較的田舎に住んでいましたが、中学 …

no image

高校1年生。女。床オナニーが母親にバレた話。

【オナニーに目覚めたきっかけ】 小さい頃からエッチなことに興味はあったものの、男子との恋愛には興味を持てず、中学3年生でようやくできた初彼氏ともなかなか初体験にこぎつけることができませんでした。 家が …

no image

熟女好きの僕が「添い寝オナニー」に行きつくまでの経緯

僕が熟女の魅力に目覚めたのは、高校生の時でした。 友だちのお母さんで素敵な人が、その人に憧れてからは、ネットの動画とかエロ本とかも熟女モノばかりをあさるようになったのです。   僕は、小学生 …

no image

小学生の私がマッサージチェアオナニーにハマってしまった結果

マッサージチェアが家に来ました 小学生の頃、家に新しいマッサージチェアが来たんです。 当時は最新の電動の物だったのですが、今と違い少し昔のタイプなので肩に当たる部分が飛び出していて上下左右に動いたり、 …