えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

えっちな体験談

内気な草食男子をその気にさせる方法。【体験談】

投稿日:

・彼からのお誘い

交際していた彼氏は、かなりシャイな人で、口数もとても少ない人でした。

いわゆる草食男子です。

腕を組んで歩きたくても、恥ずかしがる人で、キスもあまりしてくれません。

当然ですが、彼の部屋に泊まりたいと思っても、そのキッカケすらつかめないといった状況でした。

でも、こういうことって女性の方から言い出すのは、かなり抵抗があったので、なんとか彼をその気にさせる方法を考えました。

彼の趣味は読書で、その内容もどちらかというと硬派なものが多かったのです。

恋愛系の本は苦手なようで、さりげなく聞いたら、アダルト的な物はほとんど見た事がないと言われました。

成人男性なら、興味を持つと思っていた私としては、かなり驚きでした。

そこで、私はさりげなく恋愛系の本を彼に勧める事から始めました。

ドラマや映画の原作になった物から、話題となった本まで様々勧めて、元々本が好きだった彼は、勧めた本を全て読んでくれました。

そして、ある日のデートの時に、彼の方から泊まっていかないかと誘われました。

私は心の中で、思わずガッツポーズをしました。

ですが、だからといってすぐにという訳にはいかず、週末に泊まりに行くと言いました。

やっと彼から誘われたのだと、その日は嬉しくて眠れませんでした。

 

・出しすぎは厳禁

週末になって、彼の部屋にお泊まりに行きました。

ですが、私は少し焦っていたのかもしれません。

彼を早くその気にさせようと、胸元が少し露出しているファッションでお泊まりに行きました。

たちまち、彼の表情が冴えない事に気がつきました。

もしかしたら、彼の中ではお泊まりというのは、本当にただ単に泊まるだけと思っていたのかもしれません。

話をしていても何だかよそよそしくて、私は自分のファッションが失敗したのかと感じました。

男性なら、誰だって胸の谷間が好きな訳ではないのだと分かりました。

そして、夜になって驚いたのは、彼が一緒に寝てはくれなかったのです。

自分はソファで寝るからと、さっさと部屋を出てしまい、私は唖然としました。

いくらエッチな事には淡白といっても、これはないと思いました。

 

・密着度を増す

草食男子をその気にさせるには、なんといっても密着度をアップさせる事です。

密着度がアップすれば、彼もその気になるはずだと思ったのです。

そこで、彼との距離を普段から近めにしてみました。

腕を組んで組んで歩きたくても、彼が嫌がるので、さりげなく彼の服の裾を掴んで歩いたり、食事をする時も、今までは向かい合わせに座る事が多かったのですが、必ず隣に座るようにしたんです。

そうしたら、いつもよりも彼が積極的にキスをしてくれるようになったんです。

今までは、こっちからせがまないと、なかなかしてくれなかったのに、彼の方から積極的にキスをしてくれるなんて。

これなら、今度こそ、彼から誘われる。

そう確信しました。

 

・2度目は順調

そして、2度目のお泊まりの日。

私は彼の態度が前回と少しに違うことに気がつきました。

妙にソワソワしてるのです。

そして、部屋の片隅にはエッチな事が書いてある本。

私は見ない振りをして、彼の方から誘われるのを待ちました。

ですが、彼はこういう状況に慣れていないのか、なかなかそのタイミングがつかめないようでした。

ですが、ここで焦ってはいけません。

せっかく彼がその気になっているのに、私が焦って彼に迫っては、逃げられてしまう可能性が高いです。

草食男子を肉食男子にするには、時間をかけなくてはいけないのだという事を、改めて気がつきました。

 

・チャンスは逃さない

草食男子は、エッチな事に対して、あまり興味がないというイメージでしたが、そんな事はありませんでした。

その事に気がついたのは、彼が時計を気にし始めた時でした。

そういえば、前回もです。

そこで、私もやっと気がつきました。

彼は興味がなかった訳ではなく、どうして良いか分からなかっただけなのです。

そこで、私はさりげなく友達の話をしました。

友達は、よく彼氏の家にお泊まりに行っていたので、その時の事を話したら、彼はとても興味がありそうでした。

私は自然に彼の体に触れるようにして、彼をその気にさせる作戦に出ました。

そして、それは見事に成功したのです。

特に、太ももに手を置いた瞬間、彼の目付きが一気に変わるのを感じました。

そして、初めて同じベットで寝る事が出来たのです。

 

・草食男子をその気にさせたい

草食男子をその気にさせたいと思ったら、時間をかける事が大切だと知りました。

草食男子は、エッチな事に興味がないという訳ではなく、性欲も普通にあるのです。

そして、彼のスイッチをどうやって入れるかがポイントでした。

まずは、彼の趣味から入り、ボディタッチで彼をその気にさせる。

そして、自分だけではない。

他の人もそういう事をしているんだと教えてあげる事も、また重要なのだと、彼と交際して知りました。

そして、初めて同じ朝を迎えた時は、彼は少しだけ肉食男子になっていました。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

職場の男を見下した気の強い女先輩を陵辱した体験談

僕が新入社員の頃の話です。 僕の会社の本社は東京なのですが僕は北関東の営業所に配属されました。 その営業所は20人程度の規模で小さなものでした。 営業所には50代の男性の所長がいたのですが、実質この営 …

no image

唇が色っぽい肉食系人妻にお持ち帰りされた美味しい体験談

【アプローチは彼女から】 出会いは平日の夜。 まだ終電には早い時間だったので、残業で疲れた身体と心を少しばかり癒そうと思い、駅近くのノーチャージのバーに寄った時でした。 今から思えばその女性は最初から …

no image

彼女に浮気され回春マッサージでニューハーフの可能性を知る

私はかつて女の子にしか興味がないごくごく一般男性、それが変わったのは30を前にした頃に体験したあることがきっかけでした。 当時私には彼女がいて、性格もルックスももちろんながら性的な嗜好も相性がいい相手 …

no image

同級生が女医になっていて医療プレイをされた話

なんてないきっかけ 36歳の夏、昨晩の飲み会で飲みすぎてしまったのか、俺は二日酔いに悩まされていた。 なんだか胸がむかむかして、吐こうと思ってトイレに行ったけどなかなか吐けない。 水もなにも喉を通らな …

no image

尊敬する先輩社員の素敵な奥さんを抱き不倫関係になった僕

38歳の既婚の会社員です。 会社でよくしてもらっている先輩にHさんという人がいて、年は僕より3つ上なんですが、課長代理として仕事もでき、人望もあり、素晴らしい人です。 Hさんは酒も好きで、よく飲みにつ …