えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

えっちな体験談

妻とのセックスレスでセフレが欲しいと考えるようになった

投稿日:2021年1月25日 更新日:

結婚してもセックスレスな日々

私は現在31歳の男性です。

二歳年下の妻と結婚して2年目になりますが、これまで妻と年に数回しか夜の営みがありませんでした。

毎日でもSEXしたいほど性欲が有り余っている方でしたので、いくら誘っても乗って来ない妻に嫌気がさしてきていました。

そこで私は、妻とは別にセフレを作ろうと考えるようになりました。

 

出会い系サイトでセフレと知り合う

早速私は、とある出会い系サイトに登録し、セフレを希望している女性を探しました。

サイトには様々な女性が登録していて、私が住んでいる街にも登録者が複数いました。

私は、その中でも淳子という35歳のバツイチ独身女性に興味を持ちました。

看護師だという淳子は、私の家から約2キロほど離れた場所に住んでいて、プロフィールには「エッチな男性が好みです。体だけの関係希望です。」と書かれていました。

その性欲旺盛な彼女のプロフィールには、胸元が大きく空いたセクシーな服を着てほほ笑む淳子の写真が掲載されていました。

淳子となんとかして会いたいと考え、彼女に「私もセフレ募集中です。家が近いのでどこかで会いませんか?」とメッセージを送りました。

するとすぐに返信があり、すぐに私達は意気投合しました。

そして、妻に見つかるのを避けるため、翌日の夕方に隣町のショッピングモールで落ち合うことになりました。

 

予想外の場所でSEX

当日、約束の場所であるショッピングモール内のレストランに、淳子は背中が大きく開いたセクシーな服を着て現れました。

私は、これまで年上女性に魅力を感じた事はありませんでした。

しかし、実際に会った淳子は私が想像していたよりもずっと若々しく体形は殆ど崩れていなかった為、すっかり魅了されてしまいました。

淳子とそのままレストランでディナーをとりました。

そこで、彼女が去年旦那と離婚し日々性欲処理に困っている事、複数のセフレと頻繁に会ってSEXをしていることなどを聞きました。

その後、市内にある唯一のラブホに行きましたが、あいにく満室でした。

仕方なくショッピングモールに戻り、映画でも見てラブホの部屋が空くのを待つくとにしました。

私たちが選んだのは、アメリカのアクションものの映画でした。

しかし、その映画は所謂B級映画で、お客さんもまばらでした。

そのため、ただでさえアクション映画に興味が無い私には非常に退屈でした。

それは淳子も同じだったようで、何度もあくびをしていました。私も淳子につられてつい居眠りを始めてしまいました。

 

どれぐらい時間が経ったか、気づくと映画は主人公の青年と複数の敵が激しく戦っているシーンに入っていました。

そのジーンをぼーっと眺めていた私は、下半身に違和感を感じました。

不審に思った私は、股間に視線を移し驚きました。

なんと、横で映画を見ていたはずの淳子が、いつの間にか私のズボンからチンコを露出させてフェラをしていたのです。

その時、私達の席の前後や左右には誰も座っていませんでしたが、近くを人が通ればすぐにバレること間違いなしでした。

驚いてあたふたする私に気付いた淳子は、「ふふっ。」と笑って再び目の前の肉棒にしゃぶりつきました。

淳子が性欲旺盛であることは理解していましたが、まさか時間潰しで利用している映画館の中でそのような行為に及ぶとは夢にも思っていませんでした。

しかし、淳子の絶妙な舌使いや緩急のつけたフェラがあまりに気持ちよかった為、私は次第に周囲が気にならなくなっていきました。

チンコが完全に勃起すると、淳子はそのまま私の上に乗ってきました。

淳子は履いていたジーパンを少しずらし、既にぐちょぐちょに濡れたパンツを露出させました。

そして、握ったチンコでパンツの上からマンコを「ピタピタ」と音を立てて叩きました。

「あふー…」とエロい吐息を漏らし、我慢できなくなった淳子は、ついにパンツをずらして私のチンコをマンコにねじ込みました。

映画はクライマックスに突入しているようで、主人公が敵のボスと最後の死闘に挑んでいる所でした。

激しい爆発音やうるさいBGMは、彼女の喘ぎ声をかき消すのに好都合でした。

淳子は戦闘シーンの間中腰を動かし続けていて、私が腰を振らなくても勝手に自分の気持ちい所にチンコが当たるよう、腰を上下だけでなく左右前後に揺らしていました。

つくづくエロい女だと思いました。

やはり、脂の乗り切っていてH経験も豊富な年上女性とのSEXは最高でした。

それだけでなく、場所が映画館だっただけに「もし警備員や他の観客にSEXしてるところを見られたらどうしよう」…という不安が逆に私の興奮を高めていきました。

そして、映画の中で主人公が敵のボスにとどめを刺したのと同時に、私の息子は淳子の体内で噴火してしまいました。

映画館SEXが終わると、淳子は映画が終わりエンドロールが流れる前には席を立ち、「じゃ、私帰るわー。」と言って私を残して出て行ってしまったのです。

これには私も呆れました。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小学生の頃に拾ったエロ本の懐かしい話。

エロ本は一人エッチのお供 今も変わらず一人エッチのおかずで外せないのは、エロ本ではないでしょうか。 なぜならば、動画のようにお値段も高くないので、入手しやすいからです。 今の時代はネット動画が普及して …

no image

高校生の生徒にキスをしてフェラまでしてもらった

私は大学を卒業してからずっと学習塾で地歴公民のアルバイトをしています。 教える対象となるのは高校3年生がほとんどです。 卒業するとすぐに彼女たちは大学生になるので、一緒に食事に行ったりすることはできる …

no image

セクキャバ嬢とデートしてすごくイチャイチャした思い出

35歳独身男性です。 もう5年ほど前の話になります。 当時は都内でサラリーマンをしていて、週末、特に金曜日は定時で仕事が終わると、よくそのまま都内で遊んでいました。 当時は事務職でしたが給与もそれなり …

no image

LINEスタンプの誤送信から始まった人妻とのエッチな関係

28歳の男です。ある福祉関係のNPO法人の専従スタッフをしています。 先日、あるミスから、衝撃的な出来事に遭遇することになりました。 そのことについて書きたいと思います。   法人には、僕た …

no image

テレクラで噂になってた美少女がセフレになった

今から10年程前にテレクラでゲットとした美少女との体験談です。 当時私は31歳の独身男性で会社員でした。 この頃にハマっていたのがテレクラ。 私の地元和歌山県和歌山市にJR和歌山駅近くにテレクラがあっ …